ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスローズが本番

<<   作成日時 : 2009/02/24 19:51   >>

トラックバック 0 / コメント 14

クリスマスローズが本番の季節になりました。
ここのところの冷たい雨で、せっかく開花したクロッカスも花を閉じていますが、長く持つかなと期待することにしました。
クリスマスローズ
クリスマスローズの花は下を向いているので、雨にも雪にも強そうで、頼もしいです。

あ、クリスマスロースの花弁に見えるものは、ガクだったのですよね。
だから時間が経ってもしっかりしているのでしょう。

クリスマスローズちょっと慎ましげな姿が好きなのですが、実際は踏まれても起きあがってくる強さを持っています。

華奢に見えても実は強いという植物にはあこがれます。

クリスマスローズといいながらも、クリスマスローズの葉の縁で何度手を傷つけられたかわかりません。

新しい葉はまだやわらかいのですが、花後に育った葉は厚くてしっかり大きくなり、手ごわい存在です。

クリスマスローズの双葉毎年たくさんの種から赤ちゃんが出てきます。
クリスマスローズは、人間が種を蒔くととても手がかかるのですが、自然の仕組みは不思議です。

この時点の双葉からすでに強く、踏まれても起き上がってきます。
でも花が咲くまでには数年かかるので、気づかぬうちに淘汰されているのでしょう。

お隣の花と同じかな?そんな過程を経て、お隣さんとの境に育った株を、我が家の玄関前にいただきました。

お隣との境界に育ったので、花が咲くまで、我が家の花かお隣の花か、またはミックスなのか、わかりませんでした。
しかしついに、お隣のクリスマスローズにそっくりな花が咲きました。

実生のクリスマスローズにはこんな楽しみもあって、面白いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
賑やかですね。それに沢山の赤ちゃん苗でしょう。他のブログの方も沢山芽が出たと書かれていましたが、うらやましいことです。
白も仲間ですか。良かったですね。確かに、葉が痛いなと思うこともありますが、傷までとはお気の毒です。
kazuyoo60
2009/02/24 20:27
kazuyoo60さん、
>傷までとはお気の毒です。
白魚のような手を連想させてしまいましたか(笑)
まあ、そういうことにしておいてください。
ミントのみん
2009/02/24 22:48
ピンクのクリスマスローズ、たくさん咲いていて華やかですね。
我が家の日当たりの悪い庭でもようやく白いクリスマスローズが咲いてきてうれしいです。うちなどほったらかしなのに咲いてくれて。たくましい花ですね。
そうそう、いただいたムスカリも、花はまだですが大きくなってきました♪
Tsuyako
2009/02/25 11:55
クリスマスローズ沢山咲いて圧巻です!!
本当に小さい頃から丈夫で、根元に落ちた種からの芽はムーミンのにょろにょろの如く早春の行事のようです。
真っ白なクリスマスローズは清楚でいいですね♪
honeyone
2009/02/25 17:37
>Tsuyakoさん、こんばんは。
白いクリスマスローズは、清楚でかわいらしいでしょう。日当たりがよくない場所でよいので、我が家も助かっています。
ムスカリ、大切にしてくださり、ありがとうございます。さすがにもう花が咲いているお宅は少ないようです(笑)

>honeyoneさん、
このピンクの花そのものは大きくないのですが、数が多いのです。株分けも何度かしています。
この双葉は、昨年散った種からです。大きくなるのに時間がかかる植物ですが、その分丈夫ですね。
ミントのみん
2009/02/25 21:18
見事なピンクの大株ですね〜〜〜
株分けしてもなお!ですか。私のクリスマスローズ歴はまだまだひよっこです(笑;)
大切に育てられてきたのがよく見て取れます^^
実生の株も真っ白な清楚な花でうれしいですね

双葉を救い上げるのですかしら〜〜それとも、このまま大きくなるのを待つのかな・・・
われもこう
2009/02/26 18:09
われもこうさん、
実生の株を育てるのは、やはり移植を気を付けた方がよいかもしれません。
この双葉が1年弱のものだとすると、あと1年後の状態でポットに上げた時にはかなり失敗しました。
この場所であと2年待って、ある程度根がしっかりしてから移植するのがよいようです。
時間がかかるのですが、根付いたら丈夫で、実生のものの移植のコツが最近わかってきました。
ミントのみん
2009/02/26 18:50
初めてのコメントです"^_^
クリスマスローズがいよいよ出番
ですね。
これって育てるのが難しいんですか?
それとは知らずに買いました。
今、なんとか咲いていますよ。
れもん
2009/02/26 20:49
クリスマスローズ、大好きです。きょうは、曇天の中ズーラシアに、年長組の卒園遠足のお手伝いで行ってきました。動物さんたちはもちろん可愛かったのですが、通路のはしっこに、あちこちクリスマスローズが咲いていて、思わず見とれてしまいました。写真も撮りたかったけれど、お仕事、お仕事・・・と我慢しました。
頂いたムスカリ、つぼみが上がってきました。
ミム
2009/02/26 20:53
>れもんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
種まきして育てるのは大変ですが、売られているものは、育てるのが難しいということはありません。
日当たりがよくないところでよく育つし、長く楽しめるし、うまくいけば種が散って子供が育ちます。
花が咲いているものでしたらもうしっかりしていますので、さほど手をかけずに毎年株が大きくなっていくと思います。楽しみですね。

>ミムさん、
今日は寒くて遠足は大変でしたね。あちこちにクリスマスローズがあると、うれしくなりますよね。
ムスカリ、大切にしてくださり、ありがとうございます。
蕾がつくと、花はもうすぐですね。楽しみ。
花のあとは球根がふえますから、ムスカリは楽しみがずーっと続く、よい子です。
ミントのみん
2009/02/26 21:43
あちこちでクリスマスローズの花が咲いたと聞きながら、我が家の蕾はいつ開くのかと心配になっていたのですが、やっと開いてくれましたよ〜♪
みんさんのお宅のは、実生でお子達も育っているのですね。花もたくさんでやっぱりお庭が欲しい・・・と思ってしまいます・・・。我が家は始めての花です。うまく増えてくれると嬉しいのですが、どうなることか・・・。
おばブー
2009/02/27 16:35
おばブーさん、
これも株を購入してから最初に花が咲くまで、3年はかかったように思います。
どんどん大きくなりますよ。
ミントのみん
2009/02/28 07:13
ミントのみんさん こんばんは!

久しぶりのコメント、嬉しく拝読しました!
私もなかなかお邪魔できなくてすみませんm(__)m
私も昨年くらいからは、花茎を少し残して種をとるようにしているのですが、自分で播くよりも自然に発芽してくれた子のほうが元気だったりします^_^;
私も自然に淘汰されていくたくさんの小さな芽を見ていて、もったいない、もったいないなどと思ったりしています。
すぅ
URL
2009/03/03 22:36
すぅさん、
そうなのです。自然に発芽するのが丈夫なんですよね。
もったいないという気持ちも同じです。
自然は本当に素晴らしいと、実感します。
ミントのみん
2009/03/03 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリスマスローズが本番 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる