ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いが重なるフーセンカズラ

<<   作成日時 : 2009/07/06 23:00   >>

トラックバック 1 / コメント 9

久しぶりに、フーセンカズラの種を5月の半ばに蒔きました。

蒔いたフーセンカズラの種は、亡くなった母が小さな棚の引き出しに入れっ放しにしていたものを、この春見つけたものでした。
フーセンカズラ母がいた時期を考えると、どう短く考えても今から3年近く前の種です。
もしかすると、5-6年経っていたかもしれないものでした。
見つけた種は撮らなかったのですが、カビたりはしておらず、しっかりしていました。

母が、ハート型を描いたような種と下がる実を「可愛い」と言っていたことは、覚えていました。
何となく蒔いてみたくなり、ダメ元で地面にアサガオと一緒にパラパラ蒔いておきました。

発芽しているのを見つけた時は、その生命力に強く心を動かされました。

フーセンカズラ・移植後アサガオと一緒ではかわいそうなので、別の場所に移植しました。
移植した時の写真です。

ごちゃごちゃしてしまっていますが、丸めたワイヤーをとりあえず立ててやりました。
軽そうな葉ですから、これでもいいかなと。

フーセンカズラそして、小さな花が咲きました。

フーセン状の実は、もう少しで生るでしょう。

フーセンカズラフーセンカズラというのは雑草のようなものなのでしょうが、とても清楚だなと感じます。

存在感のある花が好きだった母なのに、フーセンカズラが可愛いと言っていたのは、この植物にはどこか人を素朴な気持ちにさせてくれるものがあるのだと感じます。

フーセンカズラそれにしても、新たな支柱を立ててやらなくては。

こうやって力強く生きているのをみると、うれしくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フーセンカズラのフーセンと可愛いタネ
先日、花をアップしたフーセンカズラ、その後沢山の実を付けています。 ...続きを見る
ミントのみん
2009/09/01 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は♪フウセンカズラ懐かしいです。私も以前作ったことがあります。種がユニークですよね。私は猿面と呼んでいました。種は数年経っても発芽しますよね。
晴耕雨P
2009/07/06 23:20
フウセンカズラ、種がサルの顔のようで可愛いですよね。
まだ新婚だった二十数年前、僕らは間違えて、「ちゃぶう(狐の茶袋と思いこんでいた)」と呼んでいました。
おんぼろ長屋の庭にまいて収穫した種を、夫婦でお散歩しながら、あちこちの家のお庭に勝手にまいて遊んでました。
迷惑だったろうな。でもね、ほとんど全てのおうちで、凧糸などを張って積極的に育ててくれてました。わさわさ風船がつくのが、面白かったのかな?
今思えば、風船の形、ハバネロみたい。

その後も毎年、ぼくらのまいた種の子孫が増えていくのを、胸がいっぱいになるような、不思議な感動をを持って眺めていました。
ありがとう。みんな、繋がってくれているんだね。
そんな気持ちでした。
あれから子供が生まれ、ずいぶん経ちましたけど、そのころの種をまだ大切に持っています。この愛らしい種が、過去と現在、人の思いと思いをつないでくれるような気がします。
思い出させてくれて、ありがとう。

2009/07/07 02:50
フウセンカズラの小さな白い花が咲きだしましたね。すぐに小さな風船が出来て可愛いでしょうね。昔作ったことがあります。種はお猿の顔と思って見ていました。
kazuyoo60
2009/07/07 08:57
>晴耕雨Pさん、
やはり数年経っても発芽するものなのですね。
あの種は可愛らしいだけでなく、頑丈なのだと気づかされました。

>Nさん、はじめまして。
素適なお話、目に浮かぶようです。

>>今思えば、風船の形、ハバネロみたい。
面白いです! 連想とは楽しいものですね。

>>過去と現在、人の思いと思いををつないでくれる
この感覚を共有できるとは、うれしく思います。
こちらこそ、丁寧なコメントをありがとうございました。


>kazuyoo60さん、
種は色がはっきりわかれているところが、とても印象的ですよね。何年先に蒔かれても発芽するような頑丈さも持ち備えているなんて、私は初めて知りました。
ミントのみん
2009/07/07 10:07
関東でいう4チャンネルの朝の番組で、バレンタインの頃にハートに見える形の物の画像を紹介するコーナーがあり、風船かずらの種を紹介していたのを思い出しました。お母様はハートの形とおっしゃっていたんですね。
種は長く持つこともあり、タイムマシンのような気もしてきます。
私は毎年義父が絵に描こうとしていたワスレナグサが咲く頃に今はない義父母との会話を思い出します。
honeyone
2009/07/09 21:34
honeyoneさん、
バレンタインに紹介されていたのですね。
この種は、そう、タイムマシンのような感じなのです。
植物にはやはり皆それぞれ思い出がありますね。
年齢とともに植物に思い入れを持つのは、そういう意味もあるのかもしれません。
ミントのみん
2009/07/09 22:12
フウセンカズラの花は、こんなだったのですね〜〜。
まん丸に膨らんだ実は、よく見かけるのですが、こんな花だとは気づきませんでした・・・。種のハートも可愛いですよね〜♪ 思い出の花が育ってくれるのは嬉しいですね。それに、みんさんの支柱がオシャレですね〜♪
おばブー
2009/07/10 15:18
すこしごぶさたしてました^^
お母さまもお花が好きな方だったのですね。種が育ってうれしい想い出になりますね。

このワイヤーの使い方、とても参考になります。ただ、我が家の問題は植物のツルよりも強力な四つ足を持つワンですが(滝汗;)
われもこう
2009/07/10 16:47
>おばブーさん、
支柱は、アルミワイヤーで簡単につくったものですが、他の植物の鉢で使っていたものでした。
でも一時しのぎで、大きくなってこれだけでは無理になってしまいました。この形は、大きいものを作っても、風でふにゃっとなってしまうのでね。

>われもこうさん、
ワンちゃんだと、このワイヤーは一発でフニャとなります(笑)その場しのぎです。
アルミワイヤーはやわらかいので、女性でも使いやすいので、小細工には向いていると思います。
ミントのみん
2009/07/10 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思いが重なるフーセンカズラ ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる