ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 金木犀と同化する・・・。

<<   作成日時 : 2011/10/04 18:27   >>

トラックバック 0 / コメント 12

金木犀の香る時期になりました。

画像庭の金木犀は、末子が小学校の入学の記念に、横浜市からもらったものです。


あれから10何年?経過しました。


画像金木犀はあっという間に終わってしまいます。

木の下へ行って思い切り香りを浴び、花を触りました。



画像庭の金木犀の花をほんのちょっと、指で採ってみました。
指に香りが付いています。

昨年、「邪道」の金木犀ティーをつくって遊びました。
もちろん発酵させたり乾燥させたりという、手のかかった「桂花茶」とは全く違います。


画像今年は、紅茶に浮かせてみました。

うーん、でも昨年やった、花を茶こしに入れてお湯を注いだストレート(こちらをどうぞ)の方が香りました。
これだと、香りがよくわからなくなります(苦笑)。
ちなみに、花はこのままだと苦みがあり、おいしくはありません。

でも・・・、金木犀と時間を共にし、香りを満喫した気分になれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時

思い出しました。果実酒にした時に濃い香りと苦みがあったのを。
それでその時だけになりましたが、中国のキンモクセイのお酒、まだ残っいます。
kazuyoo60
2011/10/04 20:03
金木犀、素敵な香りですよね。でも、二十数年前、北海道から来た友人が、故郷に金木犀がないと言っていました。今いるところにも、ありません。花の香りで四季を感じる事が出来るって、幸せなことなんだなって思います。

移ろう時の中で、今この瞬間、この季節に生きていること。みんさんは、何時も素敵方法で愉しんでおられますね。見習いたいです。ありがとう。
N
2011/10/04 20:17
>kazuyoo60さん、
濃い香りと苦み、たしかにそうでしょうね。
高級酒はあこがれです。

>Nさん、
やはり、飲んだり食べたりすることが一番って、ちょっと笑えますね!

でも雨が降り始め、散ってしまうと淋しいです。
ちょうど今日は休みで、金木犀の花とタイミングも合いました。
ほんの数日の間の花だから、時の刻みを感じながら過ごしたいと思います。
ミントのみん
2011/10/04 21:19
みんさん、こんばんは!
いい香りのティー、私もやってみますね。
最後の台風で、庭木がみんな塩害にやられる中
キンモクセイだけは、なんでもなかったんです。
厚い葉が、塩に負けないんですね。
Bluebell
2011/10/04 23:20
Bluebellさん、
紅茶に入れるより、キンモクセイの花だけのお茶の方が香ります。
空気を伝わってくる香りより弱い気がしますが、やはりお茶にすると「同化」した気持ちになります。自己満足ですが(笑)。
ミントのみん
2011/10/05 07:38
こんにちは〜
金木犀,朝散歩していても、どこからか,甘い香りが漂ってきて、いい香りとつぶやき、そばに大きな金木犀があったりします。
ながく咲いているといいですけれど、、、
大きく育ち大切な記念樹ですね。
はるぞら
2011/10/05 16:20
はるぞらさん、
本当にこの香り、今の時期だけなんですよね。
勤め帰りには暗くて、香りで木の存在に気付くことも多いです。
ミントのみん
2011/10/05 22:05
金木犀の香しい季節になりましたね〜。
こんな楽しみ方もあるのですね。
お子さんの成長が見えてくるようです。
おばブー
2011/10/06 08:47
金木犀の咲く季節になると香りの探偵になった気分で道を歩きながらきょろきょろします。
香りをいただくのは心癒される気がします。この時期だけの香り、この木だけにまつわる思い出…。秋はロマンティックです♪
honeyone
2011/10/06 20:05
>おばブーさん、
もう成長なんて通り越してしまいました(笑)。時が経つのは早いものです。

>honeyoneさん、
秋、ロマンティックですよね。
そう感じられる気持ちのゆとりだけは、意識してでも持たないとと思います。
ミントのみん
2011/10/06 22:17
街を歩いていると、何処からともなく漂ってくる
金木犀の香り。
香を楽しむ、この時期ならではの植物ですね。
私はこの香に出会うと、幼き頃の思い出が
ひたひたと胸によみがえるのです。
思い出ばかりに浸ってなくて、
味覚でも楽しめる・・・・
こんな楽しみかたもあるのですね。
早速私も試してみます〜。
にりんそう
2011/10/08 10:06
にりんそうさん、
今朝は、花を摘んで、洗って、そのままお湯を注いで、ちょっとだけ花を浮かべる、昨年の方法にして飲みました。

やはり、こっちの方がほんのり香りがあって、美味しいです。

花を洗った時、ミニミニサイズの青虫がいました。

何にでも虫ってつくんだなあと思いながら、逃がしました。
ミントのみん
2011/10/08 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
金木犀と同化する・・・。 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる