ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨーロッパのヒナギク

<<   作成日時 : 2012/06/03 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 8

草とりと春の花の整理をして、いろんな思いにふけりました。

画像昨年末から咲いていた、ハンギングの赤いヒナギクですが、まだ蕾もあり、抜いてしまうのはかわいそうかなと、そのままにしました。

ふと5月初旬にザルツブルクに行った時に、印象に残った野草を思い出しました。


画像座ろうと思ったところに、雑草のように沢山生えていた、白い花。

10-15cm程の草丈で、花は一重でかなり小ぶりでしたが、葉はロゼット型(根生様)で、ヒナギクのようでした。
とても素朴で、清楚な感じがしました。
海外へ行っても、足元の雑草などには意外と気づかずに通りすぎていることが多かったように思います。


画像そういえばヒナギクはヨーロッパ西部が原産でした。
こうやって、どこにでも生えているのだなとわかりました。

横浜では、ヒナギクが自生している様子はほとんど見かけませんが、後から調べたら、「イングリッシュデージー」という名前で、種が売っているようでした。


Sound of musicの「ドレミの歌」の舞台になった、ザルツブルクのミラベル宮殿の庭園は、5月初旬には春の花が満開でした。
画像チューリップの周りには、ふわっとした大振りの白と赤の園芸種?の立派なヒナギク。

そしてその周りにポツポツと雑草のように生えている細かい白い花は、自生するヒナギクかなと思います。


画像少し話はそれますが、これはミラベル庭園の花壇と、正面はホーヘンザルツブルク城。
1か月前で、バラにはまだ少し早かったのですが、手入れが行き届いて素敵でした。

そして何と言っても、ホーヘンザルツブルク城のテラスのビアレストランから街や山を眺めながらのビールは、もう、本当に最高(笑)。
Sound of musicの舞台になったあちらこちらへ行きましたが、どこも本当に素敵で、もっとゆっくりしたかった、というのが本音です。


さて、今の我が家。現実に戻ります(笑)。
画像種でふえるエリゲロン(源平小菊)が茂ってしまい、先日ほぼ抜き取りました。

この植物の生命力は猛烈で、もう12-3年前に1度植えたら、種が飛ぶ飛ぶ。
こちらの葉は、ヒナギクとは違ってロゼット型ではなく互生し、北米アメリカ原産だとか。
白からピンク色に変わります。

足元の植物に目を向けると、世界も広がるような気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いわゆる原種系の花、ヒナギクもイングリッシュデージーも可愛いですね。
綺麗な模様で植えこまれた花壇も良いですね。我が家でもエリゲロンが咲いています。狭いですから、さほど場所はもらえません。
kazuyoo60
2012/06/04 11:34
本場でビール飲みたいです。ヒナギクからヨーロッパへアメリカへ記事に翼が生えているみたいです。
ほろ酔い気分で世界紀行という感じです♪
honeyone
2012/06/04 19:07
kazuyoo60さん、
とてもシンプルで、でも意外と見ない、花と葉の組み合わせで、新鮮でした。

honeyoneさん、
いや〜〜、あの城のテラスで飲んだビールは、言葉に表せないくらいおいしかったのです!
街を見おろし、山は雄大、季節もちょうどよく。
時間を忘れるようでした。
ミントのみん
2012/06/04 22:14
ミラベル庭園、このような花が咲くんですね。
私が訪れたのは真夏だったので
お花はあまり咲いていませんでした。
トラップ家族が逃げたオーストリアアルプス
一部分ですが歩きました。
それは花が咲き乱れて美しかったです。
また、ヒットラーの別荘まで行きました。
山の頂上にある別荘、360度見渡せるパノラマ
目の前はオーストリアの山波でした。
はるか彼方にはザルツブルグの街並みも望めて・・・。
ミントさんのブログを読んで、思い出してしまいました。
にりんそう
2012/06/05 10:56
ヨーロッパには(アメリカ本土もだけど)行ったことがないのですが、あちらの庭園は素敵でしょうね。
お城でビールか・・・いいですね^^

イングリッシュデージー、こちらでも苗が売られていて、今年は可愛く咲いてくれました。問題は来年まで定着してくれるかです。
エリゲロンは、我が家では日陰に植えたせいか余り増えずに、ほどほどに咲いてくれています・・・今のところは。
われもこう
2012/06/06 12:40
にりんそうさん、
色々なところに行かれているのですね。
もう、この付近は初めてだったのですが、虜になってしまいますね。

われもこうさん、
エリゲロンがほどほどに咲くのは、いいことです(笑)。
イングリッシュデージー、暑さに弱いですものね。夏を越せるといいですね。
ミントのみん
2012/06/07 19:01
みんさん
こんにちは。
>足元の雑草に目を向けると世界が広がる・・・
本当にその通りですね。
私もオランダに行って、これもあの本の通り、
あれも咲いてた・・・なんて具合に
雑草ばかり見てしまいました。
雑草紀行もとても勉強になりました。
Bluebell
2012/06/12 10:25
Bluebellさん、
自生する植物は、一番その地を表しますよね。
普段雑草には困り果てているのに、よその地へ行くと綺麗なものが目につきます。楽しいですよね。
ミントのみん
2012/06/12 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨーロッパのヒナギク ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる