ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 食われたプリムラの自然再生

<<   作成日時 : 2015/01/28 12:35   >>

トラックバック 0 / コメント 6

1月初めに、ハーブ鉢の空いたところに植えたプリムラ。
寒々した庭にぱっと花が咲いたようになりました。ポリアンサかジュリアンか、わかりませんが…。
1月4日です。
画像


しかし、その10日後の1月14日が、これ(><;)。
画像


ガクを残して、花びらをむしられています。
愕然とします。
画像


これは誰の仕業??
今、鳥たちにエサがなくて困っていることを考えると…。
やはりヒヨドリか。
画像


で、プリムラって美味しいのかしら…、と思って調べたら、エディブルフラワーなのですね。
農水省のこちらのページに、プリムラ・ポリアンサ、ジュリアン、シルキー、マラコイデスなどが載っています。
もちろん、「観賞用」のものは薬剤等の使用状況が「食用」のものとは違うので、これは食べることはできませんが。
でもどうやらビタミンAやCが豊富で、「美しくなる」要素はあるらしく…、ヒヨドリも知っているのか、美味しいからなのか。複雑な気持ちになります。

でも、この時期が好きなプリムラ。
2週間経った、今朝のプリムラです。
復活してきました。
画像


勝手に「どん底からの復活」などと思ってしまうのですが…。
画像


蕾もたくさん付いていて、その生命力に拍手したくなります。
画像


鳥から花を守るには、という難しい課題には、ネット上には「CDを置く」「釣りの糸を置く」など鳥よけの情報はありますが、何がよいのかよくわかりません。

ただ、私の経験と感覚でいくと、鳥がプリムラを狙うのはこの時期のみ。
この時期に花を食われたくらいでプリムラが枯れてしまうことはなく、鳥が来ない時間が少しあれば復活して咲くので、鳥に開放してあげてもいいのかな、という感覚です。
肝っ玉かあさんなのか、それともこの花は「食用」ではないからなのか・・・(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
食べた鳥の方が賢かったのか、なんて。美容食とはです。
復活して何よりです。釣糸に絡まって捕まえたとしても、それから先の処理は〜、でしょう。ネットにヒヨドリが入ってイチゴノキの実を食べていたときも、結局逃がしてしまいました。(苦笑)
kazuyoo60
2015/01/28 12:41
今はメジロとヒヨドリがサザンカの蜜をついばみにきますが、サザンカでしたら掃除に追われるだけですが、プリムラは無残ですね。でも、無事復活で良かったです^^

台湾、ほんとうに毎年いらしてる? 台南も良さそうですね。私もみんさんに触発されて去年台北に行ってきました。とても良かったのですが、二度目となると・・・また別の所にも行きたいし・・・(^^;)
われもこう
2015/01/28 16:22
kazuyoo60さん、
ネットにヒヨドリが入って実を食べて逃げる…ひどいですね〜。早く暖かくなって、もっと美味しいものが出てきてほしいです。

われもこうさん、
うちは羽田空港へのアクセスがよいので、台北はあっという間に着きます。何度行ってもなかなか面白いのでは。
ミントのみん
2015/01/28 21:23
みんさんのプリムラも食べられてしまったんですね!
家も先日見事に花がなくなりショックでした。今は再生中です。みんさんのプリムラのようにまでは再生出来ないと思いますが〜結構しぶとく蕾を付けて頑張ってくれています。
honeyone
2015/01/30 20:02
honeyoneさん、
待てば、再生しますよね。でもガクはよほど不味いのかしら。姿が可哀想だけど、再生するのはたのもしいです。
ミントのみん
2015/01/31 09:01
花やつぼみが増えてきたので、食べられてしまった花をすべて取り除いたのですが…、花がまた食べられてしまいます。
プリムラ自体に勢いがあるので、つぼみがたくさん控えていて問題はないのですが、ベランダの手前に動かしました。エサがなくて植えている鳥がとても多いです。
ミントのみん
2015/02/02 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
食われたプリムラの自然再生 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる