ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 挿し芽天国、ゼラニウム。

<<   作成日時 : 2015/07/01 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 4

箱根があのような状態になり、箱根好きの私としては心配な限りです。
よい時期なのに。

さて、挿し芽の適期で、5月に強風で折れてしまった茎を挿して、100%上手く付きました。
画像
ただ葉の模様は消えてきてしまいました。
ゼラニウムは乾燥気味にすれば挿し芽がほとんど失敗せず、これをどのように仕立てようか、考えています。
ちなみに、今年もバラの挿し木は、全滅でした…。

ゼラニウムは挿し木天国です。
この微妙な色が上のクローンの親です。
画像


右下は亡くなった叔母から挿し芽で受け継いだ、普通だけど(^^)元気のあるゼラニウム。
花の命を受け継ぐことができるのだから、挿し芽って素晴らしいです。
画像


ちょっと話は逸れますが、右上のゼラニウムは真冬にこんな色の花を咲かせました。
画像
真冬には、白い花に赤い色素が入るなあとは思っていましたが、少し青い色素が入っていて、全く黄味がありません。
これは本当に驚きました。
冬には花はポチっポチっとだけでしたが、全く違う色で、なんとも健気で。


これは、上のゼラニウムではありません・・・。似ていますが。
バーゲン品の中の1品ですが、丈夫で意外と花がよく咲きます。
画像


ローズゼラニウムは這うので、以前は庭のあちらこちらを這ってしまい、大変なことになりました(苦笑)。
挿し芽で更新した株ですが、ハンギングもいいかもしれません。
よい香りで、クッキーに載せて焼いたことがあります。
「蚊よけになる」などと言いますが、我が家では周囲を蚊がブンブン飛んでいます。
画像

 
ゼラニウムというと「ヨーロッパの窓辺」というイメージがありますが、こんなに挿し芽でよくふえて丈夫な植物なので、それぞれの特性を生かして、うまい利用法を考えたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カトリソウも可愛いです。大繁殖したときもありますのに消えてしまいました。
他品種お持ちですね。可愛い色ばかりです。
kazuyoo60
2015/07/02 09:08
kazuyoo60さん、
可憐な花ではないし、決して繊細さはないのですが、やはり丈夫で遠目からも綺麗で手のかからない花っていいです。面白い仕立て方はないかなと、考え中です。
ミントのみん
2015/07/02 22:11
真夏でも元気なのはうれしいですよね。みんさんは、本当にいつも大切に長く育てられているのが、素敵です。

切ったときに、枝先が痛むことがあるのが嫌になる点なのですが、切る場所や時期が悪いのでしょうかしらね。。。
われもこう
2015/07/05 06:47
われもこうさん、
ゼラニウムは、とにかく乾燥を好むのだと思います。
痛むのは切った元の株の枝先、ということでしょうか。
今の時期だと雨に当てないほうがいいかもしれないですし(うちのは当たっているけど…)、挿し芽は切ってしばらく乾燥させておく方がよいと思います。
それ以外は特に何もしていないです。
ミントのみん
2015/07/05 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
挿し芽天国、ゼラニウム。 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる