ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 金木犀を手軽に食卓へ。

<<   作成日時 : 2015/09/29 23:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6

いい香りの金木犀も、そろそろ後半。
ほんの1週間程度の花の香りが去るのも惜しいし、金木犀の花の形が金平糖のようで、とても好きです。
画像 


金木犀は、中国ではお茶にしていますよね。
ホワイトリカーと氷砂糖で漬けてもよさそうだし、お砂糖とワインでシロップにしてもいいなあ、などと思うのですが、なかなか手間がかかって無理そうです。

でももっと簡単に、金木犀の気分を食卓で味わえないかしら…。

それでいつも私は、金木犀の花を紅茶に振りかけて、雰囲気だけ楽しみます。
実際には、花の香りは紅茶に入れるとあまりしないのですが・・・。
画像


あとは簡単に、サラダのトッピング。
画像

色と形が綺麗で、花を近くで観ることができて、しかも食べられる…。
サラダには、友人の実家の庭で採れたという栗が入っています。
蒸し栗も、こんな葉物サラダに合うことを知りました。

秋の草花は特に風情が感じられます。
生活に取りこむと、ぐっと贅沢な気持ちになれるのが不思議です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
サラダにもですか。上手にお使いですね。
果実酒にするのですものね。香りが強過ぎて私には〜ですが。
kazuyoo60
2015/09/30 10:04
kazuyoo60さん、
もう、散ってきていますね。
お酒などは時間がかかるけれど、これなら観ながらその場でできるのでいいと思っています。
ミントのみん
2015/10/01 07:52
食べられるのですか?!
ビビッドな色なので、口に入れるのは勇気が居るような気もします^^;

簡単で季節感があっていいですね〜〜栗も、栗ごはんとかきんとんにとか、定番にしばられてしまいます。いろいろヒントをありがとうございます。
われもこう
2015/10/01 16:03
金木犀、食べられるんですね♪
今日はお休みで、これから庭の花を摘んできて、紅茶に入れてみますね(*^_^*)
Tsuyako
2015/10/01 16:36
われもこうさん、
まあ、飾りというか、気分です。
生だと、紅茶に入れた時に、少しアクはあるというか、苦みはあります。なので…、なんとなく残します。
サラダでは、苦みも感じません。量が少ないので。
ただ、レシピを検索すると、いろいろ出てくるのです。へ〜と思うのですが、金木犀はやはりその時期でないと気分が上がらないので、私はもっぱらこれです。
ミントのみん
2015/10/01 21:40
Tsuyakoさん、
コメントありがとうございます。
ただの気分です。食べられないことはありませんが、おいしいというものでもないです。

やはり、手で摘んで、紅茶に入れて、その香りが手に残っている状態で飲むのです。
まあそれでも気分というだけで、そのものには香りはあまり残っていません。

でも金木犀の花は、こうやると本当に近づけて、こんなに可愛い形をしているのだとわかります。
季節と花と自分が近づけて、うれしいです。
でももう散ってしまいますね。
ミントのみん
2015/10/01 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
金木犀を手軽に食卓へ。 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる