ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道大学植物園

<<   作成日時 : 2016/07/25 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

札幌で友人に会いました。
友人の出身校である北海道大学や、その植物園など、色々と見ることができました。
すべては無理ですが、特に気になった植物について書いてみたいと思います。
画像


北海道大学植物園のサイトはこちらです。
植物園の入り口は、「キタキツネに注意しましょう」「「落下物に注意 枝や木の実などの落下物には十分注意しましょう」「スズメバチに注意」「カラスがいますので、通行には十分注意願います」など、いくつも注意喚起の看板が。
画像
色々な事故があるのでしょうから、注意しないと・・・。
画像

たしかにカラスが多くて驚きました。
ただ、空気が綺麗だからなのか先入観からか、我が家の周辺にうろついているカラスのように不潔な印象はありませんでした。
また、行ったのは午後でしたが、蚊がほとんど出ずに、刺されずに済んだというのは、こちらでは考えられないことです。

入り口からすぐのところに、大きなフキの群生がありました。
太い茎ものすごく丈が高く、「アキタブキ(オオブキ)」と書かれてました。
画像

画像

画像
ホースよりも太い、巨大なフキで、驚きました。
札幌の友人は、「こちらではラワンぶきと呼んでいるフキがあって、少しの塩で下茹でしてすぐに柔らかくなる。他の山菜に比べてアクはほとんど少ない。硬めにゆでて筋を取る感じでするすると少しむいて、あとは肉詰めや煮物、炒め物などに普通に使うので、本当にカンタン!」と教えてくれました。
調べたところ、「ラワンぶき」はブランドでJAあしょろの登録商標だそうですが、アキタブキの一種で北海道の螺湾川上流の地区で採れる巨大ふき、とのことです。

そしてこれ↓は、オオウバユリ。
鱗茎がアイヌの人々の食料として定着していたものです。
貴重なアイヌの食文化の情報がネット上にもありました。(↑のアキタブキの長期保存の方法も載っています)

オオウバユリは東北の山でもかなり見かけましたが、いかにも生命力が強そうな花です。
こんな驚く特徴を持っています。
画像


終わったオオユバウリがダンスをするように見えました。
群生って、不思議です。
画像


植物園好きの私にとっては他にもたくさんエクサイトした植物、写真を撮った植物はあったのですが、書ききれません。
バラ園のバラは、周辺の宿根草とともに綺麗でした。
画像

こちらのように薬まみれではないだろうなと思いながら観ましたが、後ろに見えるのは紫陽花。
画像
梅雨のない北海道の紫陽花は、ちょっと趣が違いました。
真夏に光を浴びてきれいに咲いている普通の花、という変わった印象を受けました。

紫陽花の手前にきれいな花がありました。
「この花の名前、わかりますか?とても綺麗なので・・・」と、写真撮影されていた男性から聞かれました。
画像

画像>
私は「アオイ科の植物だと思いますが・・・、ムクゲではないし、タチアオイでもないので、残念ですがわかりません」とお答えしました。
私、どこか詳しそうに見えたのかしら・・・(笑)。
その方も「ネットで植物の名前を調べようとすると大変なのですよね」とおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。植物園なのでほとんど名前は出ていたのですが、これが出ていなくて。

帰りにネットで調べたのですが、やはりアオイ科で、「アニソドンテア」の仲間ではないかと思っています。
(7/26訂正・加筆:kazuyoo60さんが「ムスクマロウ」ではないかと教えてくださいました。リンク先を拝見し、たしかにそうだと思いました)
アオイの仲間が北海道でも地植えで大丈夫なのか自信がないのですが。

温室には、こんなきれいな熱帯スイレン。
画像


でも北海道大学のキャパス内には、こんなに素晴らしい睡蓮と、そこに佇む学生たちが。
これに感激しました。
画像



なんと言っても極寒の札幌の冬を、地面の下でじっくり待つ植物の偉大さに圧倒されました。

もっと時間があればよかったのですが、それでも札幌の旭山記念公園の眺望と自然は素晴らしかったし、円山公園の北海道神宮は樹木がとても素敵で、独特の雰囲気がありました。
友人の話を通して、短い夏の地元の方々のの楽しみ方がわかって、興味深く楽しい時間でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
キタキツネとスズメバチですね。北海道の方でキノコ採りやクレソン摘みに行かれてる方、必ず熱を通しておられます。エキノコックスを持っているからと。
大きな蕗の群落、見事ですね。前にテレビでラワン蕗の収穫風景を見たことがあります。
ウバユリよりも大型のオオウバユリですね。それも北海道の方のブログで拝見しています。
マロウの仲間かなと思いました。ムスクマロウかも?。タチアオイに似ていますから。
http://futarinoyakata.my.coocan.jp/gardening-muskmallow.html
素晴らしいスイレンです。沢山の花ですね。
kazuyoo60
2016/07/26 10:33
kazuyoo60さん、
ありがとうございます。たしかにリンク先を拝見し、ムスクマロウだと思いました。すっきりしました。本文に訂正・加筆しました。
ミントのみん
2016/07/26 21:26
北大行ってみたいです。
大きなフキの下にはコロボックルがいそうですね。
湿度の低いカラッとした空気の中で育つ紫陽花とか…育ちが違うのかなあと思いました。
honeyone
2016/08/04 18:04
honeyoneさん、
さすがよくご人事ですね。
そう、コロボックルのフキです。絵になります。
あちらの紫陽花は、梅雨時のしっとりとした風情はないけれど、夏に汚くなって伸びすぎてしまうこちらの紫陽花のような姿ではない、という、不思議な印象があります。
ミントのみん
2016/08/04 22:25
こんにちは。
北海道にはガーデン巡りで何度か行きましたが、北大にはまだ行ったことがありません。
みんさんのブログを拝見してぜひ行きたくなりました。
いつ拝見してもワクワクするようなブログばかりでとても楽しんでします。
ブルーデージー
2016/08/17 11:24
ブルーデージーさん、ありがとうございます。
>いつ拝見してもワクワク
お世辞とは知りつつも、共有できる感覚があるということですよね。好きなようにやっているのに、本当にうれしいでしす。
あとは、持つべきものは友達ですね。人との接点を大切にしたいと思います。
ミントのみん
2016/08/17 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道大学植物園 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる