ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS 清楚なシュウメイギク

<<   作成日時 : 2016/10/28 21:21   >>

トラックバック 0 / コメント 5

季節がどんどんうごいています。
ハロウィーンで、町はオレンジ色にあふれていますが、庭のオレンジ色はトウガラシくらい(笑)。
やはり秋は、薄紫系が多い気がします。

白い、素朴なシュウメイギク。
これだけは、blogにUPしたい花です。
ずいぶん前に隣家の地下から入ってきてくれて、やや日陰の部分に株がたくさんあります。
ただあまり過密になると真夏に枯れてしまうので、一部整理しています。
画像


画像


シュウメイギクの後姿。
画像
花弁が退化して、ガクが花弁のようになっています。
これが意外とすっきりして、赤ちゃんのお尻のよう(笑)。
花弁が退化したキンポウゲ科の植物の花は、どこか後ろがツルンとしてすっきりしているように思います。
これが花の清楚なイメージにつながっているのかもしれません。

でも全草が有毒。美しいのに。
そういえば先日、ふえすぎたアガパンサスの株を刈り込んだら、それもさっさかやりたいと思って素手でやってしまったら、ひどいかぶれを起こしてしまい、今、両手から腕が大変なことになっています。
だいたい、油断したときにやられます。
それぞれ植物も、自己防衛ためなのでしょう。
人間も、毒を持っていた方が生き残る、と思うこともありますが・・・(苦笑)。

画像
下に植えたペンタスの苗が、夏に大きくなりました。
どちらも、もうそろそろ終わり。
シュウメイギクの花後はちょっと風情がありますが。
季節は、動きます。

11月になったら、クルクマの球根を掘りあげてみる予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
うふふふ、赤ちゃんのお尻と対比なさいましたか。我が家でも賑やかに咲いています。昨日所要の帰りに6−7歳の西洋人の少女に会いました。家族ずれでしたが、その白い肌に釘付けになりましたよ。
濃いピンクのペンタスが一番強いとか、我が家でも元気です。
kazuyoo60
2016/10/29 12:53
kazuyoo60さん、
風に吹かれて、いい感じです。日本の秋です。
ペンタス、鉢で寄せ植えにばかり使っていましたが、地植えだと夏場に大きくなりますね。色が本当にきれいですが、濃いピンクが一番なのですか。知りませんでした。
でも、赤もピンクもとても上部というイメージです。種から蒔いたことはまだありません。
ミントのみん
2016/10/29 21:37
そうですよね。秋にはシュウメイギクが咲き出していました!
まともにアップしないまま散りかけています。白いシュウメイギクは本当清楚ですね。
花びらのきめ細かさを赤ちゃんの肌に例えるのはさすがです。
今年もあと2ヶ月。走り出しそうな気持ちを抑え込むのに苦労しそうです。種まきしたのを黒ポットに移植していないので。笑。
honeyone
2016/11/02 14:59
白いシュウメイギク、貴婦人のように品がありますね。
我が家はピンク色しかありませんが、それでもよく増えます。
株の整理は必要ですね。
アガパンサスでかぶれたとか、大変でしたね。
そう言う植物だとは知りませんでした。
シュウメイギクも全草有毒とは知りませんでした…。
ブルーデージー
2016/11/02 19:27
honeyoneさん、
秋の花、割と持つせいか、気づくと終わっています。いったん立ち止まらないと、と思います。
秋の進み方、速いですね。キッチンの豆苗の水の汚れ方と再成長の仕方で、季節の変わり目のスピードを感じているところです。

ブルーデージーさん、
シュウメイギクは、八重だと全然違う花のような印象がありますし、一重でもピンクだと可愛い感じがします。
やたらな植物は食べませんが、草の汁でのかぶれは、素手で触ったことを後悔するばかり。やっとかゆみが収まってきて、お風呂に手が浸けられるようになりました。
ミントのみん
2016/11/02 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
清楚なシュウメイギク ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる