ミントのみん

アクセスカウンタ

zoom RSS すこし早めの河津の桜

<<   作成日時 : 2017/02/06 20:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

週末、伊豆の河津に、早めの花見に行ってきました。
河津桜は色が濃い目の早咲きの品種で、まだ寒い2月の上旬から開き始めます。
今年(H29)は今週末の2/10から河津の桜まつりが始まりますが、一足早く行ってみました。
初めて行ったのは6年前でしたが、最近では伊豆の観光の目玉と言われるほど、人気が出ています。
まだまだ早いかと思っていましたが、河津の桜は結構咲いていて、今週末〜来週末には見ごろになると思います。

これは、河津桜の原木の花です。
一番早咲きと言われています。
画像


これは、2/4(土)の河津桜原木の開花状況です。
この木の前は、いつも人だかりになります。
強い生命力が、人を惹きつけるのでしょうね。
画像


ここには、「河津桜原木物語」が書かれています。
昭和30年ごろに、この家の御主人が、河津川沿いの雑草の中で芽吹いていた約1mくらいに育った桜の若木を偶然見つけ、庭先に植えられ、10年後の昭和41年1月下旬に初めての花が咲いたとのこと。
その後の調査で昭和49年に河津桜と命名され、昭和50年4月に河津町の木に指定されたとのことです。
画像
河津桜は、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種と推定されています。

伊豆でもらったフリーペーパー「伊豆時間」に国立遺伝学研究所を訪れての記事があり、桜が他の木の花粉を受粉する「他家受粉」である種が多く、「伊豆は暖かいので昔からカンヒザクラがあったのではないかと思われる」とありました。

確かに暖かくて、下田付近の海に面した道路下には、自生しているブーゲンビレアがありました。
関東以南では無理ではないにしても、なかなか難しいと思うのですが。
画像
あまり綺麗な写真ではありませんが、荒れ地のようになっていて、人の手もほとんど加えられていないような場所でした。

話が逸れましたが、桜の自然交配、どこかロマンティックでもある気がします。

河津川に出ました。
まだ桜まつりのお店も出ていないので、人はまばら。
これはこれでノンビリ感があってよかったです。
2/4(土)の様子ですが、よく咲いている場所を選んでいます(笑)。
画像

画像


河津から、南伊豆町の下賀茂温泉付近の桜並木も行ってみましたが、こちらはまだ1分程度でした。
河津の方が早いと感じました。

桜の足元には、まだ咲いている水仙や菜の花が綺麗でした。
今回印象に残ったのは、普通のよく見る日本水仙ばかりではなく、ちょっとおしゃれな水仙たち。
これは、花びらの先がとがっている、たぶん「グランドモナーク」という品種でしょうか。
河津川の川辺と、下賀茂温泉付近の青野川の川辺のどちらにもありました。
へ〜、と思って、見とれました。
画像


こちらは、花が小さめで、副花冠が白いのと、花の付き方が日本水仙とちょっと違うもの。
調べてみましたが、「ガリル」かなと。
これは下賀茂温泉付近にあったものです
画像

河津桜、今週末から見ごろになると思います。

2017年の河津桜まつりの案内は、こちらをどうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原木の河津桜、それは素晴らしいです。つい先刻、満開の熱海桜をブログで拝見しました。
グランドモナーク水仙、多分これと同じかなと思うのも奈良の河川敷で見た気がします。我が家のガリルは2月下旬開花です。似たのが多いですね。
kazuyoo60
2017/02/07 11:29
kazuyoo60さん、
ここに行く前に、熱海梅園へ行きました。梅園もとても綺麗でしたが、そこでの熱海桜は満開でした。
ブランドモナーク水仙?は、日本水仙より大きめの花に見えました。ガリルなのかどうかわかりませんが、花の付き方のカーブが日本水仙とは雰囲気が違いました。
面白いですね。ちょっと散歩するだけで、興味深いことだらけで、見上げてもしゃがんでも興味深い世界が広がっているようです。
ミントのみん
2017/02/07 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
すこし早めの河津の桜 ミントのみん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる