お節句でも、鉢植えの桃の花は・・・


お節句に桃はつきもの。今日は横浜駅で桃を無料で配っていたようですが、少し前に終わっていて残念でした。

うちには鉢植えの桃があるのです。まだ花芽はかたいし、小さくて大事にしているのでとても枝を切ることはできません。
園芸療法の勉強に東京農大へ行っているのですが、果樹の専門の先生に一昨年の初夏にもらいました。
すごい雨風の日に1Mもある、葉もなにもない桃(可愛くもなんともない)を持ち帰り、鉢植えするために半分にカットして根を24時間以上水につけるなど、教えられた方法できちんと鉢に植えました。

昨年の春、このような綺麗な花が咲いた時は感動しました。(これは昨年の3月半ば過ぎのものです、ごめんなさい。まだ咲かないので。)
さらに、このあと実が5つもなったのです!!!もう、これは大感激。小さめでしたが、食べられました♪
農大の先生は「実か花か、どちらかを選ぶべき」と言われていましたが、なかなか私には片方を選ぶことはできません。マンションの狭い庭&ベランダで枝を広げて育てるのは今後大変だなーと思っています。ちょっとお荷物ではあるのですが、可愛い花と実をつけたのを見ると手放せません。

お節句に可愛い色の桃の花が売っていても、なかなか同じ桃とは思えない私です。

この記事へのコメント

でこすけ
2005年03月03日 00:58
桃を鉢植えにするのは大変なんですね。園芸店などで購入できる苗も24時間水につけたりしなくてはいけないのですか?
園芸療法を勉強されているとは、勉強家でいらっしゃる!! 私も見習らってもっと勉強せねばと襟を正す思いです。
今年もミントのみんさんの桃が花と実をつけますように♪
ミントのみん
2005年03月03日 07:20
でこすけさん、こんにちは。
私、果樹のことは詳しくなく、桃のことはまして全く知らずにやっています。私がもらった桃は、それまで冷蔵庫に入っていたそうです。庭に植えるには左右それぞれ1,5mくらいの余裕が要るといわれ、とても場所がなく、鉢にしました。(鉢だって場所がないんですが)
苗は1mくらいの高さで葉もない一本の細い幹に根がついているだけのものでした。地植えの場合はそのままでよいとのことでした。
おそらく、鉢の場合、そのままだと水揚げに問題があるのでしょう。でも1週間も水につけたら腐る、って言われました。(あたりまえか・・)
・・・・こたえになっていなくてすみません。
果樹は剪定などがとっても難しくて、わかっていない私はなんとか狭い場所にそれなりのものができることで満足しようと思っています。
すぅ
2005年03月03日 10:26
ミントのみんさん こんにちは!
無料で桃の花が配られるなんてますます横浜へ移住したくなります。
ところで「園芸療法」について勉強されていらっしゃるのですね。どんなことを教えていただけるのでしょうか?是非今度受講内容も記事にしてください!と勝手なお願い(///o///)ゞ
うらやましいことだらけです。私も出来ることならそういった講義に参加してみたいです。ちゃんと育てればお株でなくて鉢植えでも実がなるのですね。
我家でも昔あったのですけど、アリに食べられ枯れてしまったんです。しくしく。今ある果実系はブルーベリーくらいです。桃やさくらんぼ、プルーンなどが欲しいと思っています!
ミントのみん
2005年03月03日 21:24
昨日は横浜駅西口を歩いていると桃を持っている人がたくさんいて「ざんねーん」とうらめしそうにしていた私でした。
園芸療法については沢山書くことがありますので、今後少しずつアップしていきます。園芸はとっつく切り口がいくらでもあるのだなと実感しています。基礎的なことは一通り専門の先生について勉強できたので、とても面白かったです。東京農大のエクステンションセンターには、仙台からいらしている方もいたんですよ。今は「実践」の方に力点を移しつつあり、人生勉強までしている感じです。(笑)
桃は虫がすごくつくとききます。奇跡的に昨年はつきませんでしたが、今年はどうなることやら・・・。
owl
2005年03月04日 08:02
おはようございます。
雪ですねえ。昨日はよいお雛様日和でしたが、桃の花にも雪がかぶってるのでしょうか。
園芸療法の話を読んで、思わず東農大のサイト見にいっちゃいました。
これからの記事楽しみにしてます!
ミントのみん
2005年03月04日 08:53
雪がすごくてびっくりです。桃の鉢は今ベランダからちょっと外の庭部分に出たところにあります。雪がのっています。
農大の春夏の園芸療法の講座は、来週から募集が始まります。私は講座の方は殆ど終了し園芸療法の実践をしていますが、講座は今まで欠席した分だけ受けに行く形になると思います。特に前期の講座は面白いです。私は2時間以上かかって通うだけの意味があると思っていますよー。
altoponte ruriiro
2005年03月04日 14:14
「園芸療法」をお勉強されていて素晴らしいですね。
先日私は図書館に行って「園芸療法のすすめ」という本を借りたところなんですが
海外でも園芸療法がさかんに行われているのを本によって知りました。
振り返ってみると今までの私って日常生活での葛藤がいろいろあったのですが
園芸を通じてメンタルケアができたような気がしてます。
でも、「園芸療法」ってボランティアやコミュニティー、リハビリテーションにも
多く関係しているとのことで素晴らしい療法ですね!
また、ミントのみんさんの記事を楽しみにしてま~す。
ミントのみん
2005年03月04日 18:35
ruriiroさんこんにちは。
園芸療法の本を見るだけでも、見方が面白いと思われませんか?
園芸療法の視点で植物を見たり、人の動きをみたりすることが面白いと思っていますし、色々な人と話ができることも楽しくて自分にプラスになります。
偉そうにはいえませんが、決してこの分野にバリバリ!というわけではありません。今の仕事や生活、活動の幅を広げたい、まあ人間としての器をもっと大きくしたいー、という私にはピッタリです。
お金に結びつくことは殆どないと思いますー。

この記事へのトラックバック

  • 桃の花②

    Excerpt: 桃の花といえば和歌山県桃山町が桃の花の名所だとか… Weblog: altoponte@WebryBlog racked: 2005-03-03 17:00
  • 鉢植えの桃の花がやっと咲き出しました!

    Excerpt: 一昨年、農大の先生にもらった鉢植えの桃。昨年実をつけて感激しましたが、今年は花が咲き出すのが遅かった・・。 桜と同じなんでしょうね。昨年より10日くらい遅い開花ですが、待ちに待っただけあって感激です.. Weblog: ミントのみん@WebryBlog racked: 2005-04-03 10:08