五色とうがらしの実後?!・・・

画像
毎年8-9月、ちょうど花の少ない時期に、大好きな唐辛子の苗を多く買い込みます。その多くは冬に完全に枯れてしまいますが、この五色唐辛子(夏・秋の実のイメージはこれ)は、紫がとてもきれいで長命でした。五色に変化するのがとても面白く、最後はすべて赤くなります。
他の種類が枯れても、これはクリスマスには実がすべて赤くなっていて、かなり長いこと楽しませてもらえました。

これは観賞用で、食べてしまうと相当辛くてお腹をこわすということですが、「観賞用」というのはそのほかにも、実は種が殆どで皮の部分が少ない、ということからも言える、と園芸店の人は説明してくれました。なるほどこれに関してはその通りです。種がいっぱいです!一年草であるのは残念ですが、種があるもんね・・。

唐辛子は色々な用途に昔からつかわれているし、唐辛子をつかった優れものもお店に並んでいます。うちはナメクジが多いので、実はナメクジよけにならないかと試したことがあります。ナメクジのまわりをくずした唐辛子で囲んでみたのですが・・・・、結果は失敗!唐辛子の実の中にナメクジが入っても平気でした。(泣)

いろいろありましたが・・・、五色とうがらしさん、ありがとう♪

この記事へのコメント

ぽんぽこ
2005年03月20日 10:49
みんさん。ハバネロぐらいの辛さになると、その抽出液が虫除けになるそうですよ。去年から稲の虫除けで試験をしようとしていますが、肝心のハバネロがうまくできません。
ミントのみん
2005年03月20日 12:12
ぽんぽこさん、コメントありがとうございます。
稲の虫除けにいいんですね。
辛味の強さが相当であれば、抽出液で虫除けができるのですね。
手にくっつかないようにしないと、怖いけど。
hanaboro
2005年03月21日 10:39
こんにちは。

おお!しわしわになっていますね。
こんなになってても、やっぱり、相当辛いんだろうな。
試すわけにもいきませんけども。
それにしても、ナメクジとこんなふうに格闘されたとは。。。
コメント欄のお話の様子だと、抽出液なら効果あるかもってことなのかな。
ミントのみん
2005年03月22日 17:26
hanaboroさん、こんにちは。
他の種類の唐辛子はずっと前にカラカラになってしまったんですが、これはここまで長くもったので、なんとなくこのまま鑑賞しています。
辛さは・・・、やっぱり怖くて試せません。
素人では抽出液もなかなかつくれないでしょうが、やってみたい気も・・。

この記事へのトラックバック