コンパクトなヒメウツギ(姫空木)は扱いやすくて優美です

画像
3年ほど前に購入したヒメウツギの花が開きはじめました。ヒメウツギは花が開ききってしまうより、ぽつんとした蕾がいっぱいの方が私は好みです。
蕾ばかりの時と、開花した時のイメージが全く違うのは不思議です。

落葉低木で1メートルちょっとの高さにはなるのですが、枝の先が伸びると垂れ下がりますのでどんどんカットしてしまい、我が家のものはムスカリよりやや高い程度の高さです。
ちょうどムスカリが満開のころ、ヒメウツギに蕾がつき、マッチするんですよ。
冬は落葉しますが、強剪定できてコンパクトさを維持できるので、ベランダ、鉢植え・狭い庭にも適しているのではないでしょうか。(勝手なもんで、落葉してしまうと「何だったっけ?これは」という位の大きさなんですが・・)

枝の髄が中空になっているので「空木」と言われるそうですが、名前からくるイメージよりもずっと優美です。しかし強健で派手さはなく、周囲とあわせやすい植物で、ちょこんと切ってコップにさし、室内に飾るとステキです。

この記事へのコメント

三宅信光
2005年04月25日 18:46
我が家にも今年、やってきました。ホームセンターですでに咲いていたせいか、今は散り始めています。なかなか綺麗なのですが、剪定は大事そうですね。うちは無精だから、大きくなりすぎないかが、心配です(^_^;
三宅
ミントのみん
2005年04月25日 19:27
三宅さん、コメントありがとうございます。
小さな鉢で購入後地植えにしました。大きくしたくなかったので、花を楽しんだら大胆に切ってしまいます。
私は蕾が好きです。

この記事へのトラックバック

  • 森の息吹

    Excerpt: 初夏の風が運ぶ  初夏の香りは  爽やかな  森の息吹  緑に覆われた  梢を見あげながら  小径を辿る  Weblog: 無名子のよしなしごと@WebryBlog racked: 2005-05-19 22:28