ミニトマトとイタリアンパセリのすっきりイタリアンレシピ

京都で叔母がさっとつくってくれた一品を、私なりにアレンジしたものです。

叔母の家はお客さまが多いのですが、これは事前につくって冷やしておけて便利ですし、残ったら翌朝も食べても味がしみていておいしいのですよ~。

ベランダのイタリアンパセリを利用しました。これは種から育てたものではなく、苗を買って植え込んだものなので、大変手軽です。若い葉は可愛いので、形をうまく利用したいものです。

右の普通のパセリは、お弁当には一番実用的です。ベランダにあるとパジャマのまま出て行きカットして彩りに使えます。
一番奥のバジルはまだ小さいので、もう少し大きくなるまで見守る予定です。


ミニトマトとイタリアンパセリのすっきりイタリアン
<材料>
ミニトマト 1パック
イタリアンパセリ 適量
オリーブオイル 適量
りんご酢(またはバルサミコ酢) 適量
好みで塩、胡椒

ミニトマト1パックを湯むきしたところ1.ミニトマトは十文字を入れて湯むきします。これがちょっと手間といえば手間かな。でも必須作業です。

2.湯むきしたミニトマトをオリーブオイルでさっと焼きます。(いい匂いがする~!)ここが大きなポイントになります。
はねに注意しましょう。


ミツカンりんご酢「甘熟」とオリーブオイル
3.りんご酢またはバルサミコ酢を全体にかけます。好みで塩コショウをします。

余談ですが、私は以前栗原はるみ?さんだったか(よく覚えていません)が「りんご酢はツンとせず使いやすい」とテレビで言っているのをきいた時から、キッチンではいつもりんご酢を使っていました。
さらにミツカンのこのりんご酢はもっと上等でツンとした感じがなく、甘みとフルーティーな香りがあってとてもおいしいく仕上がります。(これの黒酢もおいしい・・・)

4.きざんだイタリアンパセリと一緒に全体をまぜ、最後にイタリアンパセリの葉をかざります。

ハーブは、このほかに普通のパセリやバジル、好みでローズマリーなどをいれても変化がつくかもしれません。
ミニトマトの甘みと(ベランダの)イタリアンパセリのすっきり感がマッチし、これからの時期、冷やしていただくとかなりいいです!

この記事へのトラックバック