手作り紅生姜を梅干後の梅酢から(その2)・・・漬物にも

一昨日は、刻んだ紅生姜を一度熱湯に通してから赤梅酢に漬ける方法をご紹介しましたが、
今日は、全く違う食感になる、干してから漬ける方法です。

シャリシャリとする食感の紅生姜は、一昨日の記事をご覧ください。
庭の赤ジソ入り赤梅酢ですから、ガーデニングから始まった楽しみでもあります。

画像こちらが、生姜を干して作った紅生姜。 


画像刻んだ生姜の2/3を、干して使っています。

こちらは、干している様子。
誰ですか、イトミミズなんて言っているのは!

これは、干物用の網ですが、キャンプに行くときに使っていたものです。お皿を洗って干すのによく使いました。
梅干もこれで干しています^^

生のまま漬けるとカビてしまうという義母のアドバイスで、昔からこの方法で作っているのです。
ただ、あのシャリっとした食感はなく、見た目もよくありません(^^;) 

でもこの方法のよさは、まず、容積がとても小さくなることです。
容積を量っているわけではありませんが・・・・、信じられないくらいに小さくなります。
小さな容器で保存できるのは、魅力でしょう?

それと、辛味が少なくなり、口当たりはよくなります。

画像そして、ベストなのはこの漬物。しば漬け風ということにしえおきましょうか。
なすとミョウガに梅酢を加え、この干した新生姜からつくった紅生姜を。

辛味が抑えられ、野菜によく絡んで、ウマいったら・・・・ないです。

梅酢は、パック詰めで売っているのをみたことがあります。
私は梅干をつくっているので沢山ありますが、
後もう少しの残暑、これで乗り切りましょう!

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年08月25日 22:04
用途に応じて、干したのも良いですね。綺麗な梅酢が色々と美味しいのになりますね。
ミントのみん
2006年08月25日 23:16
kazuyoo60さん、
もちろん素人ですから本当はどうつくるのが正しいのかなんてわかりません。
でも、おいしくて、漬物なんていくらでもたべちゃいますよ。
sugi
2006年08月26日 09:16
おいしそう~~~。
この写真だけで ご飯が2杯は食べられますね(笑)
ミントのみん
2006年08月27日 00:18
sugiさん、
いやほんと。ご飯がたくさん食べられます。
紅生姜の面白い食べ方でしょう?
2006年08月29日 09:00
昨年田舎で作った生姜で義母は紅生姜を作りました。しばらく干したのですがちょっとカビが出ていました。でも避けて食べれば大丈夫ですが・・・私は甘酢に漬けましたが、色は地味ながら味は酸っぱさが強烈じゃないので気に入っています。ちなみに今はゆかり作りに日干しをしていますよ。
2006年08月29日 18:17
早いものでもう1年経ちますね。昨年教えて頂き重宝してます。今年も作ります。
ミントのみん
2006年08月29日 19:51
ノラちゃんのボスさん、
しばらく干してもカビが出ましたか~。
甘酢漬けもいいなあ。
ゆかりは沢山作って、今日もおにぎりにしました。おいしいですよね!

>つくしさん、
恒例行事?のようになっています。
残暑バテを防ぐのに、もってこいです。