フジバカマの強さと弱さ

庭のフジバカマが開きました。

画像蕾もかわいらしかったのですが、やはりこのヒゲが出てこないとフジバカマらしくありません。 


画像昨年、花後のふわーっとした風情のある綿毛を面白がって蒔いてみたのですが、芽は出ませんでした。
violetta@ガーデン倶楽部さんのフジバカマの記事から、この花後につく綿毛は、「シイナ」(種なし種)なのだと教わりました。シイナからは芽が出ませんね。
そのせいなのか・・・、庭のフジバカマは地下が強いです。

画像先のフジバカマの蕾の記事で、自生のものは存続が危ぶまれているということを書きました。

我が家のフジバカマは昨秋園芸店で購入したものですから間違いなく園芸種です。
自生のものは茎が緑色なのに対し、園芸種は赤いとききますが、これはあまり赤くはありません。
写真では赤っぽく写るということはやはり赤の色素が強めなのでしょうが、実際は普通の緑に近いのです。
園芸種といっても多くの品種があるのだということもわかります。

それにしても絶滅しそうだと言われる自生のものも綿毛がシイナだとしたら、ちょっと気の毒な気もします。環境の変化に特に地下の部分が対応できないのかしら。園芸種はやはり地下が強いのでしょう。

花後は茎葉を乾燥させると香りがよいそうなので、これも綿毛を待たずにハーバルバスにしてみようかしら。
先日のレモンユーカリも今、室内やバスタブで大いに香りが活躍してくれていますから!

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年10月20日 21:52
先日から切り花にして楽しんでいますが、乾燥すると良い匂いがするとは知りませんでした。予想以上に強くて喜んでいます。
2006年10月21日 00:17
ミントのみんさん こんばんは。
綺麗に咲きましたね~~♪^^
フジバカマの葉を乾燥させて匂袋に入れ,身につけていると良いそうです。さるお方の話しによれば,半年くらいは香りが持続するそうです。
天然の香料なので,人工的にこしらえた香水のような強さはないのでしょうけど,天然香料独特のほのかに漂い続けるような感じが良いのでしょうね。^^
ミントのみん
2006年10月21日 10:16
>kazuyoo60さん、
私も乾燥させるのが楽しみになってきました。

>電脳中年Aさん、
半年も?それはお得ですね!
手作りの、それも庭の植物をドライにしたハーブは、食べられなくても(笑)どこかとてもうれしいものです。
2006年10月21日 13:43
うちのフジバカマは頂き物で、その時のまま、ずっと鉢植えで植え替えもしてあげてないのですが毎年咲いてくれて丈夫だなぁ~と思います。種で増えたりはしないし葉も緑なのでミントのみんさんの所と同じような種類かもしれませんね♪
色々と利用できるとは聞いてましたが私もまだ試してませんでした。でも、こちらの記事やコメントを拝見して色々楽しそう☆と思ったので今年はトライしてみようかなぁ^m^
ミントのみん
2006年10月21日 17:06
さらさん、
鉢植えなら、水やりだけでも手はかけていらっしゃいます。冬場に地上部がなくなって春に芽を出した後のパワーってすごいものだと思います。
ドライにするだけならカンタンそうですよね。
2006年10月21日 18:12
こんばんは。
フジバカマが咲いたんですね。羨ましいです。我が家のはまだ蕾もつけていません。根が強いなら来年は殖えてすごいことになれるかも。
香も素晴らしそうですし、みんさんの記事から希望と期待をお土産に戻ります。
2006年10月21日 21:58
こんばんは。フジバカマは女郎花同様、以前育てて枯れてしまいました。秋の七草として愛でられており、また花屋で株を見かけて求めて再挑しようかな~と思案中です。根が強いのでしょうか?普通は白で、園芸種は桃色花でムラサキフジバカマという名前のものもあるようですね。花はヒヨドリバナにそっくりで、葉で見分けるとかです。似た花にマルバフジバカマがありますが、それは帰化植物並に殖えているようですね。フジバカマに葉は匂いが良いとか聞きました。是非今度は上手く育てて匂いを嗅いで見たいです。
ミントのみん
2006年10月21日 23:03
>honeyoneさん、
花が咲かないと残念ですね。肥料はそれほど影響しなそうですが。日当たりもそれほどよくないのですが、このくらいでいいようです。
しばらくしたら、ドライにされてみたら?

>一花さん、
園芸種は、根が強いです。冬は我が家でも地上部が枯れますが、春になると芽が出てきてすごい勢いで伸びます。現在の状態では、葉に匂いはありません。乾燥させる必要があるようです。花後にトライするつもりです。

この記事へのトラックバック