まだまだ咲いているジニア(百日草)

秋になり、種ができて、さあもうそろそろかと思ってアップしたのが前回の百日草の記事。
それからさらに増え続け、まだ元気な百日草です。百日どころか、1年の半分咲いているようです。
画像短日性の植物なので、日が短くなると花芽がたくさんつくとのことです。秋に突入したら、やった~!という感じでしょうか。

今年の春に購入した2-30cmと草丈の低いものです。長い期間咲く植物は、草丈が低いととてもラクです。
細くて高い植物は繊細な感じでよいのですが、倒れてきてしまうので支柱を立てたり紐でしぱったりする手間がかかりますから。

でも種からできる2代目はどうなるでしょう。もしかすると、草丈が高くなってしまうかもしれません。
しっかり種は採取しています・・・・って、イヤでもここに出てくるかしら。

最初にアンティーク調のピンクだったこの花、真夏を過ぎて濃いピンクになってしまい、その後、ちょっとカラカラになりながら花数をふやしました。 
画像こんなこと言っちゃナンだけど、花に近づいてみると、咲き始めが一番綺麗だったということに気づきます。
初夏の方が真夏より色が微妙でよかった気がするし、今より真夏の方がずっと花びらそのものが綺麗だった様に感じます。

最近特に花びらに水分がなくなっているようで、端を外側に丸めながら咲いていたり、なんとなく茶色くなっているものが多くなっています。
姿は変わっていくものみたい・・・。
人間も一緒?・・・(^^;)

でも植物のその時その時の姿は個性的で面白いし、うまく自然に対応する姿でもあるのでしょう。
人間もそうかしら!

この記事へのコメント

2006年11月01日 10:13
百日草沢山咲いて豪華に見えます。我が家は
夫が毎年植えてますが、今年は夏の暑さでどうも上手く行かず、今になって残った3本に次々と花が咲きます。百日草、千日草、金盞花等昔から馴染あるお花は切花にしても丈夫ですよね。
アサギリ草絶やしてしまいました。水分の管理でしょうか。
kazuyoo60
2006年11月01日 10:40
色鮮やかになってきたでしょう。可愛いですね。霜が降るまで咲き続けますね。賑やかでとても綺麗です。
ミントのみん
2006年11月01日 17:40
>つくしさん、
アサギリソウ、ダメでしたか。寒さにはとても強いのですが、暑さかしら、日当たりかしら。
水分は少なくても育つと思いますが。

>kazuyoo60さん、
まだまだ咲くのでしょうね。
よく見れば花が老いてきていても、やはり明るくなり、いいものです。
2006年11月01日 17:56
こんばんは。
ジニアは沢山種類があり花色も豊富で大好きです。一番気に入っているのは花期の長さです。
我家も昔、ちょっと微妙な色合いの花を購入しホクホクしていましたが、伸びすぎたので切り戻したらあれ??みたいに少し変わってしまいました。その土地の水に馴染むのでしょうか?
でも花数多く咲いてくれる花はありがたいなぁと感謝の時期でもありますよね。
2006年11月01日 18:56
ヒャクニチソウは色んな種の入った袋を蒔いた時綺麗に咲いて義母が種を取るとそのままにしてあるはずです。今度行ったらもうそろ種を取らなくてはいけませんね。冬の準備は結構忙しいことを始めて知りました。
ミントのみん
2006年11月01日 21:12
>honeyoneさん、
花に感謝の時期ですね、確かに。
春とはぜんぜん違う気分です。

>ノラちゃんのボスさん、
種はたくさんとれますね。自然に散って出てきてくれるかもしれませんが。
makoron
2006年11月07日 09:50
ジニアは好きです。けど今年の夏はそのジニアさえ枯らしてしまいました。来年はちゃんと育てよう。昨年の夏は随分長い期間ハンギングで楽しみましたw
ミントのみん
2006年11月07日 19:29
makoronさん、
ジニアのハンギングって、いいですね。やってみようかしら・・・。