終わりに近づく青ジソを有効に・・・

夏場に大活躍してくれた、大きくなった青ジソですが、引退の時期が近づいています。
収穫を続けましたので、葉が小さくなり、花、種がいっぱい。
刺身のつまにはもちろん使いますが、小さい葉や虫食いの葉をもっと使わなくては・・・。

画像これはよくつくる、自家製梅干ジャコご飯です。
梅干は毎年漬けていますが、(「梅干を干す作業」はこちら)赤ジソを多めにいれた赤みの濃い赤梅酢もつくります。温かいご飯に、梅干、赤梅酢、さっさとつくったジャコのふりかけ、ざく切りの青ジソを混ぜたものです。

お弁当にも向いています。
赤梅酢がなくても、梅干の量で味を調整できます。

画像これは、我が家に常備しているジャコのふりかけ。温かいご飯やお弁当のご飯にかけるだけでなく、酢の物、お浸し、炒め物、冷奴、サラダなど、何にでも使えます。
週に2回くらい作って冷蔵庫にいつもあるようにしています。

ジャコをフライパンで乾煎りし、ゴマ、最後に鰹節を入れて火をとめるだけ。量はそれぞれ適当です。好みで塩を入れますが、まったく塩を入れなければいくらでも食べることができるので、我が家ではあえて塩は入れません。

ジャコは電子レンジでチンするよりも、フライパンで乾煎りしたほうがカラッとして歯ごたえがあり、おいしいと思います。

余談ですが、これと一緒に余りがちなセロリの葉や庭の三つ葉を刻んで一緒にゴマ油で炒めるとそれだけで一品のおかずになります。

画像梅干ジャコご飯をおにぎりにしたものがこれ。
葉の小さな青ジソや虫食いがあっても、かまわずざく切りにしたものを混ぜます。小さい葉は手でちぎると香りがよくでます。
このシソが意外とおいしいのです。

やはり赤ジソと青ジソが微妙にかみ合っているのでしょう。

これは、白いご飯に追加したものですが、この時期は、炊き込みご飯をしたときにも、ちぎったりざく切りにした青ジソを最後に混ぜ込みます。
夜は混ぜ込まずそのまま食べて、残りご飯に黒酢を追加し、翌朝チンして青ジソを混ぜ込んでお弁当に持たせることもあります。
一味違ったさっぱり風味になります。

画像地面でがんばっているシソには、来年用にたくさん種を落としてもらいますが、こちらも寒くなるまで懸命に青ジソをいただきます。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2006年10月16日 21:27
この一手間で、格段に美味しくなりますね。これがなかなか難しいのですが--。
我が家のはもう実が出来ています。手が痛かったので、紫蘇の実の加工はパスです。塩漬けしても炊いても美味しいのですが。
ミントのみん
2006年10月17日 06:26
kazuyoo60さん、
塩漬けは以前しましたが面倒で、今は生で早く使い切ることを考えています。
工事をしているので、シソを早く抜いて場所を確保したいのですが・・。
sugi
2006年10月17日 08:15
みんさんにかかれば 
お庭の植物は目で楽しみ、食べて満足。
最後まで植物を大切にされている様子が
私にも伝わってきます。
お庭に育てたものを
おいしくいただけるご家族の方がうらやましい~!
2006年10月17日 16:37
こんにちは。
見て読んで、涎が…。
庭を愛し育み、なるべく全て使いきろうとする心が強く伝わってきますね♪
みんさんのアイデアや手間を見習いたいと思っています。
ミントのみん
2006年10月17日 19:17
>sugiさん、
そう、最後まで無駄にしませんよ~♪
それも、おいしく楽しくないと・・・と思っています。

>honeyoneさん、
売っているシソは綺麗ですが、こんなシソもちぎれば香りはばっちり。まだ買う気になれません。
2006年10月19日 18:18
この記事をネコマンマにTB送っていただいていること、さっき気が付きました。m(__)m
先日、読んだときは、ネコマンマとは思いもしなかったです。きれいすぎます。料亭のごはんみたい。上にちょこんと載っているのは彩があって、おめかしスタイルでいいですね。ウチのごはんは茶色率が高くて・・・反省しなくては。
ミントのみん
2006年10月19日 18:33
kuuさん、
何をもってネコマンマとするのかがよくわからないのです。でもじゃこ、鰹節なんかが入ってるから私としてはすっごくネコ向きかと。紫蘇ってネコだめなのかしら?まあ、我慢して食べてください・・・。
紫蘇の実をとって乾かしたところです。どうしようかな。
2006年10月20日 08:11
楽しく拝見しました。我が家でもこのところは毎日シソの葉(花付き)が食卓に上ります。
新鮮で美味しいし体にもいいのでうれしい想いです。ところでご心配かけました近況ですが、元気ですごしています。ただPCがこわれてUPはしばらく休んでおります。
ミントのみん
2006年10月20日 20:52
目黒のおじいちゃん、こんばんは。
お元気でいらしてよかったです。
無理なさらないように。
シソの実もしょうゆ漬けにし、最後までたのしんでいます。
2006年10月21日 07:54
コメント有難うございます。今朝も元気で朝食をとりました。朝の食事ではもう10年以上ほとんど私が担当しています。
いつも老母の希望でトーストパン食ですけれど
今朝はクリームとアンパンに果物3種、カップ一杯の牛乳にトマトジュースのメニューです。
家内には女性にいいイチジクも付けましたが、
後から起きてくる奥様は先に新聞を読んでから食事となるので、昔の<新聞ばかり食べてないで早く食べてよ!>といわれた自分の姿を見るような情景が。もう永いこと食事にかかわってきた彼女は面倒だ飽きたというので、仕事のない日は3食私が作ることもあります。ある人に(食事は神様へのお供えなんですよ)と教えられたことがあります。神様とは神棚とか神社に祭られている神様ではなく自己に内在する神様のことです。だから心をこめて作りますよ。
ミントのみん
2006年10月21日 10:23
目黒のおじいちゃん、
見習いたいようなご様子!
これは奥様やお母様が、それまで心を込めてお食事をつくられていたということではないかと思います^^
神様の話、すてきだなと思いました。
私など、まずは自分がおいしいものを食べたいということが先で、とても神様になんて言えません(笑)
2006年10月21日 15:36
あら、mintのみんさんが神様なんですからね。
お口に運んだものは全て神様に召し上がって
いただくとすればいよろしいんですよ。人間みな神の子です。今日から人生が変わりますよ。
ミントのみん
2006年10月21日 16:39
目黒のおじいちゃん、
そういうことですね。
自分が急に崇高な人物のように思えてきてしまいました。恥ずかしいような、得したような・・。
2006年10月21日 18:51
すばらしいことですね。自覚するとこれからの人生がきっとかわります。今夜PCが直りましたので返信第1号です。
ミントのみん
2006年10月21日 20:43
目黒のおじいちゃん、
どうもありがとうございました。
PCも元にもどりましたか、再開されることを楽しみにしています。でも無理なさらずに。

この記事へのトラックバック

  • 梅の漬け方

    Excerpt: 材料 ・完熟梅 2kg  (梅は黄色くなって香りがあり、柔らかくなった完熟のもの... Weblog: 梅-梅ジュースや梅シロップ・梅干などの梅レシピ racked: 2006-11-03 23:38