不思議なユキノシタ、でもおいしいユキノシタ・・・。

湿った日陰がスキな、ユキノシタ。
ランナーでふえてふえて、悲鳴を上げてしまうほど強い植物です。
ユキノシタ
このユキノシタを庭にキープしておく理由があります。

まずは、この時期不思議な花をつけるのが楽しみ、ということです。

遠くからみると白いテンテンにしか見えず、「あら綺麗だわ」と思うくらいなのですが、近くでみると「なにこれ?」と思ってしまう面白い形です。

花弁のうち、下の2枚が長くて、上3枚が短い形です。
秋に咲く大文字草もユキノシタの仲間です。
ユキノシタの花

理由その2。
ユキノシタの葉は、天ぷらにするととてもおいしい。我が家の若い子達も大スキです。
茎やランナーが赤っぽく葉が分厚い上、全体が毛でおおわれておりゴソっとしています。そのため最初「味はどうかな」と思ったのですが、やわらかくて癖がなく、若い人にも食べやすいようです。思わず、たくさん食べてしまいますよ~。
片面だけに衣をつけて揚げます。
ユキノシタの葉

なんといっても取れたての葉を天ぷらにできるのはうれしい・・・・。

昔から薬として使われ、生活にはかかせない植物だったようです。
日陰で、水はけの悪い場所で大丈夫。ふえすぎに注意しましょう。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年05月13日 18:59
場所があれば増えますね。我が家のもグランドカバーになってます。花が早いですね。我が家のは咲き出し始めです。無味無臭、私は冬、思い出したときに天ぷらにしています。
2007年05月13日 21:02
薬効があるという事は聞いたことがあるのですが、天ぷらで食べられるとは知りませんでした。
食卓で食べられるなら、病気知らずになりそうですね。
2007年05月13日 21:19
ユキノシタが食べられるなんて知りませんでした。花が素敵で以前植えていたのですが、あまりの殖え方に恐れをなして引っこ抜いてしまい、残念!!もしかするとシャガの茂みの中に残っているかもしれません。見つけたら早速てんぷらにしてみます。ユキノシタは見つけられたら大変と姿を見せてくれないかもしれませんね。
ミントのみん
2007年05月13日 23:16
>kazuyoo60さん、
グランドカバーになってしまいますよね。あっという間に小さい新しい株がふえていて驚きます。

>ミミレオさん、
食べたから病気知らずとはうまく行かないでしょうが、癖がないというのが意外でした。
地面の力はすごいなと思ってしまいます。

>hiroさん、
なかなか全滅させるのは難しいのでは。どこかに残っているといいですね。
三つ葉も我が家はすごいのですが、食べられるものはふえても許してしまっています。
両国takahashi
2007年05月14日 00:29
花びら3枚が飛んでいったのかなと思ってしまった!よく見るとかわいいです。
淑江さんは食べる方でも楽しんでいるんですね。さすがです。
ミントのみん
2007年05月14日 06:20
takahashiさん、
まずは、食べることです!食べられるから楽しいんですよ~。
何もないときは、庭をみます(笑)
2007年05月14日 18:43
そうか、そうでした!
ユキノシタの葉は天ぷらにすれば良いんだ♪
田舎であちこちに咲いています。
花が珍しくて写真を撮るのに夢中になる私も
うっかりしていました。
来週はユキノシタの天ぷらします。
2007年05月14日 20:56
こんな可愛い花をつけるのに、葉っぱはしっかり食べれるのですね。土があれば、育ててみたいですが、鉢物でも育つのでしょうか?
最近こういう可愛い花もいいかな、なんて似合わないことを思い出しています。(笑)
ミントのみん
2007年05月14日 22:06
>ノラちゃんのボスさん、
今日から食糧難でも困らないですね~。
これこそが、一番の楽しみです。

>おばブーさん、
鉢でももちろん大丈夫です。ランナーを生えて欲しい場所へもって行けばいいですし。
秋に咲く十文字草はどこかもっと上品なのです。そして、お値段も不思議と高い。どうしてでしょうね。

makoron
2007年05月16日 02:50
私も食べられるなんて知らなかった。
なんだかユキノシタ欲しくなりましたw
いや、食べられるからばかりでなく姿が清楚で素敵。でもドクダミを一生懸命抜いていますがこちらも花は清楚ですが繁殖力強くって閉口していますw
ミントのみん
2007年05月16日 06:52
makoronさん、
ユキノシタ、花は綺麗ですが、ほんの一時だけ。葉は・・・食べられること以外はそれほど魅力的ではありません(苦笑)ドクダミは、地下茎だから抜きにくいですよね。ユキノシタはランナーでふえるので、抜くときは抜きやすいのがまあいいところでしょうか。

この記事へのトラックバック