ピンクの鉄砲ユリと、花粉

もう何年になるでしょう。毎年放りっぱなしで咲いてくれる、ユリの花です。
鉄砲ユリでは比較的珍しいピンク。
色々調べてみましたが、多分「カサロザ」という品種なのではないかと思っています。
鉄砲ユリ「カサロザ」

ユリは、ご存知のとおり、お花屋さんではおしべを取り除いて売っていることが多いです。
ユリの花粉が洋服にでも付くと、とれなくて大変ですもの。
切り花として室内に飾るにはおしべは取った方がよいと思いますが、庭にあっても開き始めの頃取ってしまうという方も多くいらっしゃるでしょう。
鉄砲ユリのめしべとおしべ
このユリ、物干し竿のすぐ近くにあるのです。
ですから実は我が家でも、洗って真っ白になったシーツに、ベタ~っと花粉がついてしまったことがありました。


ユリの花粉について、日本植物生理学会のサイトの「みんなのひろば」等、あちこちをネットで調べてみました。
花粉の表面の粘着物は、植物によって異なるいくつかの成分で出来ており、それによって粘着力が違ってくるようです。ユリ花粉の場合は粘着力が強く、脂質類が主成分のようです。

ですから水で洗ってしまっては取れませんね。 
 
人差し指で花粉を取って親指と人差し指でこすってみると、こすればこするほどネトッとして指が黄色くなってきます。
そして水だけで洗うと、さらにヌルヌルしてきました。面白い♪

鉄砲ユリ「カサロザ」
ユリって繁殖パワーが旺盛なのでしょう、昼間の昆虫だけでは物足りず、夜匂いが強くなってガなどにも交配を誘導しているようです。

最近では、品種改良された花粉の落ちにくいユリが出回っているようです。
こういうものは、球根が何年も持つのかしら・・・・。

でもこうやって近くで観ると、やはりしべは素敵です。
全力で生きている感じがします。
私はここからパワーをもらいたい。

鉄砲ユリ「カサロザ」この時期、ユリの近くに洗濯物を干すのはやめています。
放りっぱなしで何年も咲いているのは、おしべを大切にしているからかしら・・・・?

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年06月07日 13:37
ユリの綺麗さも雄しべがあってこそだとは思いますが、室内では花粉が落ちそうになると取っています。戸外では通り道でないところはそのままです。
綺麗な百合ですね~。
2007年06月07日 16:57
そういえば、家でも花瓶に挿す時にはおしべを取ってしまいますね。以前もらったカサブランカも見事だったけれど、おしべが白い花びらを汚してしまうので、慌てて取った覚えがあります。
でも、みんさんはさすがですねぇ~。おしべを指にとってのお話、おもしろい~~!! でも、ちょっと感動しています。
そういえば、おしべをとった後に指についたのをなかなかとれずに洗っていたことを思い出しました。(笑)
ミントのみん
2007年06月07日 21:01
>kazuyoo60さん、
室内では取らないと大変です。
実際、花粉には手を焼きますもの。

>おばブーさん、
指を写真に撮ろうかと思ったのですが、やめました。
花粉が花びらについているのは、屋外で見ると迫力あるのですが、室内では慌てますね。
2007年06月07日 21:44
珍しいきれいな色の百合ですね。
4~5年前に生協で買った百合を畑に植えましたら巨大化しました。栄養が良いから?と思いましたが、昨年庭に移しましたけどやはり巨大百合になりました。品種名も分からず色もイマイチです。(くすんだピンク色です)ミントのみんさんのお庭の百合みたいにきれいだったらいいんですけど…。
ミントのみん
2007年06月07日 23:33
ブルーデージーさん、
そんなに大きくなったなんて、うらやましいです。
放りっぱなしで、忘れたころに咲いています。
2007年06月07日 23:48
ピンクの鉄砲百合はあまり見かけませんね。
とっても綺麗です。
そういわれれば我が家の百合も雄しべはとっていません。
近寄らないのが一番の対処法です。
我が家のは鉢植えなので毎年植え替えるのが元気に育てるコツかもしれません。
いのうえ
2007年06月08日 01:23
1枚目、 蜂がブ~ンと飛んでいて 生き生きとした写真ですね。 花が昆虫を初めとした動物を誘惑する様は興味ぶかいものがあります。おしべのかたちにも何か生命のエロスを感じますね。 
いのうえ
2007年06月08日 01:28
いやはや おしべじゃなくてめしべのかたちですね。失礼しました(^^;)
ミントのみん
2007年06月08日 06:25
>WAKAさん、
すごい数の花を咲かせるコツは、やはり毎年の植え替えだったのですね。ありがとうございました。

>いのうえさん、
めしべの形にエロス?
私、考えてもいませんでした!
でも、昆虫を誘惑する姿は興味深いですよ~。
2007年06月08日 14:39
生け花を習っている時には「花粉を取った方が汚れないけど花を長く楽しみたいなら取らないほうがいいですよ」と教わりましたが百合の花粉って面白いですね~!おしべを大切にしておられるみんさんの気持ちを汲んで毎年花をつけてくれてるのかも?

そういえば花のアップを描くので有名なオキーフという女流画家がおられましたが、その方が作品を発表した時も卑猥だという理由で最初は非難されたとか。花のメシベ&オシベは洋の東西を問わず、そう見られやすいみたいで、それも面白いですね。
ミントのみん
2007年06月08日 21:18
さらさん、
しべの話、そうなんですか。
いやあ、私は卑猥とは全然思わなかったのですが、生命の神秘はすごく感じるのですよ。
花って、生命の連続を意味するし、そういうことも含むわけで・・・・。
すべてを見られても、美しくありたいものです・・。
2007年06月15日 14:58
今年初めて、我が家でユリを植えたのですが、ミンさんの記事で、初めて知る事ばかり。お勉強になりました!
こちらを読んでから買い物に行ったついでに店頭のお花屋さんでユリを見たら、うんうん、ホントだ!おしべがなかったです!今まで気にかけた事なかったので、今度よそ様の庭先のユリとかも注意して見てみようと思いました♪
そういえば最近主人がよそのお宅でユリの花粉が洋服に付いちゃって、ガムテープで取って貰ってました…「粘着力が強く脂質類が主成分」なるほどー( ..)φメモメモ
うちのユリはベランダにあって、洗濯物と同居なので(しかも風が強い)、干す時よーく気をつけようと思います(*^。^*)
ミントのみん
2007年06月15日 22:03
ひまさん、
ちょっとお恥ずかしいですが、うれしいです。
ユリの花粉がついた時のとり方については言及しなかったのですが、まずガムテープで取るのがよいようではあります。間違っても水で濡らしては×。方法はあるようですが、素材を痛めることがあるので、専門家に相談した方がよいようですよ。
洗濯物には要注意です。

この記事へのトラックバック