梅干漬けと、種蒔きしたちりめん赤ジソ

梅の実の季節です。
数日前、梅仕事をしました。

梅干漬け作業こういうことはタイミングと勢いが肝心です。

私も仕事をしているし、狭いスペースでの保管を強いられますから、その点の工夫がまず必要になります。
やろうと思ったときに燃え上がってやり(←これが大事!)、かつ自分の予定をちょっとだけ計算して冷静になることが必要です(笑) 

梅酒や梅シロップなど今回、黒糖梅酒、りんご酢の梅シロップ、黒糖黒酢の梅シロップ、それと黒糖バナナサワーをつくりました。
かなり燃え上がりました(笑)

とりあえずこの記事では、梅干を紹介します。(シロップと梅酢は次回紹介予定、お楽しみに)

梅干は、昨年と同じ分量でつくりました。
梅3kg、塩540g(梅の18%)

梅干をつくる初心者のコツとしては、漬ける実を買う際熟し加減を考えることや、カビを生やさないようにすることでしょうか。

買ったその日に漬けるなら十分に熟した梅で、2-3日家において追熟させる方が都合がいいなら、その少し手前の梅がいいと思います。今回、もうちょっと追熟させたかったというのが本音ですが・・・。
あくまでも自分のスケジュールに合わせて、熟し加減を見て買ってきます。

カビは生えてしまうこともあるのですが、経験上、塩分は控えめにしないで標準でつくるといいと思います。もちろん虫食いの梅は×。

容器や梅は、焼酎をスプレー容器に入れ替えてよくスプレーします。梅はポリ袋に入れて焼酎をまんべんなくかけて全体にまわします。
容器に入れたら、時々ゆすりながら様子をみます。

発芽したちりめん赤ジソでも植物好きな私は、今年はちりめん赤ジソの種を蒔いたのですよ、梅干のために。
でも心配。
まだこんな赤ちゃんなのです。
ああ、間引きしなくちゃ。

毎年、赤ジソを買うタイミングが難しいのです。
私は赤ジソを沢山使うのが好きなのですが、梅酢があがってきた後、赤ジソが出回る時期がかなり限られていて、作業できるときにタイミングよく買えないのです。
でも、種を蒔くタイミングの方が難しいのかなあ。

これでしばらく待ちますこれで、しばらく様子をみます。
昨年の、漬け上がった梅干の記事はこちらです。

赤ジソがどれだけ伸びてくれるか、心配です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年06月16日 12:56
沢山作られましたね。味付けのりの空き瓶に今冷凍しておいた梅と砂糖でシロップを作っています。入りきらないので減った分だけ梅を足していますが、もう1瓶用意した方が良さそうです。今までの作り置きもあって--。今年はしっかりと消費しようと思っています。
ミントのみん
2007年06月16日 18:36
kazuyoo60さん、
減った分だけ梅を足すのですか。それはすごい。それもできるのですか。次第に甘さが抑えられていくのかしら。
梅を冷凍するのはそういうよさもありますね。
2007年06月16日 21:21
みんさん、梅仕事の記事、お待ちしておりました。黒糖黒酢の梅シロップも作られるんですね。出来上がりの記事を楽しみにしております。^^
ウチは昨年、りんご酢のシロップは色づいた梅でしか作れなかったので、青梅+完熟りんご酢のシロップの味を楽しみにしているんです。

きょう、出先の帰りに小規模農家の敷地内で生産した半端に熟した梅を買ってきました。虫食いもあって、あんまりきれいな姿じゃないです。これは梅ジャムにしようと思っています。
他の野菜も一緒にたくさん並んでいたのですが、全体から強くて甘い果物の香りが漂っていたんです。もろ、桃の香りでした。実際は熟した梅の香りだったんですけど。梅の香りですよね?と思わず確認してしまったくらいでした。
やっぱ、仲間だわ~と再認識しました。
ミントのみん
2007年06月16日 21:42
kuuさん、
今年は飲み物に黒酢を使おうと決めていました。kuuさんの記事も何度も見直して。
いつも梅をうまく手に入れられてすごいなと思います。梅との出会いもタイミングですよね。
たくさんの梅の香りは、上品だけどパワフルだと感じます。
花猫
2007年06月17日 00:06
ミントのみんさん!燃え上がりましたねぇ~。
私も今日突然燃え上がりひと段落したところです。
梅酒と梅干とラッキョウ漬けを始めました。
去年は自家製赤紫蘇を入れ忘れたので今年はわすれないようにしないと……。
こぼれ種でいっぱい芽を出していますがやっぱりまだまだ小さいです。
ミントのみん
2007年06月17日 07:34
花猫さん、
赤ジソは、一度蒔くと毎年出ますよね。それも期待しているのですが。自然のものもまだ小さいなら大丈夫かしら。
蒔いていない青ジソは大きくなってきているのに・・・。
2007年06月17日 20:27
梅シロップなんてのも作るのですね。こんなにたくさんの種類を作るなんて、やっぱりみんさんはスゴイですねぇ~。
以前の記事も見させてもらいました。私も紫蘇が大好きですが、みんさんの量には負けました! ちりめん版もあるのですね。お味は一緒でしょうか?
ミントのみん
2007年06月17日 23:04
おばブーさん、
紫蘇は梅干をつける赤ジソのことですか?
普通はちりめん赤ジソを使うと思います。昨年はお隣さんにもらったちりめんでない赤ジソを混ぜました。
まあどこかオリジナルというか、自分の家の土の香りが欲しかったので。
2007年06月18日 18:24
私も土曜日に下漬けしましたよ~♪
ホントホント。「タイミングと勢い」ですよね!

熟し具合がまばらで、2日ほど追熟させたのですが、まだ青みが多いのもあり、もう1日追熟させたい気もしたのですが、経験上、その翌日には早いものは腐れ寸前になりそうな気温だったので、えいやっと漬けちゃいました(笑)

紫蘇のタイミングにも、ちょっぴりやきもきしちゃいます。植えてるのにしても、買うにしても。梅酢が上がってから欲しいところですもんねー。

お互い、よいタイミングが訪れますようにー☆

今日は新生姜を干したけど結局お日様に恵まれなかったひまでした(^_^;)昨日干すべきだったね(涙)
ミントのみん
2007年06月18日 22:05
ひまさん、
わたし、タイミングと勢いでやるこういうことって、すごく好きなんです。
本来、「食」ってそういうものなんじゃないかと思っています、私。
天の恵みや運、ちょっとした気分、すべて最高の「食」のためにあるって考えると、これからすべてが楽しくなります~。

この記事へのトラックバック

  • 梅干に赤ジソを加えて・・・

    Excerpt: 今日は台風直撃、嵐、という予報でした。 せっかくの休みでしたが、予定をキャンセルして家にこもることにし、赤ジソを加える作業をしようと決めました。 梅を漬けた6月の記事はこちらです。 今年は張り切.. Weblog: ミントのみん racked: 2007-07-15 16:55