梅干に赤ジソを加えて・・・

今日は台風直撃、嵐、という予報でした。
せっかくの休みでしたが、予定をキャンセルして家にこもることにし、赤ジソを加える作業をしようと決めました。
梅を漬けた6月の記事はこちらです。
今年は張り切って赤ジソの種を蒔いたのですが、まだ10cm位にしか伸びていません(泣)
種まきのタイミングは難しいものです。昨夜帰りに赤ジソを3袋購入してきました。

梅干をつくる過程で一番手間がかかるのはこの作業だと思います。
でも梅干の色が綺麗になるというだけでなく、赤梅酢が活用できるしゆかりもつくれるので、自作の梅干にはたくさんの赤ジソを入れたいという強い気持ちがありました。

梅に加える赤ジソ
市販の赤ジソは、この時期にしか手に入りません。逃すとつくれないし、かと言って購入してから放置しておいたら痛んで使えなくなります。ですから出会いのタイミングを逃さずに。

赤ジソは、梅1キロにつき1袋という感覚ですが、実際には茎は使わず葉だけをとりますので、計ってみると使える部分の重さは袋によって少し違います。
今回はラッキー。葉の部分が多かったようです。

庭の赤ジソまったくもう、笑ってやってください。庭の赤ジソはこんな赤ちゃんのまま・・・(泣)
梅干を漬けた時の記事に発芽した赤ジソの写真を掲載しましたが、1ヶ月前のこの時点ですでに遅すぎたと感じていましたよ。

でも、時期的にもう待てません。もちろんこれも使うことにします。
私の気持ちが伝わっておくれ。

梅1キロにつき赤ジソはだいたい1袋ですが、毎年漬けていると、1袋は葉の部分の重さが100g~200gと幅があることがわかりました。
葉は多いと手間はかかりますが、せっかくつくるのですから私は多めに入れています。

塩は、葉の重量の18%を使いますが、これは、アク抜きをするために使うので、実際に葉に残る分量はもっとずっと少ないと思います。

アクは、2段階に分けてしぼり出します。
1,2段階目それぞれで分量の半分ずつ塩を入れてもみます。

手が赤黒くなってしまうので、ポリ手袋(清潔なポリ袋を手にはめて手首に輪ゴムで留めるので十分)をし、ぎゅうぎゅう葉を押しながらもみます。
赤ジソから出たアク
そして、これは2段階目が終わったときに出た、アクです。
水分を加えずに、塩でこんなものが出ます。

以前、赤ジソのアクをうまく抜きそこなった「赤ジソジュース」をつくって、卒倒しそうになったことがありますが、ここでアクをしっかり抜くことは大切だと思います。 


アク抜きした赤ジソこれが、アクを抜いた赤ジソです。ふー。

これに、梅から浮き上がった白梅酢を少し入れ、葉をほぐし・・・・。

赤ジソを加えた梅干漬けている梅干の上に敷きます。こんな感じです。

これで、少し重石をして蓋をし、梅雨明けまで置きます。 

アク出しでパワーを使いきり、ちょっと疲れてしまいました。

でもこれで、今年も赤梅酢の料理が楽しめます。紅生姜もつくれるし。ヤッタ~♪

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年07月15日 17:37
うふふふふ。アクがいくら綺麗でも、それは飲めませんでしょう。お気の毒でした。お手間ですが、美味しいのが出来ますね。
私は梅干し作りが下手なのと、頂き物があるのでこの頃は全く作っていません。先日の梅ジュース+自宅の赤ジソのあく抜き後+新ショウガの薄切りアク出し後、今綺麗な色になって、先日から美味しく戴いています。甘いのが気になりませんよ。
ミントのみん
2007年07月15日 18:09
kazuyoo60さん、
あ~、このアクを飲んだのではありません。ジュースをつくって飲んだのですが、アクが抜け切らなかったのです。
新生姜をつけるとおいしいですよね。梅ジュースを使ったのですか?知りたいです。
梅ジュースは飲んでしまって梅が残っているので、梅をジャムにする予定です。
2007年07月16日 00:38
梅干にしそを入れるのは先週済ませたので、今日は紫蘇ジュースを造りました。いつもは酒石酸と砂糖で作るのですが、今回はりんご酢・砂糖なしで試してみました。さっぱりと香りのあるものができましたよ。
ミントのみん
2007年07月16日 06:57
hiroさん、
赤ジソが成長するのを待っていたら少しおそくなってしまいました。
私は紫蘇ジュースを以前失敗したのです。挑戦してみたいです。
2007年07月16日 11:06
赤ちゃん赤シソ、かわいい~
みんさんの気持ちはしっかりと
こめられたと思いますよ。
買ったシソによって採れる葉の量が
随分違うんだなぁ・・というのは
私も今年実感しましたよ
来年は みんさんを見習ってゴム手袋
着用で!だって爪がすごいことに・・
私のシソ漬けも 見てくださいな(^^ゞ
こちらです↓ http://www7b.biglobe.ne.jp/~rosie/umeboshi2007-4.html
ミントのみん
2007年07月16日 21:01
ロージーさん、
目のつけどころが素敵です。よくわかりました。ありがとうございました♪
私は赤ジソの葉をいつものデパートで1袋100円で買ったのは、得だったようですね。
2007年07月16日 23:50
私は、罰当たりにも、
母が使っていた、この梅干をつける容器で、
いまは、メダカを飼っています。
少し、凹みました。
ミントのみん
2007年07月17日 08:26
chiemiさん、
有効利用されているじゃないですか。
そういう使い方、すごいです。思いつかなかったです。なるほど。
先日梅酒のビンをディスプレーに使うといっていた方がいたのもなかなかと思っていたところでした。
そういう発想、とても好きです。
2007年07月17日 14:41
なんだか台風のおかげで、仕事が捗っていそうですね。それに、随分とたくさんの葉っぱを使うのにはビックリしました。以前植えたのはまだまだ小ぶりのようだけれど、新鮮さ抜群ですよね。次回は、私も挑戦してみようかなあ~!
おっと、梅サワーをかき混ぜるのを忘れている…頑張らなくっちゃ♪
ミントのみん
2007年07月17日 23:32
おばブーさん、
葉が好きなのでね。ゆかりも楽しみだし。
かき混ぜる(というか、容器を振る)のを忘れないために、目に見えるところに置いています、梅酒。

この記事へのトラックバック

  • 梅干、やっと天日干し

    Excerpt: やっとこの日がやってきました。 梅雨明けが遅かったのと、私のタイミングが合わなかったのとで、天日干しが遅くなってしまいました。 カビが出ていないかと心配していましたが、セーフ。ほっとしました。 .. Weblog: ミントのみん racked: 2007-08-06 18:43