プレゼント用梅干と、赤ジソふりかけ

夏の楽しみである梅干づくりを終え、少量ですが、ビンに詰めて周囲に差し上げることもしてます。
梅干と赤ジソに、赤梅酢を加えて浸したものです。
本当は少し時間を置いた方がおいしいのですが、やはり夏がいいかなと思い、気軽なプレゼントにします。

私風のアレンジです。
手作り梅干のプレゼントこれも一つの楽しみ。

普通の空きビンをその年の気分で飾ります。

どうでしょう?

ビンにかぶせた布今年は、余り布を使うことにしました。
これは以前、手作りふろしきを作った残りの布です。

周囲をピンキングばさみで切るだけ。そしてビンの蓋の上にのせ、一度輪ゴムをはめてから紐でしばります。
今回は、布が小さかったのですが、そういう場合は布の角を45度ずらして2枚のせれば、留めやすくなります。

柄が色々この布地は、場所によって柄の出方が違うので、楽しんでしまいました。

同じ布をつかったふろしきは、「ふろしき焼酎とアオツヅラフジのアクセサリー」という記事で紹介しています。
是非ごらんになってください。

洋風アレンジこちらは、古くなった雑誌を切り取って使ってみました。

これも切り取る場所によって、違うものができて面白いです。

ジャムのように見えますが、これも梅干です。

庭の赤ジソも入っていますさて、赤ジソも梅と一緒に干して、ふりかけにしました。

種蒔きしたチリメン赤ジソも入っているのがミソ。少しオリジナル度が高いかしら。

さて、普段「ゆかり」と呼んででいるものより、ちょっとふわっとしていて、繊維が残っています。
乾燥させた赤ジソの葉をミキサーにかけます。
私は、あまり細かくせずふわっとさせた方が手作り感が出ると思うのです。

味見しても塩味はこれだけで十分。
塩を加えない方がたっぷりご飯にかけたり混ぜたりできるということもあり、贅沢感があるように思います。

赤ジソは、ちょっと種蒔きの時期が遅れて、小さいまま摘み取ってしまったのが残念でした。

梅干づくりで、赤ジソを手に入れるタイミングは結構難しいのです。
「明日作業ができる」という前日(または前々日)に手に入れて、必ずその予定の日に仕込まないと痛んでしまいます。

でも、種まきは、もっとタイミングが大事。その時期までにかなり大きく育っていなければならなかったのに、だめでした。
これは、来年の課題です。

今年は暑くてバテそうになっていますが、この酸っぱさで乗り切るつもりです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年08月15日 08:38
お友達の分まで沢山作られましたね。
ラッピングも毎度のことながら綺麗です。
ゆかりも沢山出来ました。シソは美味しいですね。
2007年08月15日 14:15
とっても素敵な贈り物ですねぇ~♪
親戚にもいつもジャムのビンを差し上げると、木苺のジャムになって帰ってきます。手作り感が嬉しいです。それをただビンに詰めるだけで終らないところが、流石ですね~!
布も涼しげでいいなあと思って見ていたけれど、紙製もおもしろいですね。(メモメモ)
ミントのみん
2007年08月15日 16:30
>kazuyoo60さん、
梅干やらジャムのために、ビンは普段からたくさん保管してあります。でも足りなくなってしまうのです。

>おばブーさん、
保存食づくりは楽しいです。なかなか余裕がなくてつくれないのですが、気持ちは持っていたいと思っています。
その手間を考えればこんなお飾りはカンタン。
子供の要らなくなったブラウスやジーンズを洗って使ったこともあります。
2007年08月15日 22:40
おしゃれにパッキングした焼酎の風呂敷が
こんな風に変身するとはさすがミントのみんさんですね♪梅干は義父母が作っていますが、去年同様に「ゆかり」は私が作ろうと思っています。バーミックスでじゃ~と粉砕ですが…スローフードを作る楽しさですよね。
ミントのみん
2007年08月15日 22:55
ノラちゃんのボスさん、
私、年をとったらもっとスローフードを実践したいのです。
といってもなかなか都会の生活では不可能な面が多いと思うので、一部だけでも。
今は時間的になかなか難しいのですが、こんな生活の中でもこれだけはできるのでやっています。
2007年08月16日 12:38
みんさん、さすがなお手並みです。とても参考になりました。
ジャムやシロップを差し上げるとき、瓶におしゃれ感を出したくても紐かけがうまくできなかったんです。そ~か~!一度輪ゴムをはめてから紐なんですね。

私のシロップの梅は昨年に比べると、イマイチなふっくら感でしたが、そのまま食べておいしいレベルにはなんとかできました。
みんさんの黒糖もおいしそうでしたが、来年は黒酢+氷砂糖も、小さな一瓶でもいいので、ぜひやってみてくださいませ。
こちらは来年、梅干をがんばってみようかな、と喚起されるみんさんちの梅仕事でした。^^
ミントのみん
2007年08月16日 21:09
kuuさん、
輪ゴムの技で褒めていただくなんて。
紙などかための素材だと紐だけで十分なのですが、布のようなやわらかいものだと紐で留めるのが難しい場合もありますね。今回は余り布が小さかったので、特に紐だけでは留めにくく、輪ゴムを使いました。ジャムなどこの程度の瓶には、輪ゴムはぴったりです。

梅干は日が経つほどおいしくなるので、つくり甲斐があると思います。

そう、梅シロップ、黒酢+氷砂糖は是非やってみたいです。黒砂糖は分量が多すぎたこともあるのですが、家族があまり好まず、まだ余っています(苦笑)
chiemi
2007年08月17日 15:12
ゆかりは、大好き。
しかも、それ以上に新鮮で美味しそう・・・
うう===ん。いいなぁ~~~
目が釘付けになりました。

二晩連続で、雷大雨注意報。
お陰で、今日は、比較的、暑さの穏やかな日です。
それでも、37度は超えましたが・・・・
残り僅かの夏休み。さて、どう過ごそうか思案中です。
ミントのみん
2007年08月17日 22:28
chiemiさん、
ふんわりとしたゆかりができるのがいいのですよ。
こちらは夜になって、雷と雨。激しい雨を待っていました。ちょっと楽になったかな。
2007年08月19日 19:29
みんさん、
お友達に差し上げる梅干しのびん
の布のアイデア素敵です!
和風の涼しげな模様が梅干しに
合ってますね。
我家も大好きな梅干し、無事に
出来上がりましたよ♪
私もお友達にあげるとき、まね
しちゃおうかなぁ(^^ゞ

梅干しは一段落で、今は紅しょうが
作りにかかっていますよ。
できたらブログに載せま~す
見てね!
ミントのみん
2007年08月19日 23:15
ロージーさん、
紅生姜まだつくっていません。
昨年は記事にしました。やはり外せませんよね。

この記事へのトラックバック