秋を感じる、小紫

庭の小紫です。
野生の紫式部という落葉低木の園芸品種で、小式部とか、小紫式部とも呼ぶそうです。
小紫の実
今日は残暑が厳しくて、昼間は秋とは思えない気温でした。
でもやはりこの紫をみると、秋になるなと感じます。

小紫の実今年は実の付きが今ひとつです。

でもちょっとおいしそう?

さて、食べられるのでしょうか。答えは後半に。 

小紫は、6-7月に薄ピンクの細かい花を咲かせます。
6月の小紫これは、6月23日の小紫です。

葉は長さ5cm程度で、紫式部よりも小さいため、見慣れると一目でわかります。
またこの写真でわかると思いますが、葉の先半分に鋸歯(ギザギザ)があり、これでも紫式部と見分けられます。

でも、園芸店では「紫式部」として売られていることも多く、たしかこの木もそうだったように記憶しています。
それにしても、「紫式部」と命名した人はすごい。全然別の名前だったらこれだけ注目されることもなく、「小紫」などという園芸品種もできなかったかもしれません。

小紫の花こちらは7月19日の様子。

地味ですが、綺麗な花だと思います。
冬の間は落葉してしまい存在感を失うのですが、この頃になると実が楽しみになります。

小紫少し前の様子です。小紫はまず白い実が出来て、紫色にだんだん色づいてきます。

真夏をすぎると、葉が虫に喰われています。
今年は暑すぎて、可愛そうでした。

そのためか、もともと実の付きも今ひとつだった上に、先日の台風でレモンユーカリの木が小紫の真上に倒れてきて、実も少し落ちてしまいました。
でも何とか生きながらえました。えらい。

一昨年記事に書きましたが、園芸療法の実践に行っていた時、小紫を使ったことがあります。

園芸療法士のT先生に「この実は食べられるんですよね、ご存知でしたか?」ときかれたので、「どうやって?」と尋ねました。
そうしたら、「こうやって」と、実をつまんで口に入れて見せて下さいました。

小紫私も試して見ましたが、特においしい物ではありません。
でも噛むとプチプチと音がして、その感覚がいいのです。
これはもちろん我が家のものですから、薬もかけていませんしね。

でも食べられるって、どこかすごくうれしいことでした。
昔、子供の頃なら、学校の帰りに面白がってとってプチプチ遊びながら食べていたかも。

小紫、紫式部という名前の植物にも、また違った「親しみ」がわいてくるのでした。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年09月17日 19:02
コムラサキを口に入れるモノとは思っていませんでした。鳥が食べても人には毒なのがあるでしょう。
我が家のも僅かながら色が出ています。
2007年09月17日 22:56
こんばんわ^^
食べられるんですね~。ちょっとビックリです。
みんさんが撮ると、コムラサキも優し~く美味しそうに見えるから不思議♪
今日、近所を散歩していたら、この実に出会いました。
毎年、見るたびに手元に欲しくなる樹です^^
両国takahashi
2007年09月18日 00:10
花は淡い紫でかわいいですね。
実も鮮やかな紫できれいです。
鳥も食べに来てますか?

鳥も食べにきてますか?
2007年09月18日 01:58
小紫のお花を、初めて見ました。
何時も紫の実には気付くのですが、
こんなにも愛らしいお花が咲くとは・・・・
拝見できて、嬉しかったです。

三週間休み無しで続いた、研修も終わり、
最終日に有った、出張からも戻ってきました。
ご無沙汰してしまいました。
今日は、約一ヶ月振りのお休みなのに、
秋とはいえない、この暑さに閉口してしまいました。
チョッと疲れが溜まっているかな。
来月の記念行事まで、又少し忙しくなりますが、
それでも、暫くは、元の生活に戻れそうです。
また、色々お話させてくださいね。
よろしくお願いします。
アリー
2007年09月18日 02:44
かわいい花ですね。
少し前に、見たばっかりだったので、びっくりです。紫式部っていうネーミングもいいですね。花もかわいいんですね。
ミントのみん
2007年09月18日 06:44
>kazuyoo60さん、
やたらに口に入れることはできません。信頼できる情報がないと。

>りおさん、
私もこれは欲しくて迷っていて、やっと3年ほど前に手に入れました。普通はこの色だと食べようとは思わないですね!

>両国Takahashiさん、
鳥の大好物です。今のところまだそれほどの被害にあっていません。
鳥にとられなければ、冬には乾燥した実になり、それもまた風情があるのです。

>chiemiさん、
お疲れ様でした。お体に気をつけてくださいね。無理なさないように。
小紫の花はとても地味ですが、実への楽しみがあり、注目してしまいます。

>アリー、
おはようございます。
花は、とても小さいです。実を知らなかったら気づかないで終わるくらい。
ネーミングはすごいですよ。存在感ありますからね。枝の描くカーブも、とてもいい感じです。
まさえ
2007年09月18日 07:42
私も前から気になっていて、昨日、園芸店で一目ぼれして、小さいものを購入したのが「紫式部」でした。そしたら、ちょうどここの記事に載っていてうれしくなってしまいました。
うちのも、紫式部として売っていましたが、葉っぱの先がギザギザなので、小紫なのかもしれませんね。
thumper
2007年09月18日 10:08
ミントのみんさん、こんにちは。
小紫式部、こちらでも、色づいてきました。食べられるのですね!
知りませんでした。
ウチでも薬は使ってないですが、虫がいっぱいで食べる気にはなれませんが^^;
小紫式部っておいしいのかしら?
虫がすごいんです!!
2007年09月18日 10:15
私が見てきたのもコムラサキシキブでした。やはり葉っぱの先っちょがギザギザです。これが見分け方ですね♪
それにしても、これも食べれるのですか??? この色と可愛さに躊躇しますね。でも自然の恵み、今度挑戦してみようかな!? ムラサキシキブも食べれるのでしょうか?
Coo
2007年09月18日 15:33
こんにちは~☆
小紫。とってもきれいですね~。
お花もとってもかわいいお花ですね!
食べられるんですね☆
初めてしりました~。
紫式部っていう名前がまた惹かれますね♪
家にも植えてみたいです!
ミントのみん
2007年09月18日 21:28
>まさえさん、コメントありがとうございます。
購入されたところだったのですね。
紫式部は、葉が6cm以上で先の部分が細長くなっているようです。実の付きも小紫の方がよくて、やはり観賞用につくられているのだなと思います。

>thumperさん、
虫がいるところは見ませんが、葉が虫食いだらけなのです。葉の形になっていないものもありました。おいしいんでしょうかね。

>おばブーさん、
プチプチいう感覚が面白いです。
紫式部が食べられるかどうかは、わかりません、ごめんなさい。

>Cooさん、
花はとても小さいです。
野生の紫式部を見つけてみたいなと思っています。
2007年09月18日 23:24
家のは白い実のコムラサキです。
花はやはり白でしたが、紫のはピンクなのですね。
花より団子の私ですが、これはちょっと遠慮しておいたほうがいいかも(笑)
2007年09月19日 00:47
こんにちは。
いつもとっても、きれいなり。すごいなぁ。
にゅっかのそだてていた「わた」も、
しろいわたができたよ!
おしらせぐま♪
ミントのみん
2007年09月19日 06:42
>hiroさん、
白式部というんでしょうか、白い実もいいですね、やはり花は白なんですか。
紫のも、実は最初は白いのに。

>にゅっかさん、
わた、見てきました。種から育てて花が咲いて綿が出来るのは感動します。綿は憧れです。
makoron
2007年09月19日 09:44
そういえば・・・・って、我が家の庭を見て参りました。ついでに口に入れて食感を確かめました。花は見過ごしてしまったけれど元気です。
近いうちにUPしてみます。春先移植した花のうちこれが一番成功でした。玄関先にあったときは出入りの邪魔にされてあまり形も良くなかったのだけれど伸びやかに根付いてきました。
ミントのみん
2007年09月19日 21:44
makoronさん、
面白い広がり方しますよね。でも「伸びやかに」という意味がわかるような気がします。
冬の間葉が落ちて存在感が殆どなくなってしまうのですが、葉が出て花が咲いてこうやって実が紫色になると、地味だけど存在感バリバリでうれしくなります。
2007年09月21日 22:23
ミントのみんさんに言われたように
私去年田舎で小紫を食べてみました。
うん、まあ美味しいものではないけれど
なんとか食べられました。
それ以来これを見るとつまんで口に入れるものと、洗脳されたようです。(アハハ)
田舎の人達は決してそんな事はしないようですが…
2007年09月22日 18:44
完全に根を抜いて駆除しようとした時に思い留まったのはこの可愛い色の実でした。その頃は名前も知らず実も僅かでしたが・・・

UPしました
ミントのみん
2007年09月22日 20:58
>ノラちゃんのボスさん、
アハハ、洗脳しちゃいましたか。
まあ、ちょっとした話題提供だったんですけどね。

>makoronさん、
行ってみますね。駆除されなくてよかった。
アリー
2007年10月22日 20:52
箱根の仙石原へススキの原っぱを見に行ったら、道の横の花壇のようなところに植えてあった紫式部(小紫)に沢山かわいい実がついていました。思わず食べそうになりました。
ミントのみん
2007年10月22日 22:18
アリー、
仙石原も行かれたのですね。ススキいいよね。
小紫の実は本当に風情があるし、かわいいし、目をひきますよね。
実、食べてみたらよかったのに。
別においしくないけど、プチプチ言うところがちょっと面白いのです。

この記事へのトラックバック