ハナトラノオの花

どんどんふえるので、抜いて抜いて少なくした、庭のハナトラノオ(カクトラノオ)です。
数日前からやっと咲き出しました。

ハナトラノオもう10年近く前に、これもマンションの苗の交換会でいただいたのが最初でしょうか。
北米原産の、丈夫な植物です。
以前は「これは何だろう」と思いながら春から抜いていましたが、その勢いは相当なものです。
でも数本残しておきます。花がきれいですからね。

通常は横から観ますが、不思議な花です。
でもシソ科、それもなーるほどと思います。

マイナスイオンが沢山出るといわれる「トラノオ」は、「サンセベリア」の一種で、全く別の科(リュウゼツラン科)の植物です。

ハナトラノオ「カクトラノオ」とも呼ばれるのは、茎の断面が四角いからのようです。

改めて、花って横から観るのと上から観るのでは、全然イメージが違うのだなあと、感じます。
切り花にも向いていますので、切って近くで観ているのも楽しい花です。

鉢植えだと、乾燥に弱いので水遣りに気をつけないといけないのですが、地植えにするのであれば、「抜く」という作業ができないと、大変なことになりかねません。

考えてみると、我が家はそういう植物が多い・・・。
食べられるものなら、よかったのに。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年09月29日 22:18
花付きが見事、綺麗に咲かされました。我が家のも僅かですが咲いています。余りぞんざいにしていたら少なくなってきました。
ミントのみん
2007年09月30日 00:15
kazuyoo60さん、
ぞんざいに扱うと、本当に減ってきますか?
うーん、抜きすぎるとだめかな。
出始めの小さいころ、踏んでしまっても平気で起き上がるので、毎回驚いているんです。
2007年09月30日 09:04
ハナトラノオはよく増えるでしょ!凄いですよね。庭に2株植えたら、大爆発ですよ。隣のバラが大変迷惑そうなので一斉に抜いてしったのですが、それでも生えてきましたから・・・
花は独特の花形とも相まってなかなか綺麗ですけどんね・・・
2007年09月30日 13:25
同じ悩みを抱えていても捨てがたい花ですね。
傍の花や木に肥料をやるので、どんどん成長して背が高くなり、これも困りもの。
小さく咲かせたいのに・・・
2007年09月30日 17:31
ハナトラノオってやっぱりよく増えるのですね。花を売っていたのを買ったときは可愛い~と思っていたけれど、あちこちで見るよといわれるまで知りませんでした。こんな花が咲くのだったら少々増えてもと思ってしまうけれど、プランターだと大変なことになりそうですね。
ミントのみん
2007年09月30日 18:34
>まゆげさん、
大爆発でしたか(笑)
バラのような品格はやはりないですね。どうしてこうも違うんでしょう。

>hiroさん、
肥料を吸い込んでしまいますか。
私も捨ててしまうのは惜しいので、少し残すのです。思うように行かないものですね。

>おばブーさん、
プランターだと、逆に地下茎である程度しかふえないので、いいのではないかしら。地植えには覚悟が必要です。
chiemi
2007年10月01日 02:27
よく見かけるお花ですが、
こんなに綺麗だったとは・・・
昨日から、此方は、急に寒くなりました。
例年より7度も低く、11月中旬並だそうです。
季節感がなくなると、寂しくなりますね。
こんな時は、体の調子を大事にしたいです。
みんさんも、風邪など引きませんように。
ミントのみん
2007年10月01日 06:42
chiemiさん、
昨日は寒かったですね。季節の変わり目はただでさえ苦手なのですが。外の用事がありましたので、着込んでいきました(苦笑)
2007年10月02日 18:59
こんばんは。
我家のカクトラノオはこの雨でかなり散ってしまいました。友の家からお嫁に来て2年すごく増えています。どんどん切花にするといいよと助言されています。
確かにすごい繁殖力です!!とっても上品なピンク色なんですけどね。
ミントのみん
2007年10月03日 06:36
honeyoneさん、
雨が続きましたものね。
私も切り花にしました。花が咲くと綺麗ですが、倒れてしまうと悲惨です。

この記事へのトラックバック