紅茶缶のリトープス

今年春、紅茶の空き缶にいれた、リトープスです。
こういう忙しい時期こそ、こういうものを観て、疲れを取るのです。

リトープス
私が持っているリトープスはこれだけで、ベランダで放置して手をかけていないせいか、花が咲きません。
もともと変化が少ない植物ではありますが、静かに脱皮するのが面白そうで興味がありました。

グリーンの方は、購入時にリトープスということは教えていただいたのですが、品種までわかりません。伊豆シャボテン公園で数年前に購入して、ポットのまま放置し昨年ここに植え込みました。


微紋玉茶色い方は微紋玉という品種のようで、昨年手に入れました。
近くで観ると、昨年より太り、プリンのようにもみえます。
肥料もやっていないせいか、花が咲かず、残念です。


昨年と比べてみました。間違い探しです。
     左が今年春、     右が今です。
昨年今年
90°角度が違うのは、どうぞお許しください。絵のある面をみるとわかりますが・・・。

やはり下左は今年春、         右は今
昨年今年
茶色が一つ消えているのが、一目瞭然。
あ~そういえば乾いちゃったかな。ごめんなさい。

でも残りは、この秋にすごく太って大きくなったようなのです。
グリーンの方は、自然に一応ふえていますし。
リトープスリトープスは南アフリカとナミビア、ボツワナの最南端に自生しており、対になっている葉を多肉化することで乾燥にとても強くなっているそうです。こういう色や形をしているのは、動物から守るためだとか。
日本で育てるには、夏の高温多湿を避けるため休眠させる栽培の方法をとるのがよいようです。(上記、参照:メセン実生試行錯誤記 リトープス

ゆっくりした変化。これで癒されるって、ヘンでしょうか。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2007年12月27日 21:54
乾燥に強くて、乾燥が好きでも、全く水が不要でもないのでしょう。
愛好家が多いようですね。
ミントのみん
2007年12月28日 21:57
kazuyoo60さん、
これって、はまるようです。
私ははまっていないので、水をやり忘れるのかもしれません。
はまらなくても、大切にはしてあげたいものです。
2007年12月29日 17:38
トリープスって多肉植物なんですね。
ものすごく魅力を感じていますがなんだか難しいかなと思うのですが。(メセン実生錯誤記リトープス)を読みましたが素敵な花も咲くのですね?
ミントさんのところで花が咲くことを祈ります。自分ではきっとよう栽培できないと思ってお願いします。ふふっ。
今年もお訪ねして楽しく美しくまた工夫を色々されていてずいぶん刺激をいただきました。ありが問うございました。ご自愛くださいまして佳き新年をお迎えくださいませ。
ミントのみん
2007年12月29日 23:09
アコさん、
遠くで見ると存在すら認識できないような植物でも、近くで見ると宝のようなものがあるんだなと感じます。リトープスなんてその代表ですね。
来年もよろしくお願いします。
2008年01月02日 18:07
あけましておめでとうございます。
リトープスが膨らんできていますね~♪ 我が家でも多肉植物がたくさん育っていますが、つい最近まで水やりは必要ないものだと思っていました。TVで水遣りがいらないとは大きな間違いと知り、最近気をつけるようになりました。しっかり乾いてなくなったものもたくさんあります…汗。肥料もあげたことがありませんでした。もう少し大事にしてあげないといけませんね。
今年もよろしくお願い致します。
ミントのみん
2008年01月02日 22:14
おばブーさん、
おめでとうございます。
普通はここまで水遣りをしないというケースは想定していなんでしょうね(笑)
なんとも怠惰な私ですが、今年もよろしくお願いします。
2008年01月03日 00:16
新年おめでとうございます。
今年も素敵な花々をみんさんならではの切り口で紹介してくださるのを楽しみにしています。
我が家のリトープスも全然水を与えていませんがなんとか少し花を咲かせてくれました。
やはりきちんとした管理と愛情が必要だなと感じるこの頃です。
今年もどうぞよろしくお願いします。
ミントのみん
2008年01月03日 06:59
WAKAさん、
おめでとうございます。
リトープスはいつもWAKAさんのサイトを参考にさせていただいてます。
すごく綺麗な花を咲かせているので驚いてしまいます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック