雪の中のヤブコウジ

朝、横浜で初雪が降りました。
べったりした雪でした。
朝、バタバタしていましたが、どうしてもこのヤブコウジの姿を撮りたくなりました。

雪の中のヤブコウジ家の隅でひっそりと実を付けているヤブコウジは、やはり雪が似合いました。
もうずいぶん前にいただいた株で、地下茎で広がるのですが、今我が家では絶滅寸前。
実が付いている株がこれしかなく、これだって1つしか実がなっていません。
大事にしなくてはと思っています。
ヤブコウジの寄せ植えこれは一昨年、お正月前に庭にあったヤブコウジを引っこ抜いてつくったものです。

万両、千両は「有名」ですが、ヤブコウジは十両です。
万両、百両(カラタチバナ)と、この十両はヤブコウジ科で、立ち上がり方、葉の付き方、実の下がり方が似ており、千両(センリョウ科)とは異なっています。
華やかさはありませんが、ひっそりと日陰で生き抜く姿はなかなかです。

先日書店で「誕生樹」という本が売られているのを見ました。1年366日全ての日にこの本の筆者が誕生樹を割り当て、その日前後に綺麗な姿が見られる樹木を掲載してありました。
私は1月生まれですが、私の誕生日を見たら、誕生樹はヤブコウジとなっていました。
そう、高さは20cmくらいしかありませんが、立派な樹木です。

ヤブコウジと私は縁があるのかもしれないと、思ったのでした。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2008年01月23日 21:04
朝からのニュースで雪だと知りました。紅い実が雪で際だっています。
誕生樹はヤブコウジ、縁薄からぬ植物ですね。
我が家のも沢山増えてます。
2008年01月23日 22:15
高崎も待望の初雪でした (^o^)
雪の中のヤブコウジを撮りにと思って飛び出したんですが、足下が悪すぎて断念、次の機会を待つ事に誕生樹がヤブコウジって羨ましい様な頬笑ましいような、ですね。私のも探しに本屋さんへ行ってきます。
ミントのみん
2008年01月23日 22:24
>kazuyoo60さん、
ヤブコウジは、実がないと存在感がなくて、本当に地味なんですよね。
やはり寒さの似合う植物だなと感じます。

>無名子さん、
この本は、誕生樹をこの筆者が割り当てただけではあるんですが、植物との結びつきが強くなる気がします。日付に割り当てるという発想が面白いんでしょうね。
ヤブコウジが誕生樹だと知って、私は感激しました。それと、家族全員の誕生樹を見てきました(笑)
2008年01月24日 23:55
十両らしく、つつましい実をつけていますね。
一両まであるとぽんぽこさんに教わりました。
見てみたいと思っているけれど、出会っていても気づいていない恐れもあります…汗。
ヤブコウジのよせ植えがいい雰囲気ですね~♪
こんなのを作ってみたいと思っていますが、松も根っこがあるのですか? 
ミントのみん
2008年01月25日 06:24
おばブーさん、
一両はアリドオシですね。
松、もちろん根があります。
松は実生で育ったこともあります。
makoron
2008年01月26日 12:31
雪の中の赤い実って印象的ですね。うちの万両もきっと映えるかなw
クリスマスカラーですものね。
残念ながらこちらはまだ雪は降らないけれど
それにしても寒いですね


ミントのみん
2008年01月26日 20:35
makoronさん、
万両の実は、鳥に食べられてしまいました。
ヒヨドリが、常に狙っていますね。
ゆき
2008年01月26日 21:06
こんばんは、ミントのみんさん、お正月飾りのヤブコウジ、日陰も、丈夫で、かわいい、赤い実をつける植物ですね♪
雪の白に、映えるヤブコウジの赤い実、素敵です♪誕生樹の本、素敵な感じですね、みんさんは、1月なんですね♪
わたしの庭にも、もみじのまわりで、やぶこうじ、千両、万両、が、元気です。
ミントのみん
2008年01月27日 23:08
ゆきさん、
もみじのまわりにヤブコウジ、千両、万両とは素敵です。
万両は特に、鳥が思わぬところに種を蒔いて、あちこちから出てくるのは面白いです。
2008年01月30日 23:26
ヤブコウジに雪 絵になりますね。
絶滅寸前とか。お分けしたいぐらい殖えて困っています。山から1本採ってきたものなんですよ。センリョウ、マンリョウは鳥の落し物。
安上がり園芸しています。
今日久しぶりに庭に出てみたら、マンリョウと間違うほどたくさん実をつけたヤブコウジがありました。ほかのは鳥にみんな食べられてしまっているのですが、庭石の陰で見つからなかったみたいです。
ミントのみん
2008年01月31日 07:18
hiroさん、
マンリョウのように沢山実をつけるんですね。
たぶん地下は生きているんで、絶滅は逃れられるでしょうが、もっと実を沢山つけてほしいです。

この記事へのトラックバック