花かんざし

素朴で、花期の長い、花かんざしです。

これは、蕾です。
花かんざしの蕾

花かんざしこの花の特徴は、花弁に見える部分がカサカサなことでしょうか。
乾燥にとても強く、花が終わったかどうかがよくわからないくらい、花後カサカサのまま持つのです。
英名はペーパーデージー。ですからドライフラワーには最適です。

そのかわり、雨には弱いのです。花が丸く閉じてしまい、やわらかくなってしまいます。

花かんざし花かんざしはキク科の植物ですが、花弁に見える部分は苞片で、蕾を包んでいた葉に他ならないのだそうです。中心部は黄色い「筒状花」になっています。

この苞片の部分にケイ酸(シリカゲルの元!)が多く含まれているため、水分の保持力が高いのだそうです。
豪州原産の植物であるため、乾燥への適応力が高いのでしょう。

花が終わると黄色い筒状花の部分が薄茶になりますが、花がドライになってしっかりしているので、切ってしばって飾っておくこともできます。

花かんざしを寄せ植えにこれは、オリーブの木を植えている鉢に入れています。
上にオリーブの葉、右下にシルバーレースが見えますか?

適当に切っていくと、花芽がまた沢山つきます。
暖かくなったらますます大株になることを期待しています。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2008年02月02日 20:13
ハナカンザシが可愛いですね。かさかさの花でしょう。土鈴フラワーにも向いていそうですね。
ミントのみん
2008年02月02日 22:56
kazuyoo60さん、
カサカサです。面白いですね。
でも冬の肌は、カサカサにしないようにしなくては・・・。
2008年02月02日 23:15
ハナカンザシ、可愛らしい花ですね。
髪に挿したら、もっと、かな (^-^)
thumper
2008年02月03日 01:37
ミントのみんさん、こんにちは。
綺麗に咲いていますね。
花姿も綺麗そう。
ハナカンザシは、成長していくとあっち向いたりこっち向いたり花姿がばらばらになってしまうのが悩みの種です。
でも花はかわいいんですよね♪
ミントのみん
2008年02月03日 07:34
>無名子さん、
よく付けた名前だと思います。乾くので使えるかな。

>thumperさん、
そうですね、あっちこっちむきますね。すごくお株になって驚いてしまいますし。
私は蕾が好きです。
2008年02月03日 16:28
園芸展でよく見かけるようになりましたねぇ~。花びらがカサカサしているようですね。長持ちすると聞くと、ちょっと家にも欲しくなります…鉢が多すぎなのですが…汗。
育てやすい花ですか~?
ミントのみん
2008年02月03日 21:51
おばブーさん、
育てやすいです。雨は苦手ですが、水遣りもそれほど必要なく、花期はながく、花数が多いです。花後、姿が持つのが面白いですよ。
chiemi
2008年02月03日 22:27
よく見かけるお花ですし、
私も育てていますが、
こんなに愛らしく撮れていると、
違ったお花のように感じます。
ミントのみん
2008年02月03日 22:35
chiemiさん、
ありがとうございます。ちょっとお恥ずかしいですね。
今日は雪に埋まってしまいました。濡れに弱いので払ってあげなくては・・。
ミム
2008年02月04日 22:21
はなかんざし、かわいい花ですね。鉢植え買ったけど、だめにしちゃいました。また、買ってこようかな~。そういえば、ドライフラワーふうにしてみたっけ。
ミントのみん
2008年02月05日 07:31
ミムさん、ありがとう。
長く咲くといっても、何年も咲くものではないですものね。ダメになったらそれでおしまいにしています。
雪に押しつぶされていましたが、復活しました!
ゆき
2008年02月06日 20:40
こんばんは、ミントのみんさん、花かんざし、かわいいですね、白の花びらとグリーンの茎、ボリームのある、今が旬のお花、わたしも、好きなお花です、はなかんざしの仲間で、ローダンセ、ピンク色のお花も、ドライフラワーで、飾ってます♪
ミントのみん
2008年02月06日 21:32
ゆきさん、
ローダンセもいいですね。かさかさの花びらはなぜ魅力があるんでしょう。軽さがいいのでしょうか。

この記事へのトラックバック