白いクレマチス‘土岐’

清楚な白いクレマチス‘土岐’が咲いています。
土岐
咲き始めは、やや黄味を帯びています。

この咲き始めの表情も美しいのです。
直線的な動きは、折った折り紙を広げる時の感覚を思い出させます。

土岐裏側は・・・・緑がかった筋が入っています。

咲き出すと花は白く、筋の緑色は薄くなっていきます。

開いたところ時間の経過で、印象がずいぶん違ってきます。
黄色っぽさがなくなり、白く、まるくてやわらかい印象になります。

ところでこの‘土岐’は、岐阜県の土岐市に自生するクレマチスだそうです。
自生している姿を観てみたいと思ってしまいました。
学生時代、土岐出身の友人がいましたが、たしか彼女のお父様は陶器の会社をやっているとききました。

土岐は陶器の町として知られており、最近ではアウトレットもにぎわっているようですが、土岐市役所のサイトには、このクレマチスの紹介は残念ながらありませんでした。
地元ではどのような存在なのかしら・・・。
もっと紹介されたらいいのに、と思ってしまいました。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2008年05月14日 09:50
クレマチス‘土岐’、素晴らしい花です。花のサイズはどれくらいですか。大きめのサイズですか。この綺麗な花が自生だなんて信じられません。我が家にも、黄色のクレマチスとして売られていたのが、よく似ています。既に咲き終わっていますが。
2008年05月14日 12:31
凛とした雰囲気のクレマチスですね。
白いと一口で言ってもいろいろな表情があり、それぞれによさがあります。

せっかく名前がついているなら、もう少し配慮してくれればよいのでしょうが、花へ興味があるかどうか・・結局は人なのでしょうね。お役人さん^^;
2008年05月14日 22:13
すっきりした白が美しいですね~♪
土岐というのですね。
私は裏から眺めた雰囲気が好きですね~。緑の筋がいいですね~!
ミントのみん
2008年05月14日 23:04
>kazuyoo60さん、
直径15cm弱くらいです。全開すると大きいんですよ。

>われもこうさん、
地元の方もご存じないのかもしれません。
横浜で「ヨコハマ」という品種を言うのとは違い、「自生している」ということはかなり意味があると思うのですけれどね。

>おばブーさん、
緑の筋、いいでしょう?
この品種は自然のままなのでしょうし、ずいぶん前から我が家にあるものなのに、緑の筋が入るなんて今っぽい感じもして、こちらは得した気分です。
2008年05月15日 14:55
自生のクレマチスはインパクトありますね!自然界で白いだなんて、どういう理由でとか好奇心を刺激されます。
シンプルな形で開くにつれ色が鮮明になる(いよいよ白くなる)あたりの感じも良いです。
白い花は初夏への踏み段のようです。
2008年05月15日 18:39
私は岐阜県土岐市に住んでます
クレマチス「土岐」なんて
あるのですね
白くてきれいです
。しらなかったな~
ゆき
2008年05月15日 19:57
こんばんは、みんさん、岐阜県土岐市に、自生地のあるクレマチス、白のお花は、やっぱり清楚で、いいですね、自生地も、大事に、守られるとよいですね♪(*^_^*)
素敵なお写真、感謝してます♪(*^_^*)
ミントのみん
2008年05月15日 20:12
>honeyoneさん、
どうなんでしょう。自生のものとききますが、改良されているのでしょうか。
初夏への踏み台ですよね。

>プリリンさん、
はじめまして。土岐市にお住まいですか。
コメントいただき、とてもうれしいです。
白くて上品で、綺麗な花で、土岐市のイメージアップになっているように思います。

>ゆきさん、
これは日陰に植えてあるので、花の付きはあまりよくありません。でも花の持ちはとてもいいです。花びらが虫食いにあうので、おいしいようです。



この記事へのトラックバック