水も滴る・・・ピンクの鉄砲ユリ

もう10何年か、植えっぱなしのピンクの鉄砲ユリです。
鉄砲ユリ

ユリは花粉に脂肪質が多いので、くっ付くとねっとりしてしまい、大変です。
お花屋さんではおしべは切って売られていることが多いと思います。

でも庭のユリは、しべや花粉があってこそ、と思うようになりました。
雨上がりに、花粉が溶けたようになっているのは、なんとも言えません。

鉄砲ユリ鉄砲ユリのピンクは、珍しいようです。
「カサロザ」という品種のようです。

世の男性も、美人さんにこんな鉄砲を向けられたらイチコロかも、と思うほど、イイ感じです。 

開き始め蕾や、開き始めも好きです。

一年かかってやっとここまで来ているのですから、やっぱりおしべは切れません。

雨上がりのユリ花弁が1枚ずつしっかりしているので、花を待った実感があります。

なぜうしろ向きに咲くの?と言ってしまいたくなる花がありますが、鉄砲ユリはうしろ姿もすごく綺麗なのです。

鉄砲ユリユリは繁殖力旺盛で、昼間に虫を呼ぶだけでなく、夜は匂いが強くなってガなどを呼ぶのだそうです。

うわ、さすがですね(笑)

毎年、このユリをアップする時と、梅干や梅シロップの仕込みが重なっていることが、過去のblog記事を自分みて確認できました。
偶然にも今日、梅仕事をしました。
当たり前といえばそれまでですが、季節の微妙な動きについていっている自分が不思議になってきました。
また、経過をblogでアップしたいと思います。

この記事へのコメント

2008年06月11日 19:08
水も滴るいい女では?ユリに寄せて自分を見つめなおすのはいいことです。
ミントのみん
2008年06月11日 20:39
目黒のおじいちゃん、
うわ、そっそんなこと・・・(笑)
若ければ、あこがれますね~。こういう感じ!

kazuyoo60
2008年06月11日 21:25
服に付いたら大変ですが、シベはあった方が綺麗ですよね。
カサロザですか。教えていただいてもすぐに忘れますが、植えっぱなしとおっしゃってますのに、ずいぶん花つきが良いですね。
2008年06月11日 22:43
しっとりした感が伝わり、すてきです。確かに立てば、しゃくやく、座れば、ボタン、歩く姿は、ゆりの花とよくいったものですね。
小生のブログにもコメントしてください。
ミントのみん
2008年06月11日 23:39
>kazuyoo60さん、
植えっぱなしなんですよ。これでいいんだろうかというくらい、放りっぱなしです。

>yoshi-tosanさん、
鉄砲ユリでピンク、なかなかないようです。たまたまそれも知らずに手に入れてからずいぶんたっています。
たいしたコメントできず、すみません。
2008年06月12日 07:44
この色はとても素敵。
派手すぎず「しっとり」した感じがあります。
いいですね。
去年、蘂なしのエロディという品種を植えましたよ、開花まではまだかかりそうです。
われもこう
2008年06月12日 13:57
綺麗なピンクですね~~
我が家、相方が一袋いくら?かの球根を買ってきたので、名無しのゴンベイさんたちがこれから続々咲きそうです。ひとまとめにしちゃいました^^;
ミントのみん
2008年06月12日 14:10
>owlさん、
蘂なしの品種が出ているとはきいています。どんな花が咲くのか、楽しみですね。

>われもこうさん、
数品種入っていたのでしょうか。
そういう楽しみもいいですね。
2008年06月13日 22:57
いい色合いのユリですね~♪
そうそう、花瓶に入れる時は雄蕊を取ってしまいますよね。ちょっと可哀想だけれど、花粉をばら撒かれるとちょっと大変!
そういえば、あちこちで青梅を見かけます。そろそろ梅と格闘する季節ですね~♪
ミントのみん
2008年06月14日 07:07
おばブーさん、
この花の花粉が洗濯物のシーツに付いて、大変でした。
梅と格闘…(笑)ですね。
2008年07月01日 14:48
この花を見て、前にテッポウユリとアジアティックハイブリッド(スカシユリの仲間)を特殊な技術で交配した「ロートホルン」という品種が話題になったのを思い出しました。
ちょっと調べてみましたらカサロサとロートホルンは同じものだそうです。
10年以上も植えっぱなしで咲き続けるなんて、よほど丈夫なんですね。
ミントのみん
2008年07月01日 17:28
ふぉるまさん、ありがとうございます。
品種は調べてもなかなかわからず、ネット上でいろいろ調べました。
ロートホルンという品種名で知られているんですね。ピンクの鉄砲ユリというのはなかなかないなあと思っていたのです。あまりに昔に何も知らずに手に入れた球根なのです。
掘り起こすのも怖いくらい(笑)、丈夫です。

この記事へのトラックバック