クラッスラ・クーペリー(乙姫)の花

多肉植物のクラッスラ・クーペリーが、花をたくさん付けています。
一つ一つの花の直径は3-4mm。こういう世界も大好きな私です。

クラッスラ・クーペリー「乙姫」とも呼ばれるとは、ちょっと幻想的です。

ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物で茎や葉には多く水分が含まれており、ポロっととれて少し放置してもちゃんと発根してくれます。
そのまま花まで咲かせてくれるのはお気楽な多肉植物のよいところです。

葉だけの時期が長いのですが、葉は「いかにも丈夫」という顔をしています。

クラッスラ・クーペリー3年前に購入しましたが、10cmくらいの高さで這うようにして広がります。
この鉢に収めておきたいので、昨年はだいぶ刈り込みました。

夏場は水遣りが大変な鉢物が多い中、手をかけずに花をみられる、ちょっと「よい子」です。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2008年07月29日 21:03
クラッスラ・クーペリー、可愛いです。
多肉だから、手抜きが出来るのですか。実物にまだ出会ってません。
ミントのみん
2008年07月29日 23:04
kazuyoo60さん、
完全な手抜きです。
でも、葉だけの長い時期は、あまり可愛くありません・・・・(笑)
2008年07月31日 14:48
こういうよい子、我が家にもたくさんいますよ~。 冬は忘れがちですが、夏になると多肉植物のよさを実感します!
ミントのみん
2008年08月01日 06:54
おばブーさん、
普段、姿に変化がないので、つまらないのですが、この時期は花だけでなく、丈もずいぶん伸びています。多肉植物は好きなのですが、こんなに簡単に花が咲かないものが多いです。
おがぴー
2008年08月02日 20:30
花の直径3~4mmの世界、素敵ですね。
ミントのみん
2008年08月02日 23:43
おがぴーさん、
綺麗に撮れませんが、雰囲気がとてもかわいいのです。真夏の暑い時にこういう花をみるとほっとします。

この記事へのトラックバック