フクリンツルニチニチソウの花

挿し芽でふやし始めてから、かなりの時が経つ、フクリンツルニチニチソウです。

フクリンツルニチニチソウ花をアップするのは、不思議なことに、これが初めてです。 

斑入りの葉と、その伸び方が気に入り、寄せ植えに使っています。

フクリンツルニチニチソウ伸びたツルが地面に付いて根が生え、いつの間にか地面のものになった株もあります。

でも、この斑入りの葉のイメージとはちょっと違う薄紫色の花が咲いた時は、毎年ちょっと「あっ」と思います。

どちらかと言えば引き立て役のこの植物。
花の時期はヒロインにしてあげたくなりました。

フクリンツルニチニチソウ後ろには、今年初めて開花したカラーが・・・。

なかなかヒロインになれない花は、やはりあるものですね。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年04月28日 08:28
緑葉のですが、機嫌よく咲いています。切って生け花にしました。
2009年04月28日 16:15
そうそう、脇役の葉っぱに花が咲くと余計に嬉しさを感じます。
我が家の一番のは、キンギアナムがランだったことです。
ミントのみん
2009年04月28日 20:48
>kazuyoo60さん、
これは本当に強いですね。いけ花にすると花が落ちてしまいそうで・・・。

>おばブーさん、
見事、ステキです。
2009年04月28日 22:28
我が家でも元気に蔓が延びています。
昨年は蔓が縦横無尽に伸び、あまりの強さに驚いたのですが、調べたら花は新しい蔓に付くとありましたので、冬に根元から全部切りました。
春になって新しい蔓が延びて来て予想通り花が付きホッとしました。
ミントのみんさんも、冬には蔓を切られるのでしょうか?
ミントのみん
2009年04月29日 07:44
ブルーデージーさん、
全然知りませんでした。調べたこともなく。
ありがとうございました。
伸びすぎた枝は切っているのですが、たぶん花が付いている蔓は、偶然新しく出てきた蔓のように思います。
でも、冬に切るというのは大切なことですね。知ることが出来てうれしいです!
2009年04月30日 19:46
ヒロインになれない花…いい得て妙ですね。
家も繁殖力が強くグラウンドカバー代わりに使っているので初夏からは雑草扱いになります。徒長枝は花瓶に挿した花のあしらいに使っています。斑入りだしツルなのでしなり具合も結構いけてると思います♪
この花の中央の穴?を見ていると星新一の突然できた何でも捨てられる穴の話をつい思い浮かべてしまいます。そんな変な気を起こさせる癖のある名脇役?!かも。
ミントのみん
2009年04月30日 23:13
honeyoneさん、
ありましたね。なんでも引き受けてくれる穴って。
この花は、確かによくみると目が錯覚を起こしそうになります。単純な形なのに、不思議です。

この記事へのトラックバック