庭のバラ‘マリア・テレジア’

庭の鉢植えのバラ、マリア・テレジアが咲いています。
この時期、やはりバラを観ていると、心が満たされます。
マリア・テレジア
ふわっとして、でもびっしり中身が詰まったこのバラがとても好きです。

アンティークタッチのこのバラ、無精者の私にも育てやすいバラです。
比較的病気や虫がつきにくく、樹勢も強いと思います。

マリア・テレジア高貴なイメージの名前ですが、やはりその花弁の重なり方から、重厚感のある貴族のドレスをイメージします。

マリア・テレジア近くで観ると、どうやってこの花弁が中に入っているのかしらと、不思議に思います。

この枚数を数えながら眠りに入れたら、どんなに幸せでしょう・・・・(笑)

マリア・テレジアこれは、枯れたのではありません。
これから咲くところです。

枯れて縮んだのではなく、この波打ちがこれから伸びて広がる力を秘めているのです。
高貴なだけではなく、勢いを感じます。

マリア・テレジア顔をくっつけなければ香りがしないくらいの「微香性」です。
花弁の枚数が多いわりには平らな形をしているので、強風にも散りにくいところは、「女帝」ならではでしょうか・・・・。

バラの咲く5月。
「ハーブティーを飲みながらバラを観る休日」が毎日ならいいのに、と思ってしまいます。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年05月15日 19:26
マリア・テレジア、女帝ですよね。オールドローズの綺麗なピンク、良いのが咲きましたね。
ミントのみん
2009年05月16日 07:15
kazuyoo60さん、
記事には詳細を書いていませんが、このバラは2003年にドイツで作出された、FL系のモダンローズです。
とても育てやすいところがうれしいです。
owl
2009年05月16日 08:10
え、フロリバンダなんですか。
ゴージャスなミニバラみたいに見えました。
開きだしたふりふりがいいですね。
葉がしっかりしてて、花とのバランスもいいし、素敵なバラですね!
ミントのみん
2009年05月16日 18:54
owlさん、
そう、FLなんです。
無精者でも育てやすく、でも観ているとぽーっとしてしまうバラです。
tsuyako
2009年05月17日 22:48
見事なピンクのバラですね。マリア・テレジア、アントワネットのお母さんですね(ベルバラで読みました)。
もうバラの季節なんですネ。
両国ken
2009年05月17日 23:55
花弁がたくさんあってとてもキレイです。
バラが咲くシーズンに入ったのですね。
バラ園に行きたくなりました。
ミントのみん
2009年05月18日 07:17
>tsuyakoさん、
そうなのです。
マリー・アントワネットというバラも、同じところが作出しているようです。

>両国kenさん、おはようございます。
やはりバラはいいですね。
バラ園へいくと目移りしてしまいます(笑)
2009年05月22日 11:37
見事ですね~
妙連の蓮(滋賀県で見たのですが・・・)にソックリですね。
我が家にはミニバラしかないのですが、こういう豪華版に憧れます~♪ 今年頂いたミニバラがうまく育ったら、大きいのにも挑戦してみようかと思っています。
ミントのみん
2009年05月22日 17:12
おばブーさん、
このバラは、大輪というわけではなく、7-8cmくらいの花ですが、大きく見えます。
とても育てやすく、今年はたくさんの花が次々と咲いてくれています。

この記事へのトラックバック