エメラルド色の水面とヨシ(葦)

福島県北部、裏磐梯の桧原湖畔に泊まり、五色沼の自然散策路や檜原湖畔散策路を歩きました。
もっと歩く予定でしたが、なんと途中でどしゃぶりの雨に。
それでも、オオウバユリやヤマユリ、サワヒヨドリなどが沢山咲いていたのが印象的で、よい空気を吸うことができました。
エメラルド色の水面とアシ(葦)五色沼とは40以上の湖沼の総称です。
磐梯山の噴火で岩屑なだれが流下した影響で、水の中に含まれる鉱物質や、底や水草に付着した酸化鉄に光が反射して、美しいエメラルド色になっているのだとか。

湖沼によって微妙に色合いが違うこともわかりました。
この付近に来たときからヨシは目に留まっていたのですが、「こんなところにあるはずはない」と思いつつ、一瞬トウモロコシに見えてしまったのでした(笑)。
イネ科ですものね。
アシ(葦)湖沼を撮れば、必ずヨシが写る、という感じでしょうか。

さて私にとっては「アシ」の方が呼び方としては身近なのですが、ガイドブックを見ると「ヨシの群落」と書いてあり、アシとヨシは違うんだっけと思ってしまいました。

調べてみるとアシもヨシも同じものというのが一般的で、関東ではアシ、関西ではヨシという方が多いようです。
「悪し」より「ヨシ」の方が、という意味で転化したとも言われているとか。
だったらここでは「ヨシ」にしましょう。

アシ(葦)床屋さんをイメージしてしまいました(笑)。

雨の降りがとても激しくこちらは悲惨な状況でしたが、びくともしない自然に圧倒されました。

エメラルド色の水面と苔この付近はさらに苔がとても綺麗でした。
樹木の苔と水面。
綺麗な色合わせです。

雨でも気持ちがいいというのは、こういう風景に出会った時でしょうか。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年08月08日 08:49
五色沼は昔行ったことがあります。綺麗な水の色を思い出しています。
オオウバユリがこの場所にもあるのですか。北海道だけかと思っていました。
最後の画像、この色ですね。緑、碧、翠ですね。
つぼ
2009年08月08日 15:24
 高校生の頃、五色沼に行きました。
沼によっていろいろな色の差があり、
大変神秘的でした。
 今、大学生の娘が猪苗代湖で一週間
部活の合宿をしています。(汗)
2009年08月08日 17:44
実は子どもが小学生の頃に五色沼に行って同じように土砂降りを経験しました。山の上なのでものすごい降り方で、ふもとに戻ったら行きに澄んだ川の水だったのが茶色い泥を含んだ色に変わり増水し怖い思いをしました。
でも降るまでは自然観察の一行とも出会い五色沼の自然の説明をずっと聴いていました♪楽しい思い出です。
ミントのみん
2009年08月08日 18:14
>kazuyoo60さん、
オオウバユリ、迫力ですね。
沢山ありました。
花はユリではありますが、葉や全体は、ぎょっとするような雰囲気でした。

>つぼさん、
標高の高いところは今日もかなり強い雨で、気温も20℃あるかないかでした。
お嬢さん、雨になっていないといいですね。

>honeyoneさん、
五色沼で土砂降り体験、一緒でしたか(笑)
普段は、自称「雨上がり女」なんですが・・・。
でも印象が強くて、忘れることはないと思います。
2009年08月09日 18:20
何年か前、歩いたことがあります。
しかし、当時はさっさと歩いた感じで、こんなにきれいな色をしていたんだ!と驚きです。
水のある景色が大好きなのですが、こんな素敵な写真を見せて頂いてとても嬉しいです。
ミントのみん
2009年08月09日 21:42
ブルーデージーさん、
何気なく過ぎてしまう時と、立ち止まって見る時がありますね。
土砂降りの雨の中で撮った写真なので、とてもお恥ずかしいのですが、自分と自然のめぐりあわせなのかなと思えてきました。

この記事へのトラックバック