ミニサイズのワタの木

7月に、ワタの木のコンパクトサイズの園芸品種の株を購入しました。
花の後に、ふんわりした白いワタが姿を見せました。

ミニサイズのワタまだまだ早いのですが、クリスマスに使いたくなってしまいます。

これは「ミニコットン 綿菓子(わたがし)」という札がついていたもので、丈が25-30cmにしかならないという小さな品種です。

毎日身にまとう衣類に多くに使われている「綿(めん)」は、こうやって日光を浴びてとれたものなのだと思うと、自然や生産者の方々に感謝の気持ちを抱きます。

ミニサイズのワタ8月1日の様子です。
花はとてもやわらかで、綺麗です。

なるほど、アオイ科の植物なのですね。

ミニサイズのワタこれは、花後です。

運動会の鈴わりの鈴のように、中にパンパンに入っているかなという期待感が・・・。

ミニサイズのワタ鈴わりの鈴が割れました。

ちょっとうれしい気持ちになります。

ミニサイズのワタ冬前に切り詰めれば、室内で越冬できるようです。
でも別の植物に付いたコナカイガラムシが葉の裏やガクのところに付き、手を焼いてしまったので、悩むところです。

広い場所があれば、もっと丈の大きなワタの木を栽培してみたいと思ってしまいますが、これでも十分面白い様子を体験できています。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年10月01日 19:54
綿にもミニサイズがあるのですか。知りませんでした。可愛くて良いですね。
綿が多年草?、1年草だと思っていました。寒さが原因?、枯れてきます。
2009年10月01日 22:55
綿がこうやってできるのを知ったのはつい最近だったのです。お恥ずかしい・・・汗。
こうやって鉢で見れるなら・・・とまたまた欲しくなっちゃいますね。クリスマスの飾りにはピッタリですね~♪
ミントのみん
2009年10月01日 22:59
kazuyoo60さん、
多年草なんですって。屋外での越冬は無理のようです。
手軽に楽しめるサイズは、やはりいいですね。

ミントのみん
2009年10月01日 23:01
おばブーさん、
知らない方が多いと思います。普段考えないです。
でも私たちにとても接点の多い植物なんですよね。
2009年10月02日 19:02
ミニサイズのワタが有るのですね!
あと多年草というのも初耳でした。

以前、友人からワタの種を頂いたのですが
かなり背丈が高くなると聞き蒔くのを
断念したけど、これだったら我が家でも
大丈夫だったかも?と思いました。
ミントのみん
2009年10月02日 21:39
さらさん、
花屋さんでいつも見て、いいなあとは思っていましたが、現実にはなかなか場所がないですよね。
花がこんなに綺麗だとは知らなかったので、結構楽しめています。
owl
2009年10月05日 13:42
綿って育てると感動がありますよね。
この花からこの実かあ、ふーむすごいなあって。
この綿は通常のものと葉の形状が違いますね。
モミジのようなというか切れ込みが入ってちょっと面白い^^
ミントのみん
2009年10月05日 21:06
owlさん、
そうなんです。書かなかったのですが、普通のものはこんなに切れ込みがはいってなくて、遠くから見てふわっとした感じですよね。
違う植物の葉にみえます。

この記事へのトラックバック