「葉から芽」の植え替え

生き生きした葉が魅力的なセイロンベンケイソウ、鉢が小さくて倒れてしまうので、一昨日植え替えをしました。
1月末に沖縄で葉を拾って帰り、その葉の周囲から出た「芽」が育ったものです。
8月末の記事はこちらです。

10月4日植え替え前です。

お世辞にも格好よいと言える植物ではありませんが、葉から育ったので、私にとっては特別なものです。





下↓の写真は以前も記事にしましたが、ここまでの我が家での様子です。




拾った1月31日、その後3月22日、5月28日、6月29日です。
1月31日、拾ったセイロンベンケイソウ3月22日、セイロンベンケイソウ5月28日、セイロンベンケイソウ6月29日、セイロンベンケイソウ



鉢から出したところ小さな鉢から出しました。

こんなに少ない土で、よくもまあ大きな植物が育ったものです。
本体に水分を多く蓄えているので持つのでしょうが、本体が重くて倒れてしまうはずですね。

植え替えたところ3株を、こんな感じで植え替えました。
大きな株は、使い込んだ、底に穴を開けた空き缶に入れました。

それにしても大きくなった株は、ゴムの木のようですです。
とても元気ですが、葉は下がり、まあ決して見映えのする植物ではありません。

今日、葉をよく観てみたら、下の方の葉に変化がありました。
新しい芽
すでに新しい芽のように見えるものが付いていました。

この葉の周囲のへこみ全てからこんな感じで新しい命ができるとすると、この株全体からいくつの新しい株が生まれることになるのでしょう。

拾ってから半年ちょっと。
この植物に魅力を感じるのは、こういうところです。
いずれは花を付けてくれることでしょう。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年10月07日 10:25
大きくなりましたね。我が家のは近い仲間の子宝草ですが、こちらも面白いです。今2年目です。
2009年10月07日 11:24
もうこんなに育っていたのですね~♪
我が家の子宝草もあちこちに子孫を増やしています。
この葉から芽は、花が咲くのでしょうか?
ミントのみん
2009年10月07日 19:53
>kazuyoo60さん、
子宝草の方が小さくていいかもしれません。

>おばブーさん、
花は1-2年だか2-3年、咲かないようです。
花といってもあまり綺麗とはいえない花だと思うんですが、きっと私が見たら綺麗なんだと思います。(笑)
2009年10月08日 19:50
植え替えも無事に済み、みんさんちの子に正式なった感じですね♪味のある鉢です。
ぜひ花を咲かせてアップしてもらいたいなぁ。家ではいつも冬に枯らし(苦笑)、葉一枚からリセットしていたので…。
ミントのみん
2009年10月08日 21:18
honeyoneさん、
冬に枯らしてリセットする方法が最良かもしれません。
いつも行っている美容院にあるのですが、丈をこんなに伸ばさず、もっと小型で5-6本に分かれていました。
むむ、その方が安定する・・・。
今になって、丈を伸ばさないで切ればよかったんだと思っています。

沖縄でみたセイロンベンケイソウは、崖っぷちに生えていたりして、猛烈でした。(笑)
花も、豪華という感じではなくて。
とりあえずここまできたら一度室内で越冬させてから考えることにします。

この記事へのトラックバック