金木犀の季節

庭の金木犀が、満開に近くなっています。

金木犀この香りは、この時期そのものの香りです。
毎年ほんの一時で終わってしまうのですが、だからこそこの一時が大切です。

子どもの頃大切にしていたおもちゃの指輪に、こんな小花がついていたような気がします。

金木犀蕾の時にはほとんど存在に気付きません。
10月の初め、「うちの金木犀には蕾がないな~」と思っていたのに、あっという間に花がいっぱいになりました。

先日の台風の通過時、我が家の金木犀はまだ蕾で、金木犀にとってはタイミングよく台風が通過したと言えるようです。

金木犀毎年、花後に剪定しています。

この後、花が散るのはさびしいですが、周囲を染める金木犀も風情があります。

さて、少し厚手の衣類も出すことにしましょうか。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2009年10月11日 11:19
大きな木で沢山咲いて、さぞ良い香りでしょう。
寒くなりました。朝夜は冬物が欲しいですね。
2009年10月11日 19:46
この香りが漂うと、ついつい空を見上げてしまいます。
あちこち歩いていると、いい香りに誘われますね。
そろそろ衣服も変えないといけない季節ですね。
ミントのみん
2009年10月11日 20:35
>kazuyoo60さん、
あまり大きくできないので、選定はしています。私の背よりはだいぶ高いです。

>おばブーさん、
帰宅する時通る道で、暗くなっているので見えないのに香りがするところがあります。
この香りは、季節を感じますね。
N
2009年10月12日 11:02
澄んでゆく冷涼な空気の中、木犀の薫りは旅立ちを誘います。
月が白く輝きを増し、まばらな雲を照らすようになりました。

あと何回、この香、気持ちを感じることができるだろう。
とどまらざるを得ない現実に、今年も息苦しさを感じてしまいます。
人にも、渡りの本能が残っているのでしょうか。
ミントのみん
2009年10月12日 19:35
Nさん、
木犀の香りは、何気ない生活に何か刺激を与えます。
私はこの香りで一度立ち止まり、冬への準備を始めているようです。気付いたら毎年。平凡ですね。
bluepoint
2009年10月12日 22:45
私のマンション横の金木犀も、今、見頃です。
仕事から帰ると、真っ暗なのですが、子供と一緒に、金木犀の香りを楽しんでいます。。
この香りは、秋を感じますね。
ところで、子供の頃、銀木犀を見たことがあるのですが・・・
あまり、咲いていませんよね。。
ミントのみん
2009年10月12日 23:14
bluepointさん、
「お仕事の帰り、暗くて見えないのに、香りがして気付かれる」というご様子、よくわかります。近所の木がそうです。

銀木犀の方が少ないのではないかしら。うちの周りにもあまりありませんが、たまに見かけます。
香りも金木犀より弱いですよね。でも上品な感じがして、いいなと思います。
2009年10月13日 14:16
この時季は香りの探偵のように、香りから金木犀の位置を探し当てては犬かと自分に突っ込みを入れるほど。おなじみの金木犀の暖かな色の花をみると不思議と落ち着きます。
みんさんと同じに衣替えや寝具の入れ替えもこの香りに促され始めています♪
ミントのみん
2009年10月13日 22:31
honeyoneさん、
「香りの探偵」とは、いい表現です。
金木犀の前を通る時に、思い出しそうです!

この記事へのトラックバック