晩秋のピーマン

寒くなりました。
夏ならピーマンの画像は暑さを感じるはずなのに、どこか寒々しい画像と感じるのは不思議です。

ピーマン先月、「もうそろそろ終わりかな」と思って収穫をしたピーマンですが、放置していました。

寒くてかわいそうと思いながら今日見たら、なんと豊作。

ピーマン1株に、食べられる大きさの実だけでも15個成っていました。

鉢に1株だけ植えるので、ここのところ毎年丈夫な「京鈴」という品種を植えています。
薬をかけずに、たくさんの実をつけてくれるので、素人でも、狭い場所でも、ラクチンです。
庭でできたピーマンは素人製という感じが否めませんが、やはりとれたてのフレッシュなピーマンの香りはよいものです。

今年もありがとうと、感謝したいと思います。

ハバネロとの交雑はあるのだろうかと半分期待していましたが、今のところ辛いものはありません。
寒くなってくるとこの手の株を枯らさなければならず、さびしくなってしまいます。

自家製ピーマンとハバネロ寒いので、ちょっとホットに料理しましょう。

少し小さめですが、肉厚です。
採れたてのピーマンは、切った時、甘くてフルーティーで、何とも言えないいい香りがします。

ハバネロも、今夜は越冬させる一部の鉢を、室内に入れました。

肉だんごの野菜炒め甘酢あんかけ肉だんごの野菜炒め甘酢あんかけです。
甘酢あんとハバネロも、よ~く合います。

ピーマンの収穫もあとちょっとかもしれません。
自然に感謝しながら、冬を受け入れていこうと思います。

この記事へのコメント

N
2009年11月12日 23:17
ピーマン、素敵な「裏切り」でしたね!
鮮やかな緑色が、ハバネロのオレンジと共に映えて、なんだか、楽しい気持ちになりました。

お料理もきれい。身も心も温まりそうです。
どうもありがとう。
ミントのみん
2009年11月13日 07:07
Nさん、
並べてみると、やはり「仲間」ですね。
切った時の甘い香りも。
もちろん、ハバネロは毎回先っちょを食べています。
先っちょを食べたくて、一部を早めに室内に入れました(笑)。ありがとうございます。
kazuyoo60
2009年11月13日 10:56
ピーマン艶々です。美味しいでしょう。
ハバネロもお作りですか。まさか、ハバネロをこんなに沢山使われるのですか。辛いのがお好きなのですね~。
ミントのみん
2009年11月13日 20:42
kazuyoo60さん、
採れたてのピーマンは、香りが甘いのです。
甘いだけでなくて、果物のような新鮮さがたまりません。ハバネロは、あまり辛くなくなってきました。なぜでしょう。
Tsuyako
2009年11月15日 15:15
こんにちは。
ピーマンもこんなに実ってるんですね。
ホント、ハバネロと仲間なんだ。
お料理も美味しそう。今日作ってみようかな。
ミントのみん
2009年11月15日 18:00
Tsuyakoさん、
この品種のピーマンはとても丈夫で、晩秋までたくさん実をつけてくれます。
今朝は生の千切りで食べました。採りたて、切りたては、本当に甘い香りで、おいしいです。
2009年11月16日 18:57
沢山成りましたね。ピーマンの恩返し??
こうしてきちんと食卓にのり、食すことは大切なことだなぁとみんさんの記事を見て改めて思いました。
ミントのみん
2009年11月16日 22:20
honeyoneさん、
>きちんと食卓にのり
きちんととは、ちょっとお恥ずかしい。
でも、カンタンに、一番いいのは生で頂くことです。
自然の恵みは素晴らしいですね~。

この記事へのトラックバック