梅干しの赤紫蘇

先月漬けた梅干しに、先日赤紫蘇を入れました。

梅干しを漬け始めて15年くらい経つでしょうか。
すっかり「季節の行い」になりました。
あまり余裕もなかったので、2キロのみ漬けました。

赤紫蘇投入梅酢がよく上がり、赤紫蘇を入れました。

容器が大きく見えますね。
赤紫蘇投入の作業が一番手間がかかるのですが、2キロ分だったので、1時間ほどで終わりました。

庭の赤紫蘇赤紫蘇はいつもの店でよいちりめん紫蘇を購入します。
でも庭に自然に生えてくる赤紫蘇も、必ず使います。

これは少量ですが、庭のもの。
自家製梅干しも、これでもっと身近なものになります。
数年前、ちりめん赤紫蘇を蒔いたのですが、最近は「ちりめん」ではなくなっているようです。
私は6月に梅を漬けて、だいたい6月末~7月初旬に赤紫蘇を投入します。
でも、梅が出回るのとそれほど変わらない時期に赤紫蘇が出回り、遅れると、店に赤紫蘇はなくなってしまいます。
梅干し作りの時期に赤紫蘇の生産を合わせて、管理されているのでしょう。

庭の赤紫蘇庭の赤紫蘇はこぼれ種から育つということもあり、最盛期は真夏です。

庭の赤紫蘇はまだまだ子ども。
脇芽が出るように、葉の上の部分を摘み取り、その後種を散らすようにしています。
これで梅干し用に摘んだ後、1か月もしないうちに茂るように成長し、8月になると毎年、「なぜ今大きくなるの?梅干しに入れた~い」と思うのです。
ちょっとの時期のズレが、残念・・・。
青い紫蘇と違って、他ではあまり役に立たないし。

土用干しの後に赤紫蘇を漬け加える方法もあるとききますが、そちらの方が自然の理にかなっているような気がします。
梅干しに赤紫蘇を入れる時、どこか腑に落ちない感覚でいます。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2010年07月11日 08:55
赤シソジュースも美味しいですよ。赤シソは土用前の方が良い色が出るとある所で見た記憶があります。梅漬け下手なのでしませんが。
ミントのみん
2010年07月11日 09:39
kazuyoo60さん、
土用前に投入するのが圧倒的多数?に支持された工程なのでしょう。
もっとたくさんの赤紫蘇が庭でとれれば、土用後に挑戦したい気もします。時期を外すとなかなか手に入らないので。
初めて梅干しを漬けた時に赤紫蘇を早く買いすぎてしまい、赤紫蘇ジュースをつくったことがあります。その時アクの取りきれずに失敗し、その後敬遠しています。うまくつくればおいしいでしょうね。
2010年07月13日 23:19
梅干に赤紫蘇、たくさん入れられるのですね。
私はチョコッとケチって少なめにしました。
残した赤紫蘇でシソジュースを作って楽しみましたよ(もうない・・・)。
赤紫蘇を入れる時期って明確に書かれていなかったので、手に入れてすぐに漬けちゃいましたが、いろんな漬け方があるのですね~
今年の梅がうまくいったら、来年はいろんな方法に挑戦してみたくなっています・・・鬼が笑うでしょうか・・・
ミントのみん
2010年07月14日 12:28
おばブーさん、
赤紫蘇は、特定の時期でないと売っていないのです。
ちょっと遅れると、なくなってしまいます。
買ってから保存しておくわけにいきません。
私は「明日やるぞ」と決めて、休みの前日、勤め帰りに買って帰ります。タイミングが難しいんですよね。
2010年07月20日 15:20
ミントのみんさんこんにちは~
自家製シソを使うって理想ですね~
庭の赤紫蘇の写真が家のと同じサイズで安心しました。
スーパーには、立派なのが売ってましたから、
「家の遅い~」と不安だったの。
繁ったら赤紫蘇ジュース作りたいんです。
ミントのみん
2010年07月20日 22:18
た~らこさん、
あっという間に梅雨明けしてしまいました。まだ干せずにいます。
赤紫蘇、暑くなって茂りますよね。赤紫蘇ジュース、うまくいくといいですね。

この記事へのトラックバック

  • 梅の土用干し

    Excerpt: 猛烈な暑さの中、梅を干しました。 Weblog: ミントのみん racked: 2010-07-22 15:08