自家製ダメピーマンに、トウガラシ

庭には数種の実生の唐辛子が鉢植えになっています。
狭いところなので、交雑は覚悟の上ですが、品種ごとにできるだけ離して置いてあります。
その中に、ピーマンの苗もあります。

自家製野菜のサラダ・・・辛くなったピーマン、ハンガリアンホットワックス、ミニトマトで。先月、唐辛子の影響で辛くなったピーマンがありました。
メタキセニアというのでしょうか。
交雑すると種子にその遺伝子の性質が出ると思うのですが、メタキセニアとは、「植物の種皮や果皮など、胚乳(はいにゅう)以外の母系統の組織に、雄性の遺伝子の影響が現れる現象(Yahoo!辞書による)」ということのようです。

ピーマンを切っている時、つまみ食いして辛いことがわかりました。

朝さっさとつくった自家製の野菜のサラダでしたが、ピーマン自体が辛かった上に、自家製ハンガリアンホットワックスと一緒に生で混ぜ合わせたので、もう辛いったらありませんでした。

そんなこともあったので、その後は「辛いピーマン」を期待してしまいました。

ダメピーマンこのピーマン、1株で沢山の実を付けてくれましたが、実が大きくならないまま赤くなってしまいました。
放置してしまったので、こちらの怠慢に他ならないのですが。

皮は分厚いし、どうみて「ダメピーマン」です。
でも、採りたてを生で食べる楽しみはあります。

今回、ピーマンを切りながら、付け根のところをなめてみました。
・・・・残念。ちっとも辛くありません。

自家製ピーマンの細切り、ハバネロひき肉トッピングこの、赤や緑のダメピーマンを細切りにしたら、意外と彩りよく、辛そうな感じにみえます。
生の香りはよさそうでした。
ここに、ハバネロ入りひき肉カレー風味のトッピングをしてみました。
おいしい!

実はこのトッピング、数日前のドライカレーの残りです。
豚挽き肉に、ハバネロ、玉ねぎ、しょうが、きのこ類などを刻み、コンソメでちょっと煮て、カレーパウダーで仕上げました。
ハバネロの香りと辛味がとてもおいしいのですが、この生ピーマンにもぴったりでした。

ダメピーマンも、ハバネロに救われたというレシピでした。

この記事へのコメント

われもこう
2010年09月11日 22:28
こんばんは
ハバネロ入りひき肉カレーのハバネロは未だ青いのですか?それともみんさんのところのはもう赤くなりました?
最近、カレー好きなはずの夫が激辛は実は苦手になっているようで(汗;)、こんなにできてどうするの?と言われてます。さぁ~~困ったヮ
ミントのみん
2010年09月11日 22:44
われもこうさん、うれしい悲鳴?ですね。

青い実がたくさんついていて、一部がオレンジに変わり始めたところです。
私はかなり周囲に分けました。あとは、丸ごと冷凍しました。冷凍したものは切りやすくて、加熱して使いましたが、香りもちゃんとありましたよ。
2010年09月12日 00:32
>ピーマン自体が辛かった上に、自家製ハンガリアンホットワックスと一緒に生で混ぜ合わせたので、もう辛いったらありませんでした。

ありがとうございます。何だか幸せな気持ちになって、にこにこしてしまいました。
ピーマン、赤いのも、20年くらい前から八百屋さんで見かけます。緑にくらべ、甘酸っぱさが強くてすてきです。

辛くなったピーマンも含め、いろいろな唐辛子。
これからも興味津々のレポートを、とても楽しみに待っています。

どうもありがとう。
kazuyoo60
2010年09月12日 07:48
うふふふ、暑くなると、それから秋になると、甘トオガラシでも辛くなる性質を持つようです。その程度の辛さなら、私にも大丈夫ですが。
ピーマンの熟したのは甘いですね。パプリカではなくて、そんな赤いピーマンも売っていますよ。
ミントのみん
2010年09月12日 08:46
>Nさん、おはようございます。
幸せですよね~。庭のもので、おいしいだのダメだの言っているんですから(笑)。
ピーマンが辛くなるのが密かな楽しみです。

kazuyoo60さん、
ししとうなら、もっといい確率で辛くなるのでしょうが・・・(笑)。
生で切りながら、辛さを期待してなめてしまう習慣が抜けません。
2010年09月12日 20:26
これは素敵なお料理ではありませんか~♪
ピーマンも辛くなるとは、ちょっと驚きですが、よ~く考えるとありえることですね。
ダメピーマンなんて可愛そうですね。立派な料理がとっても美味しそうですよ~♪
ミントのみん
2010年09月12日 21:23
おばブーさん、
ピーマン、実は沢山生るのですが、小さくて皮ばかり厚くて、硬いのです。
でも、採りたての香りはいいですよね。
まだまだ沢山生りそうなので、早めに収穫していきたいと思います。

この記事へのトラックバック