さらに豪華な、極楽鳥花

昨年友人から株分けしてもらった極楽鳥花に11月初めに最初の花が咲きました。
2つ目の花が咲いた時の記事はこちらです。

極楽鳥花(ストレリチア)長く蕾でいた3つ目の花が、今朝、咲きました。

右の花です。

極楽鳥花(ストレリチア)咲き始めは、この藍色の部分が濃くて、綺麗です。

花のつくりが、ちょっと難しそうです(苦笑)。
こちらに詳しくありますが、おしべは藍色の部分、先の白い部分が雌しべです。
この下の部分(仏炎苞)が膨らんでいますが、ここからもう数輪咲くように準備されているようです。

極楽鳥花(ストレリチア)これは2番目に咲いた花です。

最初1輪だったものが、手品のように2輪になりました。

極楽鳥花(ストレリチア)一番最初に開いた花です。

1輪→2輪→3輪と開いてきて、雰囲気がだいぶかわり、円熟味を増しました。
右が古く、左から新しい花が開いてきています。
さらに、もう1輪、開きそうな気もします。

活力を感じるだけでなく、思っていた以上に味わいもあって、驚いています。

この記事へのコメント

N
2010年12月04日 23:59
うつくしく、不思議な花ですね。
新しい花がどんどん咲いても、極楽鳥であることに変わりがない。

鶏冠が増えることで、みんさんが言われるように円熟味が増し、まるで雛から成鳥に、変わって行くように見えます。
2010年12月05日 05:47
自然の妙、どうしてこのように見事な造作になるのかと考えていくとやはり神様のなさる仕事だと思いいたってしまいます。花の美の極めガ楽しめますね。
ミントのみん
2010年12月05日 07:41
Nさん、おはようございます。
朝、3羽の綺麗な鳥がいて、うれしくなります。
親子のようになっています♪

目黒のおじいちゃん、
本当にそうですね。手もかけていないのに、こんなに美しいなんて、自然に感謝してしまいます。
kazuyoo60
2010年12月05日 08:26
ご自宅で咲きましたか。素晴らしいです。園芸店では見ていましたが高価でしたし、まったく無理だと思っていました。
豪華で立派な花、もちろん良く分かっています。
ミントのみん
2010年12月05日 21:17
kazuyoo60さん、
やはり園芸店では高価なのですね。
貴重な株、大切にしたいと思います。
われもこう
2010年12月05日 21:56
いやぁ~~豪華です♪
これは見ているだけで極楽にいる気分になれそうです。
花材として使うときは、当たり前と見てしまいがちですが、自分で育てたとなると愛おしさのひとしおでしょう。

パエリアも魚介と柑橘のいい香りがこちらに漂ってきました。ごちそうさま~~~^^
ミントのみん
2010年12月05日 22:55
われもこうさん、
花を育ててみると、切り花を飾るというのがどれだけ贅沢なことなのかわかりますね。
その分ありがたみを感じながら、花を生けることができます。
さら
2010年12月07日 13:14
日曜に大町動植物園の温室休憩室にも
鉢植えで植わっておりミントのみんさんの
所も、こんな感じで咲いてるのかしら?と
思っておりました。とても綺麗ですよね。
あとパエリアもホント美味しそうでした☆
ミントのみん
2010年12月07日 21:41
さらさん、
プロの方が育てるのとは全然違う出来でしょうが…。
サフランはもっともっとたくさん植えたいです。
2010年12月08日 12:52
切り花で極楽鳥花を使ったことがありましたが同じ所で次々と重なって咲いて行くとは知りませんでした。
ゴージャスの上にゴージャス…すごいですね♪
みんさんが育てているのを見せて頂くだけで更にこの花を見る楽しみが増えました。ありがとうございます。
ミントのみん
2010年12月09日 00:22
honeyoneさん、
育ててみないとわからないことって、多いですよね。
来年、この株が大きくなることを考えると、ちょっと怖い気もします。
2010年12月13日 15:18
こんにちは
極楽鳥花が家で?!
とびっくりです。
植物園で見るものでしょ?びっくり!
ゴージャスです。ステキです。
長くさいてるんですね。
ミントのみん
2010年12月13日 22:19
た~らこさん、
そうなのです、家で観られるのですよ。
価値がわかっていただけて、うれしいです。

この記事へのトラックバック