淡いグリーンのクリスマスローズ

12月になり、早咲きの原種系クリスマスローズ‘アウグチフォリウス’ が少しずつ動き出しました。

アウグチフォリウスうわ~。

なんと、温かそうな。


アウグチフォリウス自然のままの淡いグリーン。


冬の光は、一瞬一瞬、微妙にその表情を変えて見せてくれます。

アウグチフォリウス下を向いて咲く、クリスマスローズ。
花を観るには、こちらが地面にうんと近づかなくてはなりません。

葉は、他のクリスマスローズよりもさらに硬く、周囲のぎざぎざがとても鋭くできています。
素手で触ると傷になる上、かぶれを起こしやすいようなので、皮膚の弱い私は気をつけています。

3年前に植えたものですが、シーズンオフでもぎざぎざの葉は地上に残ります。
そのため実際には、素手で触れることができない株の存在感は、意外と大きいかもしれません。

素朴な花と鋭い葉、その対照的な姿も面白く感じます。


アウグチフォリウス周囲はどんなに動いても、このクリスマスローズの動きはとてもゆっくりしています。

そして、素のままのグリーン。

来年も、素の自分に戻れる場所として、ミントのみん、のんびりと続けていきたいと思います。

この記事へのコメント

N
2010年12月30日 23:28
素敵な緑色ですね。

他の花が、まるで視線に迎合するように、うつくしく装い、色を、香りを変え、密を溢れさせる中、この花は、ひとり、うつむいたまま、かたくなに、自分を、まもっている。

こころをひらいて、こちらを向いてと、ここまで、言いかけて、息を、のむ。
きみは、うつくしい。


おもわず、そんな言葉が、浮かんできました。
みんさん、来年も、うつくしい写真と言葉、楽しみにしています。
ミム
2010年12月31日 00:16
みんさん、きれいですね~。淡い緑ってとても魅力的です。うちのクリスマスローズはどうなってるかな~。なまけてちょっとほったらかしでした(反省)

いつも素敵なお花の紹介ありがとうございます。
ミントのみん
2010年12月31日 07:04
Nさん、おはようございます。
花より美しいコメント、ありがとうございます(笑)。
何があっても黙って自然な姿を保つこの花、芯の強さを感じたのでした。見習いたいです。

>ミムさん、
原種系のクリスマスローズなので、咲き始めが早いのです。ミムさんのお宅のものは、たぶんこれからでしょう。冬もこんな花があるのはうれしいです。
来年も、よろしくお願いします。
kazuyoo60
2010年12月31日 08:24
とても上品です。今咲くのが本当のクリスマスローズですね。
葉で傷が出来るほどですか。かぶれるのはもっと困られますね。
いろいろ有難うございました。来年もよろしくお願いします。
owl
2010年12月31日 10:03
あたたかそう、の表現がまさにどんぴしゃ
ですね^^
いい色です、和みます。
ゆっくりとその場所で、なんかいいですね。
よいお年をお迎えください。
ミントのみん
2010年12月31日 20:52
>kazuyoo60さん、
このぎざぎざは、本当に鋭いのです。周囲の草を取るのも大変なくらいです。来年もよろしくお願いします。

>owlさん、
根を張って動かない植物から、教えられることはたくさんあります。この花も地味ですが、なごみます。
来年も、どうぞよろしく。
2011年01月01日 15:35
原種系ってのに惹かれる私です。
派手さのない、でも主張する・・・
チューリップも原種系を育てて、喜んでいます。
ミントのみんさんのクリスマスローズを見て、家のも見なきゃと思いました。
ここのところ、ついつい寒くて庭をじっくり見てないから。
ミントのみん
2011年01月01日 23:37
た~らこさん、
私も原種系のチューリップが好きです。魅力ありますね。他のクリスマスローズはこれから花芽があがってくるのが楽しみです。
2011年01月03日 21:05
明けましておめでとうございます。
もうクリスマスローズが花を咲かせ始めているのですね~。
早咲きとはいえ、嬉しいものですね。
我が家は・・・相変わらず動きがありません・・・。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
ミントのみん
2011年01月04日 22:37
おばブーさん、
まだこれからですよね。我が家のオリエンタリスは蕾が上がってきていました。これから一気にくるかな。
今年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック