咲きだした西洋サクラソウ

寒い時期に春を待つ中、種から育つ西洋サクラソウには心打たれます。
種から昨春咲かせたその鉢に、また今年も花を付け始めました。

西洋サクラソウ この冬の寒さの中、気持ちがよさそうに咲いているようにも見えます。

それにしても、カラカラになった花をパンパンと叩いただけで翌年こうなるんですから、不思議です。

種が土の上に落ちているので掘り起こせず、肥料もやっていません。

西洋サクラソウ我が家のこの品種、プリムラ・マラコイデスだと思うのですが、オトメザクラという和名もあるようです。

花の一つ一つが、桜の「マーク」を連想させるくらいシンプルで可愛らしいのです。

蕾が沢山待機しているところが、春が近いことを感じさせてくれます。

西洋サクラソウ昨年、種を地面に蒔いた(正確には「散った」?)ものと鉢に蒔いたものでは、成長が全然違いました。
地面から出てきたものは、花こそ咲いたものの、ミニチュア状態でした。
種を分けてくれた人からも同じように「地面に蒔いてもうまくいかない」と言われました。
たまたま、我が家とその人だけの経験なのかもしれませんが、不思議です。

花後、すぐに発芽した種や、一旦休眠状態に入った種があったようですが、暑さをうまくクリアした種や株だけが次の年に生き残っている状態ではあるため、その辺の生き残りの条件が影響しているのでしょうか。
それとも単に、庭の肥料分が足りないだけなのか・・・(苦笑)。

西洋サクラソウの蕾蕾です。
この白っぽい感じが上品に見えるのですが、かぶれを引き起こすようです。

皮膚が弱いのでいつも手袋をしているせいか、今のところは大丈夫。
ふと庭に出た時に誘惑に負けないように、気持ちも防備しなくては。

この記事へのコメント

2011年01月23日 19:45
咲き出したのですね~♪
我が家の花は、今年は休眠・・・???
まだ葉っぱも登場しません。
毎年忘れた頃に顔を出してくれるのですが、雑草と一緒に新芽を摘んじゃう輩がおりますのでね・・・私ですが・・・汗。
日本サクラソウもあるのですが、植え替えようとしているところです・・・。
春には可愛い花を見せてもらえるか、ちょっと心配です・・・。
ミントのみん
2011年01月23日 22:22
おばブーさん、
種蒔きからの西洋サクラソウ、いいですよね。
この株は、花後に蒔いた(散った!?)種から発芽しましたが、夏に何度か枯れては新たに出でくる、ということを繰り返しました。
タイミングよく暑さを乗り越えた株が現在に至っていて、なかなか強い植物ですよね。
このあとに出てきても十分イケると思いますが、楽しみですね。新芽、摘まれないように・・・♪
kazuyoo60
2011年01月24日 10:40
健気ですね。とても可愛いです。
この白い粉のようなのが特徴ですね。少しは寒さよけになるのかな、勝手に思っています。オプコニカはカブレル方があるとネットで見ましたが、マラコイデスでも--、ご注意くださいね。
はっぱ
2011年01月24日 17:48
みんさん
可愛らしいですね。
桜草は名前も姿も愛らしいです。
昔、昔
実家の近くに家の庭中、マラコイデスだらけの
家がありました。
毎年、毎年、桜草だらけ・・・
こども心になんて素敵なんだろうって思いました。
だから、地面でも、がんばれると思うんです。
ミントのみん
2011年01月24日 21:18
kazuyoo60さん、
化粧桜、とも言われるようですけど、なるほどという感じです。自己防衛なんでしょうね。

>はっぱさん、
地面をちゃんと整えてあげればいいのでしょうね。
いつかはきっと…。
マラコイデスの鉢が沢山あるうちは近くにあるのですが、あの雰囲気も好きです。
種でふえる植物のよさかもしれませんね。
2011年01月26日 09:30
かわいいですね。
春を感じますね。
この冬は冷えるので、花が少なく、はなを見るとうれしいですね。
葉っぱの白いの、私、うどん粉病と思ったことがあります(笑)
ミントのみん
2011年01月27日 06:50
た~らこさん、
冷蔵庫より低い温度で咲いているようなものですから、花の進み方がおそくて、凍りついているみたいです。
この時期は梅雨時や夏にくらべて病気が割と少ないのがいいですね。うどんこだったらぎょっとしますね(笑)。
2011年02月01日 03:04
西洋サクラソウの花、本当に可愛いですね!
サクラソウは夏の暑さには弱いですが、冬から春先は陽だまりや縁側などの日の良く当たる場所に置くと、良く成長して沢山花芽を付けてくれます。
この優しいピンクが、一足早い春を告げてくれますね!
ミントのみん
2011年02月01日 06:56
yanyandalianさん、おはようございます。

本当に、寒さには強いようです。yanyandalianさんのところのような寒さにも、お日様の当たるところでよく成長するのですね。
この時期、咲き進み方がゆっくりなところがとてもいいです。

この記事へのトラックバック