地面でイキイキ、君子蘭(クンシラン)

義父に譲り受けて何年になるでしょうか。
まさかと思っていた屋外での越冬に成功してから、毎年地面にこの時期、大輪の花をいくつもさかせます。

画像ちょうど、金木犀の木の下で、直射日光の当たらないところに植え込んであります。

大輪で、色も濃く、地面に根を張って気持ちがよさそうに咲いています。

室内で咲かせるよりも時期はだいぶ遅くなりますが、本当にパワフルです。
私はむしろ、この時期にぴったりと思っています。


画像ただ、横浜の我が家だから屋外での越冬に成功したようで、もう少し北だと、枯れてしまうようです。

水を得た魚、というのも変かもしれませんが、ここが気に入っているようで、色濃くツヤツヤしています。
日陰のスペースが、輝いているようです。

この記事へのコメント

2011年05月04日 23:47
君子蘭を地植えですか?
驚きですね~。それに花の色が鮮やかでとてもきれいです。
我が家の君子蘭は昨年家の中に取り込むのが遅れた為、葉っぱがかなり傷みました。
挑戦してみたいけど、川口で地植えしたら確実に枯れますね(笑)
ミントのみん
2011年05月05日 07:24
ブルーデージーさん、
まさか地面に移して大丈夫とは思いませんでした。
でもこうなると、根が鉢の中にパンパンになってしまう状態より気持ちがいいだろうということを実感せずにはいられません。
でもやはり、ここが限界地点かなと思います(苦笑)ので、試されない方がよいかと思います。
kazuyoo60
2011年05月05日 09:56
鮮やかです。沢山咲いてくれましたね。寒さにも直射日光にも注意が必要な子ですものね。奈良では無理と思います。羨ましいです。
2011年05月05日 20:10
お見事です~♪
あちこちで鉢植えはよく見かけますが、地植えにされているのですね。
それにしても、花数が多いですね~。
ミントのみん
2011年05月05日 23:00
>kazuyoo60さん、
そう、直射日光はダメだと思います。うちは日陰も多いのですが(苦笑)、特にこの場所はひっそりとしているので、この花の存在は大きいです。

>おばブーさん、
これと、もう1か所別の場所にもあります。
フジバカマに邪魔されて花が綺麗に顔を出していないので、アップをあきらめました。でもそちらの方もとても元気です。
はるぞら
2011年05月06日 12:12
こななに見事に咲いている、君子蘭はじめてみました。鉢植えのがありましたが、花が咲いてくれなくて駄目になりました。
凄いですね、、、
ミントのみん
2011年05月06日 19:16
はるぞらさん、
ありがとうございます。
鉢だとどうしても、根がパンパンに張ってしまいますものね。ラッキーだったのでしょう。
N
2011年05月07日 10:33
直射日光に弱い、ランの仲間ですよね。
けれど、この輝き。「日陰の花」ならぬ、「太陽」のようです。

苦しい時、辛い時、逃げ場のない時に、この花のようにその場に根を張り、どっしりと、きらきらと、元気を放つ存在になれたらと、夢を見てしまいます。
どうもありがとうございます。
われもこう
2011年05月08日 07:15
素晴らしい!見事な色合いと花数ですね!
以前母が鉢で育てていましたが、重い鉢を出したり入れたり、室内に置く場所もなくなりとうとう処分しました。
庭に植えるという発想は無かったです(^^;)

アマリリスを庭に植えましたが、やはり冬場の霜にやられるようです。

↓の土岐も素晴らしいです。
クレマチスのつぼみが膨らんでくる季節で楽しみいっぱいですね♪
ミントのみん
2011年05月08日 10:43
>Nさん、
ラン科ではなく、ヒガンバナ科のようです。花はツツジに似ています。でもやはり直射日光は苦手だと思います。
様子を見ていると、こういう場所が好きなんじゃないかなと思うほど、どっしりとしてたくましいです。

>われもこうさん、
普通、庭には植えませんよね(苦笑)。
鉢は重くなるし、ぱんぱんになるし。
アマリリスも地植えしましたが、葉は枯れなかったのにいまだに花が咲きません。
これからしばらく、クレマチスやバラの時期、楽しみです。
Bluebell
2011年05月10日 13:47
みんさん
こんにちは!
クンシランとってもよく咲いていますね。
家のは、鉢替えをしていないので
花が一本でるのが精一杯のようです。
以前はあまり好きでなかったのですが
今では毎年楽しみなんです。
何だか、以前の持ち主の方と心が通うような
そんな気がします。
みんさんのお父様ともきっとそうですよね。
植物の力ってすごいなあ!
ミントのみん
2011年05月10日 20:57
Bluebellさん、
>以前はあまり好きでなかったのですが
というのも、よくわかります。
我が家でも、ちょっと1つ雰囲気が違う花です。
譲り受けたものって自分では決して買わないものが多くて、それのどこを自分が気に入って育てようかと考えるのも、最近楽しくなりました。

この記事へのトラックバック