クレマチス‘Belle of Woking’

やわらかでしっとりした、クレマチス‘Belle of Woking’ が咲き続けています。

画像花弁がガクであるというクレマチスですが、本当にガクから花弁に変化していくような感じさえ受けます。

若い、こんな感じもとてもいいし・・・。

画像広がってきた時の感じも、豊かな気持ちにさせてくれます。

とにかく、やわらかい色、雰囲気に、うっとりします。

画像今回、面白い状況に出くわしました。

蕾を、蔓が巻いてしまったのです。
クレマチスはご存じのとおり、蔓から出た葉の付け根の部分でグルグルと他のものを巻いて、つたっていきます。
その巻き方は、かなり力が強いようです。

葉の付け根は切ってしまっても大丈夫ですが、蔓自体は切れません。
ちょっと緊張しましたが、こんな状態は可哀想なので、巻いている部分を取り除きました。

画像取り除いた直後の様子です。

ああ、よかった。

花が少し開いた感じがしました。

画像その2日後。

ああ、よかった。

画像真中の花が、グルグル巻きになっていたものです。

ああ、よかった。

大好きなこのクレマチスが咲く時期が、いつまでも続いて欲しいです。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2011年05月12日 08:05
綺麗な色、八重の花弁も多くて素晴らしいです。ガクと分かっていてもです。
助け出された花も他のも、沢山咲いて良いですね。
2011年05月12日 21:22
ひさしぶりのブログ散歩です。
今までの履歴みたいのがなくなってしまって、ミントのみんさんの所に行き着く方法がわからなくなっちゃって・・・。
クレマチスのあわい色の欲しくなりました。
あ、クンシランの地植え越冬に成功しました。
ただし、花はないです。
名古屋はけっこう伊吹おろしが冷たく、雪も降るからね~。ちょっと酷だったかなあ。
いえ、きっと慣れて来年は花をつけると・・・。
ミントのみん
2011年05月12日 22:39
>kazuyoo60さん、
この花、おとなしいのだけど豊かな感じがして、とても好きなのです。
クレマチスの絡み方、かなり力がつよいですね。

>た~らこさん、
根と葉が越冬したのですね。
根がしっかりしていれば、来年もしかすると成功するかもしれないですね。楽しみです。
2011年05月13日 20:31
クレマチスの季節ですね。
我が家でも昨年小さな苗を地植えしましたら、今年はびっくりする位蔓が延びて来て、気が付いたら隣のバラの蕾にからんでいました。
元気がよくて嬉しいのですが、あれあれと苦笑いでした(笑)
思いがけない事も楽しいですね。
ミントのみんさんのクレマチスも優しそうなのに力強いですね。
人間もこうなりたいものです。
ミントのみん
2011年05月13日 22:40
ブルーデージーさん、
クレマチスの蔓が、絡んで欲しくないところに絡むと、外すのは結構大変ですよね。
たしかに、私もこの根性を見習いたいです(笑)。
2011年05月14日 13:04
ベルは確か美女だと以前の記事に出ていましたね。華やかで逞しい??美女がさっそう登場です。クレマチスの季節ですね♪この色で八重咲き素敵です。
私も先日放置したクレマチスのツルをほどいたばかり…簡単な仕組みで絡み付いているのにしっかりと巻いていてかなり手こずりました。花も解放され本当に良かったです。
2011年05月14日 14:21
こんにちは~
こんな素敵な色のクレマチス、はじめてみました。
何かうっとりして見せていただきました。
ミントのみん
2011年05月14日 20:55
>honeyoneさん、
そう、美女ですよね。本当に優雅です。
クレマチスの蔓、本当に、面白いようにうまく絡みついていますよね。

>はるぞらさん、
この色、数年前に一目ぼれして衝動買いをしたのが始まりなのですが、付き合えば付き合うほど好きになります。奥が深いです。

この記事へのトラックバック