時を超えた「かりん」~その2~

かりん酒に10年漬けてあったかりんの実を、ジャムにし、さらにケーキにしました。
昨日の記事の続きです。

画像ジャムの見た目は悪いのですが、ケーキはおいしくてうれしくなりました。

ただ、このかりんジャムはパンには合いそうもなく、ヨーグルトに合わせてみようと思いました。


画像ヨーグルトは、いつも買っている「脂肪0%」を謳っている、安い(笑)もの。
それに、白ごまを振りました。

白ごま「あり」でも「なし」でも、とてもおいしかったです。
フルーティーで、粒々が残っているところが、ヨーグルトの食感に変化を付けていました。

地味だけど、オリジナリティの高さに自分でも唸ってしまいました…ふふっ(笑)。


画像そしてさらに驚いたのが・・・。
パンにはとても合いそうにないと、昨日の記事には書いたのですが。

なんと、とてもおいしかったのです!
アンデルセンのおいしい食パンだったからでしょうか。

食べることに夢中になってしまい、おいしさの説明が全く論理的にできないところが、なんとも情けないのですが…(苦笑)。

残ったジャムをどうしようかという悩みが、「すぐになくなってしまう」というセコい心配に変わってきたのでした(笑)。

このジャム、見た目が悪くてジャムっぽくないのですが、先の記事でkuuさんが「液体のオリゴ糖にしばらく漬けておくとジャムっぽくなる」と教えてくださいました。
kuuさん、ありがとうございます。
今からでは甘さが変わってしまうかもしれませんが・・・、液状のオリゴ糖を買ってきて漬けてみようと思います。
買ってくる前になくなってしまったりして・・・・(笑)。

追記
この後ですぐ、オリゴ糖を追加しました。すでに砂糖が入っていますが甘さはかなり控えめだったので、少し。
すると、パサつきはだいぶ落ち着きました。お腹にもよさそうです。
kuuさん、ありがとうございました。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2011年05月26日 14:47
味を想像されて、美味しい食べ方をあれこれ見つけられました。せっかくなら美味しく戴きたいですね。
N
2011年05月27日 15:29
おお、ほんとうに、素敵な発見でしたね!
ジャムは見かけによらない、ですね(笑)

でもやっぱり、普通の発想では、なかなかこうなりません。みんさんの、いつも興味津々で、好奇心を実践に移す行動力と、試行錯誤を楽しまれる発想力が、素敵です。それに・・・

その一部始終が、この日記を通じて、楽しさと、幸せを、運んでくれて、感謝です。これからも、お料理や唐辛子の、チャレンジ日記、お花の日記と併せて、どんどん書いてくださいね!
ミントのみん
2011年05月27日 21:40
>kazuyoo60さん、
そうです、せっかくなら美味しいほうがいいです。そしてうまく再利用できたという満足感もあります。

>Nさん、
ありがとうございます。ああ、うれしいです。
うるうるします…。
共感していただる喜びも感じます。ありがとう♪
2011年05月29日 11:48
時を超えた「かりん」楽しく拝見しました。いつものみんさんらしく試行錯誤モードバリバリ♪パンにも合うとのこと嬉しい発見ですね。
皆さん色々な知恵をお持ちで楽しいつながりにこちらまで嬉しくなります。
ミントのみん
2011年05月29日 20:06
honeyoneさん、
美味しいものがあると、食事が楽しみになるものですね。食べることばかり…です(笑)。

この記事へのトラックバック

  • 時を超えた「かりん」

    Excerpt: 漬けて10年は経っていると思う、かりん酒があります。 Weblog: ミントのみん racked: 2011-05-26 14:41