自家製ジョロキアを使ったサルサソース

越冬株のジョロキアの実が、いくつも真っ赤になりました。
画像ああ、怖ろしい色と形。

採らないと。使わないと。 


画像野菜も色々あるので、サルサソースにしようと思いました。
余談ですが、キッチンのリフォームをしたので、料理するのが快適です。

玉ねぎ、トマト、セロリ、ピーマン、にんじん、にんにく、レモン、香菜(パクチー)と、ジョロキア。
これらをみじん切りにし調味料を混ぜるだけ。

調味料は、家にあったバルサミコ酢、リンゴ酢、サラダオイル、塩、黒胡椒、黒砂糖、オリゴ糖、レモンを絞った汁です。
これはもう、素人の自己流です。
色々アレンジ可能ですね。


画像さて、ジョロキア。

先っちょをなめてみましたが、針で刺したように痛かった・・・。
確かに、ハバネロよりずっと辛いです。
ただ、目や鼻への刺激はほとんどありませんでした。

手袋をしてみじん切りにしました。

今回使ったのは、1/3個~半分で、残りは刻んだまま冷凍庫へ。


画像調味料を刻んだ野菜に混ぜてできあがりです。

バルサミコ酢を使ったので、色はトマトの色ではなくなってしまったのですが・・・。
綺麗な色を保つのなら、色の付いていない調味料の方がいいかもしれません。

香菜(パクチー)が効いています。
今はベランダにないのですが、秋にまた蒔こうと思います。

コクもあるし、酸味と甘みの中にキュッと尖った辛さのジョロキアが効いていて、うまく行きました。


画像少し置いて、味をしみ込ませました。

昨夜はこれを生鮭のホイル焼きにかけました。
さっぱり目の蒸し焼きに、ジョロキアの尖った辛さとにんにくがよく合いました。

これは、たまりません。
ジョロキア、いい~!
こんなにも奥行きを感じるソースができるとは。
やはり、トウガラシにはまると、抜け出せそうもありません。

食欲の方が勝っていて、気付いた時には食べ始めていて、写真を撮り忘れましたが(苦笑)。
冷奴にかけても、おいしかった。
朝食のサラダにかけたのはよかったのですが、にんにくのにおいを消すのに苦労しました(苦笑)。

瓶に3つ半くらいできたので、お隣さんにもおすそ分けできました。

この記事へのコメント

2011年09月01日 08:15
これはまた、お料理が一段と引き立ちそうですね。
生鮭のホイル蒸し、塩胡椒と単純だったけれど、こういうのもよさそうですね。
kazuyoo60
2011年09月01日 10:28
素手では触れないのでしょう。ジョロキアの鮮やかな赤、それにしても辛いのばかり沢山ですね。
台所のリフォーム、私もしたいのですが、作業の多さを考えたら、もう良いかと思ってしまいます。
にりんそう
2011年09月01日 17:11
ジョロキア、そんなに辛いのですか・・・
見た目はこんなに色鮮やかな、かわいらしい感じですが。
夕べテレビで辛さが痛い、確かジョロキア
のことだったと思いますが放映してましたね。
私は見なかったのですが・・・。
辛いのは大すきな私です。
このサルサソースいいです。私も早速挑戦してみます。
ミントのみん
2011年09月01日 21:52
>おばブーさん、
そう、さっぱりした単純な素材にいいみたいです。

>kazuyoo60さん、
実のまま、切らなければ、素手で触れます。
辛いのばかり、どうしましょう。でも唐辛子は毎日食べているとどうしても欲しくなります。

>にりんそうさん、
昨夜のBSプレミアムの「とうがらし」は、録画して観ました。とても興味深かったです。
辛くするには、条件をよくしてワームジュースのような肥料をやるのだそうで。
我が家で辛くないレッドサビナができたり、友人宅で辛くないハバネロができたのは、条件からくるものなのかどうか、種を蒔いて実験?しているのですが、面白いです。
Bluebell
2011年09月01日 22:19
みんさん
こんばんは!
手袋して調理する辛さって・・・
想像できません。
でも、こわいもの見たさで、使ってみたいです。
お台所のリフォームかあ~
いいな~、お料理が楽しくなりますね。
なによりも、色がきれいですね。
あまりにも美しくて、そのままとっておきたいです。
私も、絵がかけたらなあ~
N
2011年09月02日 10:42
みんさん、おはようございます。
ジョロキアの赤、サルサソース、どちらも、とても魅力的ですね。あんまりうつくしくて、お腹が空く前に、うっとり見とれてしまいました。みんさんの文章にも、うっとり。生き生きとして、素敵です。

ジョロキアをも使いこなしてしまう才能と好奇心、やはりただ者ではありません。これからも、うつくしくてたのしい日記、読ませてくださいね!
われもこう
2011年09月02日 17:16
わーー~~きれい!
でも、辛いんでしょうね^^

昨日?のBS私も見ました。素手で触って生で食べていて(^^;)
元気な苗はより辛くなるんですって! みんさんのとこのは相当辛そうですね^^

我が家のは、今年はグリーンカーテンの陰に入ってしまって、とうとう花が咲かずじまいです(泣;)日当たりは必須ですね。
ミントのみん
2011年09月02日 19:32
>Bluebellさん、
やはり、育てたものというのは、大きいですね。
手袋をしないと、大変な目にあうことはわかっているので。絵は描けるといいなあと、私も思います。

>Nさん、うれしいです。
ジョロキア、昨年は上手く使えなくてどうしようかと思いました。
今回おいしかったのは、やはり熟したからでしょうね。
ストレートな辛さもいいけど、色々な味の中に突き刺すような辛さがあると美味しくなるのだと、わかった気がします。
これもNさんのおかげですね。

>われもこうさん。
グリーンカーテンよりトウガラシが優先してしまった我が家は、ゴーヤも何とかなっている状態で、グリーンカーテンの方がかわいそうな感じです。
仕方がないですね。
N
2011年09月05日 03:24
ついに、ジョロキアまで制覇ですね!
美味しいソースになれて、真っ赤に熟したジョロキアも、とても幸せと思います。いいなぁ。美しい写真とことばで、こんなに輝かせてもらって。

とは言え、「美味しそうに」紹介されているジョロキアにとって、これまでの「誰も手を出さないだろう」という安心感が吹っ飛んでしまい、気が気でないかも(笑)
サルサソース、いつか、ぜひ試したいです。

けれど、今いるところでは、ジョロキア、手に入らないし・・・・・
あ、でも、ハンガリアン・ホットワックスは、あちこちでたくさん売ってました。縦割りにして、肉詰めやグラタンのケースにするようです。ジョロキアでは、無理かなぁ。タマネギのみじん切り多めのハンバーグ生地を、トマトやナスと一緒に詰めて、モッツアレラチーズなどを沢山振りかけたら、美味しくならないでしょうか?

なんて、自分で試せないのに、無責任なこと書いちゃって、ごめんなさい(汗)
N
2011年09月05日 03:31
あらら、すみません!
前回、書き込み途中で携帯が固まってしまい、書き込めなかったのだと諦めていました。ら、書込みは、うまく行っていたのですね(大汗)
重複するコメント、失礼いたしました。
ミントのみん
2011年09月05日 07:30
Nさん、
ありがとうございます。

ジョロキアを肉詰めやグラタンケースに…(汗)。
以前いただいた「辛くないハバネロ」を肉詰めにした時は、本当においしかったのですが…。

Nさんならね…。

辛くなかったハバネロも種を蒔きました。苗の勢いはあまりよくないのですが、花は咲いています。
どうなるか楽しみです。

この記事へのトラックバック