元気に咲く、ダリア‘ウェディングマーチ’

8月に、蓼科のバラクライングリッシガーデンで入手した、ダリア‘ウェディングマーチ’です。

画像蓼科では8月に大輪の花を付けていました。
ところが我が家に着た途端、葉が落ちたり、元気がなくなり、もうダメかと思いました。
蒸し暑さにやられていたのでしょう。

9月になって少し元気をとりもどした時、こちらの記事にしました。
大きめの鉢に移しましたが、買った時より花が小さくなっていました。

その後、地植えにしました。
このところの気候のよさもあり、大輪の花を次々と咲かせてくれるようになりました。

画像「蓼科では11月に、越冬のために地上10cmくらいのところで切る」と言われました。

こちらで11月に大輪の花を咲かせるとは、気候や条件の違いを感じてしまいます。

ここのところの暖かさのせいもあるでしょう。

画像花が重いので倒れやすく、支柱を立てたり、しばったり。
それでも曲がってしまった状態で花が咲いたりします。

これは、曲がった茎から咲く花を、上から撮ったもの。
うっすらと、ビオラがあるのが見えますか?

でもはっとするくらい豪華で、心が元気になります。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2011年11月06日 08:40
色も咲き方も綺麗です。気にいられて買われたのですものね。それに長く咲いてくれるのもうれしいですね。
2011年11月06日 09:47
はっとして、心奪われました。
何だか、初恋みたい (笑)

きっと、みんさんが、この花に抱く想い、美しい写真から、溢れているのでしょう。花に恋するって、神話のようですね。
ミントのみん
2011年11月06日 18:43
>kazuyoo60さん、
冬、地下で無事に越冬できるかなど、心配なのですが。
馴染んでくれるといいです。

>Nさん、
花に恋する、とは…さすがです。
そのとおりかもしれません。
どうしてこんなに、そのままで綺麗なんでしょう。
動けなくなるんですよ、花の前に行くと。
小さな蕾の中に、こんなにもたくさんの花弁が入っているなんて、不思議です。
Bluebell
2011年11月06日 22:18
ビオラとダリアが一緒に咲くのも不思議です。
でも、11月にダリアが咲くなんて、
とっても大事になさってる証拠ですね。
蓼科でも、まだ咲いているのでしょうか?
一枚一枚の花咲きだけ色がついていて
全部、そろってそうなんて、とっても不思議です。
やっぱり、神様のしわざかなって思います。
ミントのみん
2011年11月07日 07:38
Bluebellさん、
ビオラは、10月に植えた球根の上に、踏みつけ防止目印に、苗を植えたものです。
本当に、不思議な組み合わせかもしれませんね。

蓼科では、11月には10cmくらいに切って、越冬準備をするそうです。
蓼科からここに急に来て変化も大きく、おちつくまで時間がかかったのかも。11月になっても暖かかったので、気持ちよかったのでしょう。
にりんそう
2011年11月09日 19:27
素敵です!
華やかさの中に品のあるウエディング・マーチ
ですね。
ダリアの花、育てるのが意外と難しいですね。
私も今年コンパクトダリアを数株植えたのですが、
消えかかっているんですよ。
こんなにも美しく咲かせ方法は?
今、青空に向って咲いている
皇帝ダリアをよく見かけますね。
大きい皇帝ダリアすきです。
ミントのみん
2011年11月09日 21:18
にりんそうさん、
これもどうなるかわかりませんが…。
皇帝ダリアにはあこがれますね。
狭い我が家には、とても無理ですが。

この記事へのトラックバック