紅茶缶に咲いた、もう1種のリトープスの花

3週間前に、リトープスの黄色い花が咲きました。

その後、同じ缶に植えた、もう1つのリトープスが蕾を持ち、楽しみにしていました。

画像日曜日に、最初の花が咲きました。
日差しが少しあって、昼間でないと咲きません。
そのせいか、いつのまにか咲いて、枯れていることが多かったのですが(苦笑)、今年は熟視していました。

左側に付いているものは、蕾です。
「手」のように見えます(笑)。


画像またちょっと回して、これが今日の様子です。
さらに開き、まだ蕾を持っています。

左側は、先日の黄色い花の後です。

次の楽しみは、2月の脱皮です。


サフランが咲いたので、雌しべを採りました。
少しですが、パエリアに使おうかなと思っています。

この記事へのコメント

N
2011年11月10日 09:08
可憐な白花ですね!

このリトープスが、野に咲く光景を想像して、ちょっと、不思議な世界に遊んでしまいました(笑)

花の色によって咲く時期がずれるのですか?それも、とてもおもしろいです。ありがとうございます。
kazuyoo60
2011年11月10日 09:50
可愛い花です。リトープスが2種類、ほほえましい形です。
サフランのメシベ、良いですね~。サフランも作りたいと思いながらまだ買ってません。
ミントのみん
2011年11月10日 22:31
Nさん、
リトープスって、多くは南アフリカ原産のようなんですよ。
行ったことないけど、不思議な風景を想像しますよね。

黄花と白花は、多分品種がちょっと違うんだと思います。同時に咲いたことはなくて、考えたらちゃんと微妙にずれるところも、拍手!なのかもしれません(笑)。

>kazuyoo60さん
サフランは、いきなり勢いよく葉が出てきて、あっという間に花が付いて、あっという間に終わります(笑)。

めしべは高価だから(笑)、しっかり使いますが、パエリアにした時の香りを体験したら、やめられません(^^)。
Bluebell
2011年11月10日 22:48
こんばんは!
不思議な花ですね。
どことなくキクに似ています。
こんなぷっくりした葉から直接花がでていると・・・
思わず笑いたくなっちゃいます。
はっはっはっ・・・何だか止まらないよ!
みんさん、楽しい写真ありがとうございます。
ミントのみん
2011年11月11日 22:59
Bluebellさん、
本当に、おかしな植物ですよね!
だから、はまる人が多いのかな(笑)。

この記事へのトラックバック