オレンジの街路樹と、ツタのゲート・・・。

先日行ったローマの中心街で、気付いたことがありました。
画像何気なく歩いていたら…、どこかで見たことのある葉が、肩の上に。
よくある病気が付いた跡が、ちょっとありました。

柑橘類だなと思いました。
道の向い側にも、同じ樹木が並んでいます。

ふと上を見ると・・・。

画像オレンジが・・・。
もっとたくさん生っている木もありました。

消毒が大変だろうなと想像しますが、やはり街路樹にオレンジなんて、素敵。
私が中心部で見つけたのは、この通りだけでしたが・・・。

ギリシャなどにあると聞いたことはありますが、ローマにもあったのですね。
感激しました。


また、ツタが絡まる建物が多いのも、この辺りの特徴の一つでしょう。
画像これは、ツタがカーテンのようになっています。
裾のラインがとてもいい感じ。
このラインはどうやって保つのでしょうか。
ただ這わせているだけでは、こうはならないでしょう。
ハシゴに上ってカットしているのかしら・・・。

通りのアクセントになっています。
大通りからちょっと入った場所には、ところどころにありました。

画像このようにゲート状に這わせているところも、多く見かけました。

このゲートの形のものをよく観ていた時、色々なツルものが混ざっていることに気付きました。
ツタだけでなく花類もありましたが、ヤブカラシに見えるようなツタもあって一瞬ドキンとしました。
近くでの写真を撮ってこなかったのですが、オランダヅタだったのでしょうか。
この時期出始めるヤブカラシと格闘している私としては、えらい違いだと、うなってしまいました。

普段歩く街が緑に囲まれ、その個性と工夫が人を惹きつけるとは、何て素敵なことでしょう。

この記事へのコメント

kazuyoo60
2012年05月09日 09:01
そのオレンジ、どなたの口に入るのでしょう。食いしん坊は考えました。
ツタが家を保護する?壊す?、どちらなのでしょう。人様の好き好きですが、我が家にしたいとは思いません。うふふふ、ヤブガラシだとしたら、酷い廃屋を想像します。
bunjindo
2012年05月09日 14:25
はじめまして。
ツタのカーテン、素敵です!
いろいろなツタがあるのでしょうね。
ミントのみん
2012年05月09日 23:01
kazuyoo60さん、
そうですよね、誰が食べるのでしょう…。
一瞬どうしてもヤブカラシだと思ってしまいます。でも確かにあれに覆われたらお化け屋敷です(汗;)。
ローマは、やはりツタが似合うと思います。

bunjindoさん、はじめまして。
周辺に生えてきてしまうツタは数種類ありますが、なかなか綺麗に使えません。場所がないとダメなのでしょうね。
2012年05月11日 19:08
ツタのカーテンの佇まいは素敵ですね♪ほんとにどうやって保っているのでしょう???
ツタも色々と組み合わせればほぼ通年で楽しめるのでしょうね。オレンジは驚きです。昔住んでいたアメリカ中西部の大学構内は西洋ナシの並木でした。熟せば食べて良いらしいとのことで大らかさを感じました。
この頃近辺でも中西部名物?!の竜巻が発生しているのでびっくりです。避難する地下室もない日本の家屋どこへ逃げればいいのやら?
ミントのみん
2012年05月11日 22:30
honeyoneさん、
洋ナシの並木って、うらやましいです!
やはり果樹って、楽しみがありますよね。なかなか消毒も大変なのでしょうが、鳥が食べてしまうということって、ないのかなと思ってしまいました。
2012年05月24日 20:28
ご無沙汰している間に、遠くに出かけられていたのですね。
植物検疫の話も興味深く見させてもらいました。
以前は花などに興味が薄く、遠出した時にゲットすればよあかったと今頃になって感じています。
ハワイに旅した知り合いは、名前を忘れましたが(ハワイでは有名な花とのこと…)種を買ってきてきれいな花を咲かせていました。

ローマの景色…こういう見方もあるんだなとビックリです。
街路樹にオレンジとは驚きです。
上から落ちてきたらゲットした人のものでしょうか?
ツタの絡まる景色はあちこちで見ますが、これは見事ですね。
どのあたりなのでしょうね???
ミントのみん
2012年05月24日 22:53
おばブーさん、ありがとうございます。
もっとたくさんの記事を残したかったのですが、あまり書けませんでした。
ローマのチェントロ(中心部)は、どこも緑を上手く使っていて、すばらしいです。このゲート部分はどこだったかな。
スペイン広場近くのMargutta通りは芸術家のアトリエが沢山あり、そこにはシンプルなツタのゲートがとてもいい感じで掛かっていました。人が多くて混雑している街ですが、その通りはどこか落ち着いていて人も多くなく、よかった記憶があります。
行かれることがあれば、是非。

この記事へのトラックバック